本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



イスラエルでテロと見られる「銃乱射事件」…2人死亡・8人負傷=韓国報道
イスラエル・テルアビブで7日(現地時間)、テロと見られる銃乱射事件が発生し、少なくとも2人が死亡し、8人が負傷した。ハアレツなどの現地メディアによると、この日の夜、テルアビブ市内の繁華街ディゼンゴフ通りなど複数の場所で、何者かが銃を乱射した。当局によると、銃撃により少なくとも2人が死亡し、8人が負傷...
別窓で開く

ブチャ虐殺事件、「ネタ」が枯渇したウクライナにとって「好材料」—中国シンクタンク
2022年4月6日、米華字メディア・多維新聞は、ウクライナのブチャで多数の市民の遺体が発見された問題について、ロシアとウクライナの戦争に大きな転換点をもたらすとする中国のシンクタンクANBOUND(安邦智庫)の文章を掲載した。以下はその概要。...
別窓で開く

中国の王毅外相がイスラエル首相代理と電話会談…ロシアへの制裁強化に反対の立場を表明
中国の王毅外相は6日、イスラエルのヤイール・ラピード首相代理兼外相と電話会談を行い、国際社会の対ロシア制裁強化に反対した。中国外交部によると、王外相はラピード首相代理とウクライナ問題やイスラエル・パキスタン問題、イランの核問題などについて協議した。...
別窓で開く

ウクライナ・ブチャの遺体がたばこを吸う?映像が物議—中国メディア
2022年4月6日、中国メディアの澎湃新聞は、ウクライナのブチャで多くの民間人の遺体が見つかった問題で、「遺体がたばこを吸っている」動画がネット上で物議を醸していると伝えた。記事は、ロシアによる侵攻を受けているウクライナのキーウ(キエフ)近郊にあるブチャで民間人が殺害された問題が世界で注目を集め続け...
別窓で開く

圧倒的な戦力の差を覆すには、世界を巻き込むほかに方法はない……。そんな悲壮な思いから発した指揮官の「言霊」が実際に世界を動かした。ゼレンスキー大統領が演説に込めた真の意図とは何なのか? ウクライナ人国際政治学者が読み解く。◆世界を結束させ支援を導く、戦時大統領が込めた言霊 ロシア軍の戦車がウクライナ...
別窓で開く

核・ミサイル開発への集中、軍事的な挑発…世界の常識が通じない北朝鮮の“本当の脅威”とは「日本は完全に射程に入っている」
 日本はいま、世界で最も危険な核の谷間にある。ロシアは米国と核の均衡を保ちつつ、小型核の先制使用を公言。中国は中距離核ミサイルの開発・配備を猛烈に進めた。さらに北朝鮮も、日本全土を射程に入れた核ミサイルを手にしている。 ここでは、4人の専門家による核議論を記録した『 核兵器について、本音で話そう 』...
別窓で開く

「プーチン孤立」報道で浮かぶクレムリンの米スパイ 諜報戦でロシアは完敗の舞台裏
 多数のロシア軍将官の死亡や、首都キーウ近郊からのロシア軍撤退など、ウクライナ軍の善戦が伝えられる。ウクライナ軍を支えるために、アメリカやイギリスが高い諜報能力を発揮していることを指摘するのは、国際アナリストの春名幹男氏である。ロシア側の脅威となりうる情報をどのように収集し戦略に生かしているのか、ま...
別窓で開く

<ウクライナ危機>エネルギーの安定確保待ったなし=真価問われる「日本の資源外交」
エネルギー資源の安定確保は、国家の最重要課題の一つである。「石油の一滴は血の一滴」と、第一次世界大戦時、仏首相クレマンソーが語ったように、資源豊富な土地を獲得するためにこれまでたびたび戦争が起こってきた。現在、ロシアの天然ガスに関する需要と供給の関係は、国家間や国際社会の力学が大きく作用していること...
別窓で開く

ロシア側は今や「プーチンの顔をいかに立てるか」が停戦実現の最大の課題となっていて、機能不全に陥っている。それが、「権威主義体制の国」の有事の際のもろさだ。もう一つの「権威主義体制の大国」である中国の動向はどうなっているのか。(立命館大学政策科学部教授 上久保誠人)■ロシアはなぜ停戦しない?権威主義体...
別窓で開く

外国からの情報と下からの情報の違いに「疑心暗鬼」になっているプーチン大統領
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙氏が4月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによる侵攻から1ヵ月が過ぎたウクライナ情勢について解説した。2021年12月21日、ロシア国防省幹部の会合で話すプーチン大統領(タス=共同) 写真提供:共同通信社アメリカのバイデン大統...
別窓で開く


[ イスラエル ] の関連キーワード

クレムリン ウクライナ モンゴル プーチン 北朝鮮
ロシア