本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



追い込まれたロケッツとナゲッツの逆転劇はあるか?1勝3敗からシリーズをひっくり返したチームたち
今年のNBAのプレーオフは、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の“バブル”で開催している。 ファーストラウンドはイースタン・カンファレンス5位のマイアミ・ヒートが4位のインディアナ・ペイサーズを下した1カードを除き、すべて上位シードが勝利し次のラ...
別窓で開く

リオ開幕前の評価は“よくてB+”。五輪3連覇のアメリカ代表、“トップ選手不参加”の悪しき風習は東京で再燃するか?
“よくてB+”——。リオ五輪開幕前、スター選手の不参加が相次いだアメリカ代表チームにつけられた評価だ。 実際に予選ラウンドは苦戦続きだったものの、決勝トーナメントでは他国に実力差を見せつけ金メダルを獲得。見事3連覇を果たし完全に復権した一方で、“ベストメンバーでな...
別窓で開く

【8月20日のNBAハイライトトップ10!】アデトクンボ、レブロン、バトラーらがスーパープレーを連発!
各地でプレーオフ1回戦の激闘が繰り広げられているNBA。8月20日(日本時間21日、日付は以下同)はイースタン・カンファレンスのミルウォーキー・バックス対オーランド・マジック戦、同マイアミ・ヒート対インディアナ・ペイサーズ戦、ウエスタン・カンファレンスのロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイ...
別窓で開く

“最悪のトラッシュトーカー”レジー・ミラーの真実の顔。歩行障害を持つ少年がスターとなるまでの軌跡【NBAレジェンド列伝・前編】
現在、NBAでスーパースターと呼ばれる選手たちの多くはオールラウンドなプレースタイルだ。レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)やヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)はもちろん、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)やラッセル・ウエストブルック(ヒューストン・ロケ...
別窓で開く

レブロン、ヤニス、ドンチッチらが約4か月ぶりにコート上で競演!7月23日のスクリメージ結果
7月30日(日本時間31日、日付は以下同)のシーズン再開に向け、22日からスクリメージ(練習試合)が始まったNBA。本日23日に行なわれた4試合の結果を見ていこう。...
別窓で開く

優秀な人材を多く輩出するも“プレップ・トゥ・プロ”時代を締める打ち上げ花火は不発に【NBAドラフト史|2005年】
■節目の年に行なわれたドラフトは、地味な外国人選手が1位指名 70年以上にも及ぶNBAドラフトの歴史において、2000年代前半の5、6年間はひときわ異彩を放っている。NBA入りの王道であるカレッジ経由ではなく、高校から直接プロ入りしたり、アメリカの大学でプレー経験のない外国人選手が1位指名にズラリと...
別窓で開く

10年ぶりの王座奪還を狙うレイカーズに朗報。“ロールプレーヤー”ハワードがシーズン参加を発表
NBAは7月30日からフロリダ州オーランドにて2019-20シーズンを再開する。第二幕には東西の22チーム(イースト9チーム、ウエスト13チーム)が参加し、プレーオフ前に順位決定戦として8試合を戦うが、すべてのチームがベストメンバーで挑めるわけではない。...
別窓で開く

バードも認めた「欧州のスナイパー」ヤシケビシャスがNBAで犯した“ふたつの過ち”
世界一の競技人口を誇るバスケットボール。その最高峰リーグであるNBAには世界中から優れたプレーヤーが集結し、特に2000年代以降は外国籍選手の数も飛躍的に増加した。しかし、その中には己の実力を発揮しきれず、数年でアメリカを後にしたプレーヤーも少なくない。NBAに挑み、再び欧州の舞台へ舞い戻った挑戦者...
別窓で開く

ポール・ジョージがジョーダンのリーダーシップに敬服。サンダー時代の同僚ウエストブルックは「MJと同じ傾向にある」
5月30日(日本時間31日、日付は以下同)、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者との“#oneteam Speaker Series”に、ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージが出演した。...
別窓で開く

レイカーズの「歴代ベスト5」を選定!ガード陣は各年代のエース。シャック&ジャバーでツインタワーを形成
1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。...
別窓で開く