本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“ご意見番”パーキンスが現役ビッグマンTOP5を選出! 「俺の中ではMVP」と称賛した選手とは?<DUNKSHOOT>
ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。...
別窓で開く

大型PGマジック、ダンク王リチャードソン、万能戦士グリーンを輩出したミシガン州大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メ...
別窓で開く

「彼はスーパースターじゃない」元NBA選手のアナリストが不発のジョージを酷評「チームに欲しいかどうか…」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・クリッパーズは現在、ウエスタン・カンファレンス準決勝でシリーズ1勝2敗と、ユタ・ジャズにリードを許している。そのなかで、カワイ・レナードと並ぶ二枚看板に位置付けられるポール・ジョージに対し、元NBA選手のアナリストが痛烈な批判の言葉を浴びせている。...
別窓で開く

ジョージの好調の陰にビラップスあり? ルーHCが語る“コーチ・ビラップス”の資質<DUNKSHOOT>
カワイ・レナードとともに、ロサンゼルス・クリッパーズの看板選手として活躍するポール・ジョージ。今季レギュラーシーズンは平均23.3点、6.6リバウンド、1.1スティールをマークしたほか、平均5.2アシストは自己ベストで、アシスト率24.6%もキャリア11シーズン目にして最高の数字を残している。...
別窓で開く

【八村塁2020-21シーズン総括】日本人初のプレーオフ出場。「大きな一歩」となったNBA2年目|後編<DUNKSHOOT>
ワシントン・ウィザーズに所属する八村塁は、6月2日(日本時間3日、日付は以下同)にNBA2年目のシーズンを戦い終えた。そこで日本の至宝の2020-21シーズンをプレーバックする。後編は3月のオールスター明けから、日本人初出場を果たしたプレーオフまでを一挙に振り返る。...
別窓で開く

最強スコアラーのデュラント、オールスターの常連オルドリッジの母校テキサス大のベストメンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)。プロを目指す若手選手たちにとってNCAAでプレーすることがNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手...
別窓で開く

トップシードのジャズに朗報。エースのドノバン・ミッチェルがプレーオフでの復帰を示唆<DUNKSHOOT>
現地5月18日(日本時間19日、日付は以下同)、NBAはプレーオフ1回戦の日程を発表。レギュラーシーズンでリーグベストの52勝20敗(勝率72.2%)を記録し、ウエスタン・カンファレンスの第1シードで臨むユタ・ジャズは、23日に初戦を迎えることとなった。...
別窓で開く

「強い彼らが戻ってきた」名門復活を果たしたニックスをかつてのライバルも称賛「1990年代を彷彿させる」<DUNKSHOOT>
ニューヨーク・ニックスと言えば、世界的大都市を拠点とするNBA創設当時からのオリジナルチームであり、ホームアリーナのマディソンスクエア・ガーデンは“バスケットボールの聖地”とも言われている。 これまでリーグ優勝2回(1970、73年)、90年代にはNBAファイナルに2回進出し...
別窓で開く

【NBA】ウィザーズがペイサーズに圧勝し、第8シード決定!18得点の八村塁は日本人初のプレーオフ出場へ<DUNKSHOOT>
5月20日(日本時間21日、日付は以下同)、NBAイースタン・カンファレンスのプレーイン・トーナメント最終戦が行なわれ、ワシントン・ウィザーズはホームでインディアナ・ペイサーズと対戦。142−115で勝利し、プレーオフ第8シードの座を掴んだ。先発出場した八村塁は25分間プレーして18得点(フィールド...
別窓で開く

ミラクルショットで“NYの気温を上げた”ジョンソン。荒くれ者から真のリーダーになった男の物語【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
ジョンソンとアロンゾ・モーニングという未来のスター候補を加えたホーネッツは“フューチャーブルズ”と呼ばれ、将来を嘱望されていたが、両者はやがて反目し合うようになる。 ジョンソンはモーニングが自己中心的だと感じ、モーニングの目にはジョンソンが親分風を吹かしすぎると映っていた。...
別窓で開く