本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



いまさら聞けない「オイルショック」のあれこれ。世界経済混乱の原因となった「第4次中東戦争」の勃発からじっくりと解説
 今回紹介する、係長さん投稿の『【ゆっくり解説】オイルショック』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、1973年に発生し、世界経済全体に大きな混乱を与えた「オイルショック」について解説を行っていきます。...
別窓で開く

腹を括りつつあるイラン 〜ライシ政権が中露に接近
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。イランのライシ政権が安全保障や経済面において中露に接近しているというニュースについて解説した。中ロ首脳会談=2019(令和元)年6月5日、ロシア・モスクワ(ロイター=共同) 写真提供:共同...
別窓で開く

中国ネット民が議論「日本は大国と小国の一体どちらなのか」
 中国は人口や国土面積、経済規模などのいずれの分野でも「大国」であることは間違いない。では、日本は大国と小国のどちらになるのだろうか。中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「日本は大国と小国のどちらなのか」と題するスレッドが立ち、中国人ネットユーザーが議論を交わした。...
別窓で開く

ワクチン93万回分が有効期限切れで廃棄 = 韓国
韓国国内で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まってから最近までに廃棄されたワクチンは合計93万8630回分であることが分かった。また、年末に有効期限が切れるワクチンは77万6365回分に達することも判明した。...
別窓で開く

宇宙の食事はかなり豊か! 宗教食も対応 スペースからあげくん? 野口宇宙飛行士に聞く
国際宇宙ステーションには、各国から国籍・宗教・年齢・性別バラバラのメンバーが集まります。長期滞在の場合、閉鎖空間で半年ほどにもなるため、大きな楽しみの一つが飲食。最新の宇宙食事情を野口聡一宇宙飛行士に聞きました。「食は文化なり」国際交流の一環にも 飲食は個人の好みや属する文化が色濃く出る部分です。...
別窓で開く

海自に自爆ドローンが不要なワケ また必要以上に備える必要もない納得の理由とは?
中東オマーン沖で石油タンカーが自爆ドローンに攻撃された事件を受け、「自衛隊もこれに備えるべき」「自衛隊も自爆ドローンを」といった声が上がりましたが、実際のところどうなのでしょうか。ドローンにも色々あるというお話です。オマーン沖でドローンがタンカーを攻撃 2021年7月29日(木)から30日(金)にか...
別窓で開く

世界平和の大きな鍵に…知っておきたい“中東和平”の現在
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「パレスチナ自治区(中東和平)」です。長い歴史のなかで残る禍根。日本は中道を保って。5月にイスラエルと、パレスチナ自治区ガザ地区のイスラム原理主義組織「ハマス」による軍事衝突が起こりました。...
別窓で開く

OPECプラスの協議難航、さらなる原油高か
●OPECプラスの協議が難航 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟産油国で構成するOPECプラスによる、8月以降の協調減産の協議が難航している。【こちらも】木材価格下落は過剰流動性相場終了の象徴か 主要メンバーであるアラブ首長国連邦(UAE)が合意に反対したことで暗礁に乗り上げた。...
別窓で開く

第3次世界大戦がぼっ発なら・・・主戦場はどこになるのか=中国メディア
 人類は、過去に2度の世界大戦を経験したが、その代償は非常に大きかった。第2次世界大戦から70年以上が経過し、今のところ第3次世界大戦は起きていないが、中国メディアの騰訊はこのほど、「もしも第3次世界大戦がぼっ発したら主な戦場はどこになるか」と問いかけ、主戦場を予測する記事を掲載した。...
別窓で開く

「中国がサイバー強国?」…「今後10年間 米国に追いつけない」=英研究所
世界の至る所でサイバー攻撃の事例が増えている中、「中国のサイバー能力は、今後10年間 米国を追い越すことはできない」という分析が出た。「デジタル時代を主導していく」という中国の抱負に対して メディアたちが焦点を当てて報道する中、「中国のサイバー能力が誇張された面がある」という説明である。...
別窓で開く


[ イスラエル イラン ] の関連キーワード

opec イラン