本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



外務省調査で発覚。東南アジアでは中国が日本より信頼されている......ってガチ!?
中国がぐいぐい勢力を拡大しているのは知っていた。けれど、ついに「信頼」でも日本が負けた!? 衝撃の調査結果から、東南アジアの現状、そして台湾や太平洋をめぐる中国の壮大な野望を緊急分析!■"債務の罠"があっても魅力的なマネー「最も信頼できる国・機関」は「中国」が19%、「日本」が16%——。...
別窓で開く

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地...
別窓で開く

近年「シティポップ」という言葉を耳にするケースが多いハズ。でもよくわからない読者も多いのでは? 実は今年に入り、とてつもない世界的ブームになっていた。ヒットのきっかけやその舞台裏とは!?◆邦楽が世界チャートを席巻1月にリリースされた世界的人気アーティスト、ザ・ウィークエンドのアルバム『Dawn FM...
別窓で開く

「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出てこないのか?」。この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の『起業大全—スタートアップを科学する9つのフレームワーク』(ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に評価額1000億円以上の未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を創造する担い...
別窓で開く

勉強は「頑張りすぎない」ほうが成功する? 受験指導専門家に聞く、苦労しないで“成績を伸ばす“ヒント
■「勉強=頑張るもの」という思い込みは捨てるお子さんも親御さんも、勉強は「頑張るもの」だと思っていないでしょうか。もちろん、成績を上げて入試に合格するという目標がある以上、頑張らないと合格に手が届かないという現実はあります。だからお子さんは頑張って勉強するし、大人たちも応援する。そんな風に勉強を「頑...
別窓で開く

著名な戦い全参加 重巡洋艦「妙高」竣工-1929.7.31 大戦生き延びるも最後は異国で処分
旧日本海軍の重巡洋艦「妙高」が1929年の今日、竣工しました。軍縮条約の制限ギリギリで建造を試みますが、連装主砲5基、魚雷発射管4基搭載などでふたを開ければ1万トン超え。就役後は数々の激戦に参加しています。2番艦「那智」の方が先に竣工 1929(昭和4)年の7月31日は、旧日本海軍の重巡洋艦「妙高」...
別窓で開く

いとうあさこ 海外のタクシーでの金銭トラブルが意外な結末!? 運転手の“ネコババ”額がまさかの…
 お笑いタレント・いとうあさこ(52)が31日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。インドネシアに旅行した際、タクシーに乗ってトラブルにあったことを明かした。 金銭トラブルの話題となって、いとうは「昔、お正月旅行で大久保(佳代子)さんとインドネシアに行った時、伝統舞踏...
別窓で開く

アメリカ人が訪韓観光客数1位、中国人は5位に下落=韓国報道
今年6月の1か月間に旅行で韓国を訪れた外国人を国籍別に見ると、△米国人 5万5444人、△タイ人 1万6822人、△フィリピン人 1万5239人、△ベトナム人 1万2884人、△中国人 1万2741人の順と集計された。続いて△シンガポール 1万462人、△インドネシア 8265人、△日本 5855人...
別窓で開く

中国の南シナ海での影響力拡大のなか、インドネシアの海上警察活動への日本の協力の重要性
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が7月29日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。7月27日に行われた岸田総理とインドネシア・ジョコ大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

中国、地域諸国と共にアジア太平洋運命共同体の構築に尽力=外交部
外交部の趙立堅報道官は29日の定例記者会見で、中国と周辺諸国の協力問題に言及した部分で「アジア太平洋地域は中国と地域諸国にとっての故郷だ。中国は開放的な地域主義という理念を一貫して堅持し、地域諸国と共にアジア太平洋運命共同体の構築に力を入れていく」と述べました。...
別窓で開く