本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【名作シューズ列伝】ピッペンモデルの“廉価版”。レジー・ミラー着用の「NIKE AIR MUCH UPTEMPO」のお話
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  ドリームチームIII(1996年アトランタ五輪)のシグネチャーモデル第2弾、本編18箱目は、レジー・ミラーが着用したオリンピックモデル「NIKE AIR MUCH UPTEMPO」の...
別窓で開く

ナイキがバッシュ市場で最大のシェアを誇る理由。転機となった1980年代からの隆盛の歴史を紐解く
1980〜90年代にかけて、バスケットボールマーケットで一気にブランドシェアを拡大したナイキ。その背景には、いくつかのキーポイントがあった。 もちろん、最も大きなターニングポイントはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とのエンドースメント契約であることに間違いはない。...
別窓で開く

伝説の1984年ドラフトの真相——ジョーダン獲得は「失敗」と謝罪したブルズ、歴史を変えた“ブーイの嘘”【NBAドラフト史】
マイケル・ジョーダンを輩出した1984年のNBAドラフトは史上最高の当たり年と言われるが、一方でこの年は今でも論議の尽きない変事が発生している。当時のカレッジ界No.1選手はジョーダン。その彼がなぜ3位指名に甘んじたのか?NBAドラフト史最大の謎に迫る。...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】コンバースを牽引したバードの“最後の相棒”。機能面は平凡も、モデル名にレジェンドへの愛が凝縮
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  初代ドリームチームのシグネチャーモデル第7弾、本編12箱目は、“レジェンド”ことラリー・バードが着用したモデルのお話です。...
別窓で開く

「俺やマローンが優勝できたとしても…」バークレーが語った独特の“優勝観“。そこには強烈なプライドが…
NBAの新陳代謝は早い。ドラフト上位でNBAチームに入団しても、同一チームで10年以上プレーできる保障はどこにもない。ケガでキャリアが短命に終わってしまう選手もいれば、チームやコーチと相性が合わずに契約を切られる選手、リーグに居場所をなくして海外へと拠点を移す選手たちもいる。...
別窓で開く

「パトリックがチームを傷つけた…」ニックスの用心棒オークリーが、ブルズとの93年カンファレンス決勝の敗因を分析
マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズのラストシーズンを追った『ザ・ラストダンス』。5月3日(日本時間4日、日付は以下同)に公開された第6話では、ブルズが1990年代前期に3連覇をかけて臨んだ93年のプレーオフが描かれていた。...
別窓で開く

野球での挫折がジョーダンを丸くした?2度の3連覇の間の“空白の1年半”【NBAレジェンド列伝・後編】
シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997−98シーズンの密着ドキュメンタリーシリーズ『ザ・ラストダンス』(全10話)の放映が始まり、“神様”マイケル・ジョーダンが今、改めて脚光を浴びている。20世紀最高のスーパースターと謳われた「背番号23」のキャリアを、前後編で振り返る。...
別窓で開く


[ インディ nba バークレ ] の関連キーワード

uptempo ジョーダン パトリック バークレ much
nike air バード ミラー オーク
nba ブルズ

<前へ1234次へ>