本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



優勝候補ヒートの新キーマンだ! 「どん底まで落ちた」オラディポの復活への道のり「今ではどんなことでも乗り越えられる」<DUNKSHOOT>
イースタン・カンファレンス第1シードのマイアミ・ヒートは、アトランタ・ホークスとのプレーオフ1回戦を4勝1敗で制し、カンファレンス・セミファイナル進出を決めた。 この勝負を決めたのが、第5戦でチームハイの23得点をあげた元オールスターのヴィクター・オラディボだ。 オラディボは昨年3月、ヒューストン・...
別窓で開く

「この男は競争心ゼロだ」ネッツデビューが白紙に戻ったシモンズを伝説OBレジーが痛烈批判<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日のトレード・デッドライン当日に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズからブルックリン・ネッツへ移籍したベン・シモンズ。25歳の大型PG(ポイントガード)は、シクサーズではチームとの関係性が拗れ出場を拒否、ネッツでも故障により新天地デビューを果たせず、今季ここまで1試合もプレーして...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

レイカーズの次期HC候補に“カリーの恩師”ジャクソンが浮上。元選手は「彼は対処方法を把握している」とプッシュ!<DUNKSHOOT>
2021−22レギュラーシーズン終了から一夜明けた現地時間4月11日、ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲル・ヘッドコーチ(HC)の解任を発表した。 2019年にレイカーズのHCに就任したヴォーゲルは、3シーズンで127勝98敗(勝率56.4%)を記録。...
別窓で開く

共通点は“ニックス憎し”。ミラー&ジャクソンの“ヒール・コンビ”が誕生するまで【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
2005年にレジー・ミラーが引退したとき、ニューヨークのバスケットボールファンは胸を撫で下ろしたはずだ。なにせ彼はニューヨーク・ニックスの最大の宿敵だった。プレーオフでは幾度となくクラッチショットを決められたあげく、「ニックスはビビリ野郎の集団さ」などと屈辱的な言葉さえ投げつけられたからである。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ケンプ、レインビアら活躍した選手はビッグマンばかり…「40番」の歴史を振り返る<DUNKSHOOT>
背番号別にNBAの過去〜現在の選手たちをつなげる当企画。今回は「40番」編をお届けする。■レインビア、ケンプなどビッグマンが多く着用 これまでNBAとABAの両リーグ合わせて170人が40番を背負ってきたが、目立った活躍を見せた選手はほぼ全員がセンター、あるいはPFという極端な傾向が見られる。...
別窓で開く

「誰かが裏で糸を引いてる?」昨季に続き豪華スターが激突するプレーインをアービングは“邪推”しつつも「凄く楽しみ」<DUNKSHOOT>
現地時間4月10日(日本時間11日、日付は以下同)、インディアナ・ペイサーズとの一戦に臨んだブルックリン・ネッツは、134−126でハイスコアゲームで制し、44勝38敗(勝率53.7%)で今季レギュラーシーズンを終えた。...
別窓で開く

「私ならエンビードに投票する」ドクターJが今季のMVPを予想!「ただ最も相応しい男はヨキッチだ」<DUNKSHOOT>
NBAの2021−22レギュラーシーズンは最終盤へ突入し、主要アウォードの有力候補選手たちも徐々に絞られてきた。 今季の最優秀選手であるMVPは、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ(セルビア出身)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード(カメルーン出身)、ミルウォーキー・バッ...
別窓で開く

【NBA】八村所属ウィザーズのプレーオフ進出の可能性が消滅。イーストは10チームによる争いに<DUNKSHOOT>
八村塁の今季プレーオフ出場の可能性が消滅した。 現在ワシントン・ウィザーズは33勝43敗でイースタン・カンファレンス12位。レギュラーシーズン残り6試合となった現地時間3月31日、プレーイン・トーナメント進出のボーダーラインにいる10位アトランタ・ホークスが勝利して40勝に到達したため、ウィザーズの...
別窓で開く

得点製造機デュラント、名司令塔トーマス、守備職人ペイトン…NBAの歴代ベスト“ドラフト2位チーム”を選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は“ドラフト2位指名”の...
別窓で開く


[ インディ nba dunkshoot ] の関連キーワード

dunkshoot ジャクソン トーマス ベネット コンビ
ミラー ケンプ nba