本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トップシードのジャズに朗報。エースのドノバン・ミッチェルがプレーオフでの復帰を示唆<DUNKSHOOT>
現地5月18日(日本時間19日、日付は以下同)、NBAはプレーオフ1回戦の日程を発表。レギュラーシーズンでリーグベストの52勝20敗(勝率72.2%)を記録し、ウエスタン・カンファレンスの第1シードで臨むユタ・ジャズは、23日に初戦を迎えることとなった。...
別窓で開く

ミラクルショットで“NYの気温を上げた”ジョンソン。荒くれ者から真のリーダーになった男の物語【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
ジョンソンとアロンゾ・モーニングという未来のスター候補を加えたホーネッツは“フューチャーブルズ”と呼ばれ、将来を嘱望されていたが、両者はやがて反目し合うようになる。 ジョンソンはモーニングが自己中心的だと感じ、モーニングの目にはジョンソンが親分風を吹かしすぎると映っていた。...
別窓で開く

ニックスを破滅へと導く“狂人”ジェームズ・ドーラン。無能オーナーが起こした数々のトラブル伝説【NBA秘話|前編】<DUNKSHOOT>
ニューヨーク・ニックスが久々のプレーオフ進出を決めた。NBA屈指の古豪は昨季まで、実に7年連続プレーオフ不出場。これはフランチャイズ・ワーストタイという惨状だった。この事態を招いた張本人はリーグきっての無能オーナー、ジェームズ・ドーラン。ニックスをどん底に突き落とした“狂人”...
別窓で開く

ウォーレス、ピアース、ウェバーの殿堂入りを現地メディアが先行報道!ドラフト外からは史上初の快挙に<DUNKSHOOT>
5月15日(日本時間16日、日付は以下同)、コネチカット州アンカスビルにあるモヒガン・サン・アリーナにて、2020年のバスケットボール殿堂入りを決めたメンバーたちの式典が行なわれた。...
別窓で開く

驚異の20リバウンド、20アシストを記録したウエストブルック。178回目のトリプルダブルで、ロバートソン超えまであと4回に〈DUNKSHOOT〉
「ポイントガード(PG)たちがやることじゃない。彼はノーマルではないんだ。彼らはそうやってプレーを構築してきたんじゃない。彼よりもシュートがうまい選手は何人かいるだろう。だがバスケットボール史上、彼のようにスタッツシートを埋め尽くしてしまう選手はいないと思うね」 ワシントン・ウィザーズのスコット・ブ...
別窓で開く

「俺たちは今、正しい方向へ進んでいる」リラードの復調でブレイザーズが5連敗から3連勝!<DUNKSHOOT>
ポートランド・トレイルブレイザーズのフランチャイズプレーヤー、デイミアン・リラードは磨き抜かれたシュート力と類まれな勝負強さを武器に、今季もリーグ屈指のスコアリングガードとして君臨している。 しかし4月上旬にハムストリングを痛めて3試合を欠場。復帰後も20得点以上を毎試合マークしていたものの、メンフ...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】PEAKの目玉はバッシュよりBOX?ブランドの看板を背負ったパーカーの「TP9 II」
人に歴史あり、バスケにスーパースターあり、スーパースターにシグネチャーモデルあり、シグネチャーモデルにBOXあり! トニー・パーカーは、ベルギー・ブルージュ生まれフランス育ち。父はプロバスケットボールプレーヤーで、母はオランダの全国テニスチャンピオン、大叔父はボート競技のオリンピック金メダリストとい...
別窓で開く

「信じられないよ」レジー・ミラーが“引き抜き”に応じるスター選手たちに苦言。「私がもしジョーダンに誘われても…」<DUNKSHOOT>
サッカー界において、ひとつのクラブで選手生活を終えた選手のことを「ワン・クラブ・マン」と称するが、移籍金の高騰も相まって、プロ入りした際のクラブにとどまり続ける例は年々減っている。バスケ界も同様の傾向にあり、ロサンゼルス・レイカーズで一時代を築き、レジェンドとして名を刻んだコビー・ブライアントや、イ...
別窓で開く

アイバーソンが“誰よりも信頼していた”スノウ。シクサーズが誇る名コンビが解散した理由とは【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
シクサーズ加入2年目の98-99シーズン、アイバーソンのアシスト役だけでなく、リーグ9位の平均2.08スティールを記録するなど、スノウはディフェンスでも活躍。76ersの8年ぶりとなるプレーオフ進出に貢献した。 この年と翌シーズンは、いずれもカンファレンス準決勝で敗退したが、00-01シーズンは結成...
別窓で開く

アイバーソンが“96年ドラフト組最強説”を主張!ジョーダン擁する84年、レブロン率いる03年よりも「俺たちがベスト」と豪語<DUNKSHOOT>
NBA史上最高のドラフト豊作年と言えば、“神様”マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)を筆頭とした1984年が定説だ。しかし、“小さな得点王”として人気を博した殿堂入り選手のアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)は、...
別窓で開く