本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「全ての瞬間を楽しんだ」今季初出場で躍動した渡邊雄太。“有言実行”のブロックは「100回チャンスがあれば100回跳ぶ」<DUNKSHOOT>
現地時間11月24日(日本時間25日)、トロント・ラプターズの渡邊雄太は敵地で行なわれたメンフィス・グリズリーズ戦で今季初出場を果たした。 10月4日(同5日)のプレシーズン初戦以降、ふくらはぎの故障で欠場が続いていた渡邊は、13分46秒のプレーで3得点(フィールドゴール0/3、フリースロー3/4)...
別窓で開く

【NBA】渡邊雄太が今季初出場!3得点、2スティール、2ブロックでラプターズの勝利に貢献<DUNKSHOOT>
渡邊雄太がNBA4年目のスタートを切った。 現地時間11月24日(日本時間25日)、トロント・ラプターズは敵地でメンフィス・グリズリーズと対戦。開幕から欠場が続いていた渡邊は今季初出場を果たし、13分46秒のプレーで3得点、3リバウンド、2スティール、2ブロックをマークした。...
別窓で開く

不整脈を乗り越えたオルドリッジが復帰の喜びを語る「勝つために戻ってきた」<DUNKSHOOT>
「いい気分だね。昨シーズンに起きたことを考えると、実現できるだなんて思ってなかったんだ。(復帰に向けて)一生懸命取り組み、またこうしてコートへ戻ってくることができたんだから、ただただありがたいと感じるね」 ブルックリン・ネッツのラマーカス・オルドリッジは、現地時間10月29日(日本時間30日、日付は...
別窓で開く

連敗ストップも依然苦境にいるレイカーズ。しかしレブロンは「ここから脱却するプロセスが楽しみ」と前向き<DUNKSHOOT>
現地時間11月21日(日本時間22日、日付は以下同)、3連敗中のロサンゼルス・レイカーズは敵地リトル・シーザーズ・アリーナでデトロイト・ピストンズと激突。121−116で勝利し連敗を3でストップ、今季成績を9勝9敗とした。 この試合、第3クォーター序盤にレブロン・ジェームズのファウルがフレグラント2...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ミラー、テリー、マリオンらが着用も…背番号31は“ドラフトを巡る負の記憶”のイメージが<DUNKSHOOT>
背番号31は、ドラフトを巡るドラマに欠かせない番号である。ただ残念なのは、それは悪い意味で記憶に残る選手が多い番号だということだ。 1984年のドラフトは、全体1位でヒューストン・ロケッツがアキーム・オラジュワンを指名。...
別窓で開く

「神に感謝している」ポールが通算アシストでナッシュを抜き歴代3位に浮上!サンズは勝率5割に復帰<DUNKSHOOT>
 現地時間11月2日、フェニックス・サンズはホームのフェニックス・サンズ・アリーナでニューオリンズ・ペリカンズと対戦した。 昨季、28年ぶりにNBAファイナルに勝ち進んだサンズだが、今季は開幕5試合を終えて2勝3敗とスタートダッシュに失敗。このペリカンズ戦でも第1クォーターで22-36と14点のビハ...
別窓で開く

「新しい情報はない」八村塁の状態にウィザーズ指揮官が言及。復帰の目途立たず「引き続き個人練習」<DUNKSHOOT>
現地時間10月24日(日本時間10月25日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズのウェス・アンセルドJr.・ヘッドコーチ(HC)が開幕から欠場している八村塁について言及した。  今季からチームを率いるアンセルドJr.は24日の練習後に「(八村について)新しい情報はない。引き続き個人練習を行なって、...
別窓で開く

ニックスとシクサーズはヤングを「嫌うべき」?同僚ウィリアムズがそう語る理由とは<DUNKSHOOT>
現地時間10月4日(日本時間5日、日付は以下同)に行なわれたマイアミ・ヒートとのプレシーズン初戦で、右大腿四頭筋を打撲したアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング。若きエースはその後2試合を欠場し、14日のプレシーズン最終戦で復帰すると、同じくヒート相手にいずれもゲームハイとなる27得点、15アシストを...
別窓で開く

「東京五輪が成長を加速させた」ウィザーズHCが八村塁に期待!しかし、個人的理由でキャンプに遅れると発表も<DUNKSHOOT>
「今、我々は“ワークカルチャー”を確立しようとしている。これまで努力をしていなかったというわけではない。皆が一生懸命にやってきたが、意識を高めることが大事なんだ。成功への近道なんてないからね」 ワシントン・ウィザーズのウェス・アンセルドJr.HC(ヘッドコーチ)がそう話したの...
別窓で開く

アメリカ代表の次期HC候補は? 首脳陣の“理想像”は「国際試合を理解し、リスペクトしている人物」<DUNKSHOOT>
NBAの2021-22レギュラーシーズンは、10月19日(現地時間)に開幕するが、それと同時に注目したいのが、アメリカ代表の動向だ。 東京オリンピックで金メダルを獲得し、優秀の美を飾ったジェリー・コランジェロはマネージングディレクターから退任。新たにグラント・ヒル(元デトロイト・ピストンズほか)が後...
別窓で開く