本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「シックスマン送りにする前に、早く戻ったほうがいい」“個人的理由”で欠場中のアービングにご意見番が警鐘
ブルックリン・ネッツはケビン・デュラントとカイリー・アービングの2枚看板に加え、ヒューストン・ロケッツからジェームズ・ハーデンをトレードで電撃獲得し、NBAで最もホットなチームのひとつとなった。...
別窓で開く

「マジックと違うのはサイズだけ」。ヒートで不死鳥のごとく蘇ったハーダウェイのキャリア【NBAレジェンド列伝・後編】
ハーダウェイ、マリン、リッチモンドを中心にウォリアーズは順調に成長を続けていた。しかし90-91シーズン終了後にリッチモンドがキングスにトレードされ、RUN-TMCはあえなく解体された(TMCはハーダウェイ、リッチモンド、マリンのファーストネームの頭文字)。それでもハーダウェイ自身はその後も活躍を続...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】敬遠されがちな“13”。しかしチェンバレン、ハーデンの新旧スコアリングマシンのほか、ナッシュら海外出身選手も多く着用
“13”という数字が、キリスト教社会で敬遠されていることは周知の通りだ。かと言って誰もが忌み嫌っているわけではなく、逆説的にラッキーナンバーと捉える者もいる。NBAでも2019−20シーズンは16人が背番号13でプレーし、NBAの前身BAAが創設された1946年の時点でも、す...
別窓で開く

1994年ファイナルに敗れて以降、徐々に衰退したユーイングとスタークス。そして訪れたあまりにも悲しい末路【NBAデュオ列伝・後編】
1993年のプレーオフ・イースタン・カンファレンス決勝。ニューヨーク・ニックスはマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズを相手に2連勝を飾るも、その後4連敗を喫しファイナル進出はならなかった。 しかし、その年のオフにジョーダンが突然引退し、千載一遇のチャンスが巡ってくる。ジョン・スタークスは自己最高...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】トーマス、ヘイズ、ヤオ、サボニス親子……。“3つのタイプ”に大別される背番号11の歴代着用者たち
現役でも多くの選手が着用するなど、人気のある背番号11。これまで活躍したプレーヤーは“スピードのあるガード”“シュート力のあるビッグマン”“外国人の名選手”と3タイプに大別でき、2、3番目の要素を併せ持った者も多い。...
別窓で開く

必勝を課されたロス五輪でジョーダン、ユーイングらが躍動。金メダル奪回も、競技とは無縁の部分で以降の大会に弊害が…
アメリカで生まれたバスケットボールが、発祥の地で五輪競技として初めて行なわれたのが1984年のロサンゼルス大会だ。この絶対に負けられない状況下で、マイケル・ジョーダンやパトリック・ユーイングといった、未来のNBAを担う大学生スターが躍動。結果として圧倒的強さで金メダルを勝ち取ったものの、この大会以降...
別窓で開く

闘将バトラーが因縁の相手ウォーレンをシャットアウト!ヒートがペイサーズとのプレーオフ前哨戦を制す
8月10日(日本時間11日、日付は以下同)、ともに43勝27敗(勝率61.4%)で並ぶイースタン・カンファレンス4位のマイアミ・ヒートと5位のインディアナ・ペイサーズがシーディングゲーム(順位決定戦)で激突した。 両チームは9日時点で3位のボストン・セルティックス(47勝23敗/勝率67.1%)と4...
別窓で開く

試合終盤は“ミラー・タイム”開演。苦難を乗り越え人々の記憶に刻まれた伝説の名シューター【NBAレジェンド列伝・後編】
■優勝未経験に終わるも、抜群の勝負強さで名場面を演出 努力が実り、レジー・ミラーの名が世間に広く知れ渡ったのは1993−94シーズンだった。プレーオフでは毎年1回戦敗退を繰り返していたインディアナ・ペイサーズだったが、名将ラリー・ブラウンの指導もあって初めてイースタン・カンファレンス決勝に駒を進める...
別窓で開く

主役級は不在も、名バイプレーヤーを数多く輩出した“脇役の豊作年”【NBAドラフト史|1988年】
■最大の実力者リッチモンドにも脇役感が漂う〝脇役の豊作年? 1988年のドラフト組を一言で表わすなら、「脇役の豊作年」といった感じだろうか。それも、記憶に残る愛すべき名脇役を数多く輩出している。 この年のドラフト組を象徴し、出世頭でもあるミッチ・リッチモンドは、キャリアを通じて主役級の活躍を見せた唯...
別窓で開く

同窓のジョーダンとは対照的な“エゴとは無縁の男”。サム・パーキンスの愛すべきキャリア【NBA名脇役列伝・後編】
■同期のジョーダンらに比べインパクト不足は否めず… その年のドラフトで4位指名を受けてダラス・マーベリックスに入団。当時のディック・モッタHCに「3年もすればオールスター選手になれる」と高く評価されていたパーキンスは、チーム事情から本職のPFではなくセンターとして起用され、シーズン平均...
別窓で開く


[ インディ nba バークレ ] の関連キーワード

ジョーダン ウォーレン トーマス ナッシュ ミラー
nba バトラ