本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「この男は競争心ゼロだ」ネッツデビューが白紙に戻ったシモンズを伝説OBレジーが痛烈批判<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日のトレード・デッドライン当日に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからブルックリン・ネッツへ移籍したベン・シモンズ。25歳の大型PG(ポイントガード)は、シクサーズではチームとの関係性が拗れ出場を拒否、ネッツでも故障により新天地デビューを果たせず、今季ここまで1試合もプレーして...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

共通点は“ニックス憎し”。ミラー&ジャクソンの“ヒール・コンビ”が誕生するまで【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
2005年にレジー・ミラーが引退したとき、ニューヨークのバスケットボールファンは胸を撫で下ろしたはずだ。なにせ彼はニューヨーク・ニックスの最大の宿敵だった。プレーオフでは幾度となくクラッチショットを決められたあげく、「ニックスはビビリ野郎の集団さ」などと屈辱的な言葉さえ投げつけられたからである。...
別窓で開く

「私ならエンビードに投票する」ドクターJが今季のMVPを予想!「ただ最も相応しい男はヨキッチだ」<DUNKSHOOT>
NBAの2021−22レギュラーシーズンは最終盤へ突入し、主要アウォードの有力候補選手たちも徐々に絞られてきた。 今季の最優秀選手であるMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(セルビア出身)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード(カメルーン出身)、ミルウォーキー・バッ...
別窓で開く

「本当にムカつく!」ご意見番バークレーがレイカーズのフロント陣を痛烈批判「2人に責任をなすりつけようとしている」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)のインディアナ・ペイサーズ戦、ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)は「このチームに高い期待を抱いている。ビッグマーケットであり、勝利以外のどんなことも望んでいない」と、必勝態勢で臨んだ。...
別窓で開く

「成功するには練習あるのみ」偉大な父の教えを胸に、NBAで成長を続けるドマンタス・サボニス<DUNKSHOOT>
インディアナ・ペイサーズのビッグマン、ドマンタス・サボニスが、現地1月8日に行なわれたユタ・ジャズ戦でキャリアハイの42得点をマーク。125-113で勝利したペイサーズは連敗を6で止め、約2週間ぶりに勝ち星をあげた。 22本中18本(成功率81.8%)のフィールドゴールを成功させたサボニスは試合後の...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

カリーの3ポイントは現役NBA選手にも影響を与えていた!ラプターズのエースが感謝「僕に可能性を示してくれた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日(日本時間15日)のニューヨーク・ニックス戦、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーがレギュラーシーズンにおける3ポイント成功数でNBA歴代1位に浮上した。 舞台は聖地マディソン・スクエア・ガーデン。...
別窓で開く

カリーがバスケの聖地で偉業達成!通算3ポイント成功数でアレンを抜いて歴代トップに浮上!<DUNKSHOOT>
NBAに新たな歴史が刻まれた。 12月14日(日本時間15日)、ニューヨークのマディソンスクエア・ガーデン(MSG)で行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとニューヨーク・ニックスの一戦。ウォリアーズのステフィン・カリーが、通算3ポイント成功数でレイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか)...
別窓で開く

「彼はバスケ界を変えた」名手ノビツキーがカリーの功績と人間性を絶賛!「超いいヤツだから、皆が応援したくなる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現地時間12月13日のインディアナ・ペイサーズ戦で5本の3ポイントを成功。これで通算成功数2972本となり、レイ・アレンが保持するNBA史上最多記録(2973本)まであと1本へ迫った。 キャリア13年目の今季はここまで25試合に出場し、平均27...
別窓で開く


[ インディ nba dunkshoot レジェンド ] の関連キーワード

ベストレフティチーム dunkshoot ジャクソン ロビンソン バークレ
ベネット アレン nba コンビ ミラー