本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「未来が制限されてしまった…」ペニーが後悔の念。一世を風靡した大型PGのキャリアを狂わせた出来事とは——【NBA】
“ペニー”ことアンファニー・ハーダウェイは、身長201cmの大型ポイントガード(PG)として1990年代のNBAで一世を風靡した。度重なるケガで輝きを失ってしまったが、全盛期のオーランド・マジック時代、怪物センターのシャキール・オニール(シャック)とプレーを続けていれば、タイ...
別窓で開く

チェンバレン、バード、ウエスト…カレッジ史上最強プレーヤートップ15を発表!【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
NBA入り後の成績は一切考慮せずに、カレッジ時代のパフォーマンスだけで選手を順位付けするとしたら、いったいどのような結果になるのだろうか。現地アメリカの各種メディアが発表するランキングを参考に決定した、カレッジバスケットボール史上最も偉大なプレーヤー15人を発表! Part2は10位から6位までをお...
別窓で開く

4年ぶりのプレーオフを目指すホークスに強力な助っ人!現役屈指のシックスマン、ルー・ウィリアムズが加入〈DUNKSHOOT〉
3月25日(日本時間26日、日付は以下同)にNBAはトレード・デッドラインを迎え、今年オールスターに選ばれたニコラ・ヴュチェビッチがオーランド・マジックからシカゴ・ブルズへ、現役屈指の2ウェイプレーヤーのヴィクター・オラディポがヒューストン・ロケッツからマイアミ・ヒートへ移籍するなど、多くの選手たち...
別窓で開く

相性抜群のキッドとマーティンを引き裂いた「契約問題」。コンビ解消後は明暗が分かれ…【NBAデュオ列伝|後編】〈DUNKSHOOT〉
■スピーディーなバスケで予想外の旋風を巻き起こす シーズンが開幕すると、キッドがディフェンシブ・リバウンドから一気に速攻へ持ち込んで絶妙なロングパスを送り、それを受けたマーティンが豪快なアウリープを決めるシーンがたびたび演出された。彼らはNBAで最もエキサイティングなデュオとして脚光を浴びるようにな...
別窓で開く

ジョーダンがブルズのトップ100のうち82枠を独占。バックスは意外な選手が1位に…チーム別1試合得点ランキング【セントラル編】〈DUNKSHOOT〉
連日のようにハイスコアゲームが展開されるNBAでは、今季も多くの選手がキャリアハイを更新するなど、1人の選手が大量得点をあげることも珍しくない。そこで今回は、それぞれのチームにおける1試合最多得点の記録保持者を紹介。第6回はブルズ、キャバリアーズ、バックスなどが所属する「セントラル・ディビジョン編」...
別窓で開く

オーランドを熱狂させたシャック&ペニー。史上最強に“近づいた“コンビの結成秘話【NBAデュオ列伝|前編】〈DUNKSHOOT〉
プレーオフで敗れたとはいえ、2004−05シーズンにイースタン・カンファレンス首位に輝いたマイアミ・ヒートにとって、2004年オフにロサンゼルス・レイカーズからシャキール・オニールを獲得したのは大正解だったと言えるだろう。 もちろん、ヒートの躍進はシャックだけの功績だけではない。...
別窓で開く

70〜80年代唯一の70点超え達成者、ジョーダンが憧れた“悲劇のレジェンド”とは?…チーム別1試合得点ランキング【ノースウエスト編】〈DUNKSHOOT〉
連日のようにハイスコアゲームが展開されるNBAでは、1人の選手が大量得点をあげることも珍しくない。そこで今回は、それぞれのチームにおける1試合最多得点の記録保持者を紹介。第5回はナゲッツ、ブレイザーズ、ジャズなど近年競争力が高まっている「ノースウエスト・ディビジョン編」をお届けする。...
別窓で開く

「ボストンに戻りたかったけど…」ホーネッツの新エースとなったヘイワードが昨年のFA戦線を回想
昨季終了後、ゴードン・ヘイワードは今季の契約(プレーヤーオプション)を破棄して制限なしフリーエージェント(FA)となり、サイン&トレードで3シーズン所属したボストン・セルティックスからシャーロット・ホーネッツへ移籍した。 契約内容は4年1億2000万ドル(約123億6000万円)。...
別窓で開く

ロケッツはハーデンの独壇場…マブズ、スパーズの記録保持者は?チーム別1試合得点ランキング【サウスウエスト編】
連日のようにハイスコアゲームが展開されるNBAでは、今季もステフィン・カリーが62得点を叩き出すなど1人の選手が大量得点をあげることも珍しくない。しかし、創設74年の歴史を誇るリーグにはまだまだ驚くべき記録を持つレジェンドたちが存在する。そこで今回は、それぞれのチームにおける1試合最多得点の記録保持...
別窓で開く

自分の実力に疑問を抱き、謙虚さで成功を収めたマクミランのキャリア【NBA名脇役列伝・後編】
■ケガを押してコートに立つと拍手と歓声が止まなかった プレーメークとディフェンスで高い評価を受けていたマクミランだが、得点力だけはなかなか身に付かず、平均得点は2年目の7.6点がキャリア最高。決してシュートが下手なわけではなかったが、フリースローが不得意で、通算成功率は65%に止まった。...
別窓で開く