本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アメリカ代表の次期HC候補は? 首脳陣の“理想像”は「国際試合を理解し、リスペクトしている人物」<DUNKSHOOT>
NBAの2021-22レギュラーシーズンは、10月19日(現地時間)に開幕するが、それと同時に注目したいのが、アメリカ代表の動向だ。 東京オリンピックで金メダルを獲得し、優秀の美を飾ったジェリー・コランジェロはマネージングディレクターから退任。新たにグラント・ヒル(元デトロイト・ピストンズほか)が後...
別窓で開く

ウェバー、アデルマン、グリフィス…殿堂入り式典に登壇した3人の“サクラメント民”の地元愛<DUNKSHOOT>
現地9月11日(日本時間12日、日付は以下同)にマサチューセッツ州スプリングフィールドで行なわれた今年の殿堂入り式典には、カリフォルニア州の州都サクラメントにあるフランチャイズでプレー、または指揮を執ったメンバーが3人も登場した。 まずはクリス・ウェバー(元サクラメント・キングスほか)。...
別窓で開く

「あの時、何をしていたか、今でも皆が覚えている」ジョアキム・ノアが盟友ローズのACL断裂を回想<DUNKSHOOT>
9月7日(日本時間8日)、一昨季までNBAでプレーしていたジョアキム・ノアがポッドキャスト番組『The Knuckleheads』に出演し、全盛期を過ごしたシカゴ・ブルズ時代を振り返った。...
別窓で開く

スプリーウェル、オリー、マックダイスら個性派を多く輩出したアラバマ大の歴代最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に...
別窓で開く

米メディアがNBAパワーランキングを発表!1位はネッツ、大型補強のレイカーズは3位。八村塁所属のウィザーズは?<DUNKSHOOT>
フリーエージェントやトレードによる戦力補強を概ね終え、来たる2021−22シーズンに向けて着々と準備を整えつつあるNBA全30チーム。そんななか、8月22日(日本時間23日、日付は以下同)に『ESPN』が最新のパワーランキングを発表した。 トップに立ったのは、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ジャバー、バード、ピッペンが着用し人気が爆発!バスケ選手の憧れのナンバー「33」の歴史<DUNKSHOOT>
NBAに興味を持った時期によって、背番号33と聞いて思い浮かべる選手は違うだろう。オールドファンにとってはカリーム・アブドゥル・ジャバー、それより少しあとの時代だとラリー・バードやパトリック・ユーイング、そして1990年代のシカゴ・ブルズに夢中になった人たちにとっては、スコッティ・ピッペンのイメージ...
別窓で開く

八村塁の来季の起用法は?選手層が厚くなったウィザーズで「ルイの役割は変わらない」とGMが先発起用を予想<DUNKSHOOT>
現地時間8月13日、ワシントン・ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)が会見を行ない、チームの今オフの動きと来季展望について語った。 ウィザーズはドラフト前にロサンゼルス・レイカーズとのトレードが合意に達し、最終的に5チーム間の大型トレードに発展。...
別窓で開く

ピッペン、ロッドマン、デュマース…“無名大学出身のベストメンバー”はオールスター級の豪華布陣に<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって、NBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強...
別窓で開く

シクサーズはシモンズのトレードに踏み切るのか? 実現を阻む“問題点”と獲得すべき“交換相手”<DUNKSHOOT>
2020−21シーズンのファイナルもエンディングを迎え、次にNBAファンが目を向けるのがオフシーズンの補強戦線だ。今オフ、デイミアン・リラードの処遇が気になるポートランド・トレイルブレイザーズと並び、大きな注目を集めそうなのがフィラデルフィア・76ers(セブンティシクサーズ)の動向である。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生チェック】ラメロ以上の強烈インパクトを残した有望株。欧州No.1プロスペクト、ロカス・ヨクバイテイス<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州...
別窓で開く


[ インディ nba dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot サクラメント アラバマ アメリカ マック
バード nba ローズ