本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【NBA背番号外伝】ミラー、テリー、マリオンらが着用も…背番号31は“ドラフトを巡る負の記憶”のイメージが<DUNKSHOOT>
背番号31は、ドラフトを巡るドラマに欠かせない番号である。ただ残念なのは、それは悪い意味で記憶に残る選手が多い番号だということだ。 1984年のドラフトは、全体1位でヒューストン・ロケッツがアキーム・オラジュワンを指名。...
別窓で開く

クリッパーズ移籍は「絶対に嫌だ」!ウィザーズGMが明かしたウエストブルックの本音
オールスター出場計9回を誇る“ミスター・トリプルダブル”のラッセル・ウエストブルックは今夏、生まれ故郷のカリフォルニアに拠点を置くロサンゼルス・レイカーズに電撃トレードされた。様々な移籍の噂が飛び交っていたなかで、ロサンゼルス・クリッパーズ行きは拒否していたという。...
別窓で開く

「おそらくまたすぐにプレーする」大坂なおみが早期のツアー復帰に意欲。「勝っても負けても関係ない」と心をリセット<SMASH>
9月初旬に長期の戦線離脱を発表した女子テニス世界ランク8位の大坂なおみが米ケーブルテレビ放送局『HBO』の「The Shop」に出演し、ツアー復帰へ向けての意欲を語った。 大会連覇を懸けて臨んだ先の全米オープンで3回戦敗退を喫した大坂。以前から抱えていたメンタルの不調は続いており、試合後の記者会見で...
別窓で開く

「あの時、何をしていたか、今でも皆が覚えている」ジョアキム・ノアが盟友ローズのACL断裂を回想<DUNKSHOOT>
9月7日(日本時間8日)、一昨季までNBAでプレーしていたジョアキム・ノアがポッドキャスト番組『The Knuckleheads』に出演し、全盛期を過ごしたシカゴ・ブルズ時代を振り返った。...
別窓で開く

米メディアがNBAパワーランキングを発表!1位はネッツ、大型補強のレイカーズは3位。八村塁所属のウィザーズは?<DUNKSHOOT>
フリーエージェントやトレードによる戦力補強を概ね終え、来たる2021−22シーズンに向けて着々と準備を整えつつあるNBA全30チーム。そんななか、8月22日(日本時間23日、日付は以下同)に『ESPN』が最新のパワーランキングを発表した。 トップに立ったのは、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン...
別窓で開く

若手スターのヤング、ドラフト1位のグリフィンを輩出したオクラホマ大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く

日本の相手はドンチッチのスロベニアかサボニスのリトアニアか、それとも…【五輪最終予選プレビュー|PART. 3】 <DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

マーベリックスを13シーズン指揮したカーライルが退任。今夏は7チームのHCの座が空席に<DUNKSHOOT>
6月17日(日本時間18日)ダラス・マーベリックスはリック・カーライル・ヘッドコーチ(HC)の退任を発表した。チームは前日にゼネラルマネージャーのドニー・ネルソンの辞任を発表したばかりだった。 カーライルは「(チームオーナーの)マーク・キューバンと数回にわたって話し合いを行ない、本日彼にHCとしてチ...
別窓で開く

“ご意見番”パーキンスが現役ビッグマンTOP5を選出! 「俺の中ではMVP」と称賛した選手とは?<DUNKSHOOT>
ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。...
別窓で開く

「彼はスーパースターじゃない」元NBA選手のアナリストが不発のジョージを酷評「チームに欲しいかどうか…」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・クリッパーズは現在、ウエスタン・カンファレンス準決勝でシリーズ1勝2敗と、ユタ・ジャズにリードを許している。そのなかで、カワイ・レナードと並ぶ二枚看板に位置付けられるポール・ジョージに対し、元NBA選手のアナリストが痛烈な批判の言葉を浴びせている。...
別窓で開く