本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「スキルでは歴代ベスト」敵将から称賛されたアービング。本人は「自分を証明し続けないといけない」と決意<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは、2022年に入って2勝4敗と失速感が否めない。ジェームズ・ハーデンが左ヒザの痛みを抱え、大黒柱であるケビン・デュラントへの負担が増すなかで、“パートタイム・プレーヤー”として戦列復帰したカイリー・アービングにかかる期待は大きい。...
別窓で開く

「成功するには練習あるのみ」偉大な父の教えを胸に、NBAで成長を続けるドマンタス・サボニス<DUNKSHOOT>
インディアナ・ペイサーズのビッグマン、ドマンタス・サボニスが、現地1月8日に行なわれたユタ・ジャズ戦でキャリアハイの42得点をマーク。125-113で勝利したペイサーズは連敗を6で止め、約2週間ぶりに勝ち星をあげた。 22本中18本(成功率81.8%)のフィールドゴールを成功させたサボニスは試合後の...
別窓で開く

ヤニスがアービングのワクチン未接種に見解「プレッシャーをかけたらバスケから遠ざかる」<DUNKSHOOT>
現地時間1月5日(日本時間6日、日付は以下同)に行なわれたインディアナ・ペイサーズ戦で、今季初めてコートに立ったブルックリン・ネッツのカイリー・アービング。新型コロナウイルスに対するワクチン未接種のため開幕から欠場が続き、久々の実戦となったものの、22得点をマークしチームの勝利に貢献した。...
別窓で開く

サンズの“陰のMVP”は10日間契約選手?大黒柱ポールが「心から感謝したい」と語る理由とは<DUNKSHOOT>
昨年10月に幕を開けた2021-22シーズンだが、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大によって、12月から選手たちやコーチングスタッフ、チームスタッフが続々と安全衛生プロトコル入り。12月だけで11試合が延期となったため、NBAと選手会は20日、同プロトコル入りによって欠場を余儀なくされた不足...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

NBA“ベストシューターチーム”を選定!カリー、アレンら名手に加え、センターには現役ビッグマンの名も<DUNKSHOOT>
近年のバスケットボールにおいて、3ポイントシュートの重要性はかつてないほど高まっている。NBAで1979−80シーズンに初めて採用された当時は、どのチームも1試合に3〜5本放って1、2本決まるか程度だったのが、今では平均試投数は30本、成功数も10本を優に超える。...
別窓で開く

カリーの3ポイントは現役NBA選手にも影響を与えていた!ラプターズのエースが感謝「僕に可能性を示してくれた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日(日本時間15日)のニューヨーク・ニックス戦、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーがレギュラーシーズンにおける3ポイント成功数でNBA歴代1位に浮上した。 舞台は聖地マディソン・スクエア・ガーデン。...
別窓で開く

NBA中断の“悪夢”再び?新型コロナによる離脱者続出の現状に元HCは「回避する方法はない」<DUNKSHOOT>
一昨季の2020−21シーズン、NBAは新型コロナウイルスの影響により、シーズンの中断を余儀なくされた。そして今季、その“悪夢”が再び起きてしまうかもしれない。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、現地時間12月16日(日本時間17日、日付は以下同)の時...
別窓で開く

「時間の問題だった」カリーの“偉大な3ポイント記録”更新にOBは平然「初めて見た時から、俺には分かっていた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日、聖地マディソンスクエア・ガーデン(MSG)で行なわれたニューヨーク・ニックス戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが第1クォーター中盤までに2本の3ポイントを成功。これにより、レイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか/2973本)の記録を抜いて、レギ...
別窓で開く

カリーがバスケの聖地で偉業達成!通算3ポイント成功数でアレンを抜いて歴代トップに浮上!<DUNKSHOOT>
NBAに新たな歴史が刻まれた。 12月14日(日本時間15日)、ニューヨークのマディソンスクエア・ガーデン(MSG)で行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとニューヨーク・ニックスの一戦。ウォリアーズのステフィン・カリーが、通算3ポイント成功数でレイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか)...
別窓で開く