本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NBA“ベストシューターチーム”を選定!カリー、アレンら名手に加え、センターには現役ビッグマンの名も<DUNKSHOOT>
近年のバスケットボールにおいて、3ポイントシュートの重要性はかつてないほど高まっている。NBAで1979−80シーズンに初めて採用された当時は、どのチームも1試合に3〜5本放って1、2本決まるか程度だったのが、今では平均試投数は30本、成功数も10本を優に超える。...
別窓で開く

カリーの3ポイントは現役NBA選手にも影響を与えていた!ラプターズのエースが感謝「僕に可能性を示してくれた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日(日本時間15日)のニューヨーク・ニックス戦、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーがレギュラーシーズンにおける3ポイント成功数でNBA歴代1位に浮上した。 舞台は聖地マディソン・スクエア・ガーデン。...
別窓で開く

NBA中断の“悪夢”再び?新型コロナによる離脱者続出の現状に元HCは「回避する方法はない」<DUNKSHOOT>
一昨季の2020−21シーズン、NBAは新型コロナウイルスの影響により、シーズンの中断を余儀なくされた。そして今季、その“悪夢”が再び起きてしまうかもしれない。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によれば、現地時間12月16日(日本時間17日、日付は以下同)の時...
別窓で開く

「時間の問題だった」カリーの“偉大な3ポイント記録”更新にOBは平然「初めて見た時から、俺には分かっていた」<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日、聖地マディソンスクエア・ガーデン(MSG)で行なわれたニューヨーク・ニックス戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが第1クォーター中盤までに2本の3ポイントを成功。これにより、レイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか/2973本)の記録を抜いて、レギ...
別窓で開く

カリーがバスケの聖地で偉業達成!通算3ポイント成功数でアレンを抜いて歴代トップに浮上!<DUNKSHOOT>
NBAに新たな歴史が刻まれた。 12月14日(日本時間15日)、ニューヨークのマディソンスクエア・ガーデン(MSG)で行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとニューヨーク・ニックスの一戦。ウォリアーズのステフィン・カリーが、通算3ポイント成功数でレイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか)...
別窓で開く

「彼はバスケ界を変えた」名手ノビツキーがカリーの功績と人間性を絶賛!「超いいヤツだから、皆が応援したくなる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現地時間12月13日のインディアナ・ペイサーズ戦で5本の3ポイントを成功。これで通算成功数2972本となり、レイ・アレンが保持するNBA史上最多記録(2973本)まであと1本へ迫った。 キャリア13年目の今季はここまで25試合に出場し、平均27...
別窓で開く

カリー、“アレン超え”まであと2本!3ポイント史上最多記録更新の地は、バスケットボールの聖地?<DUNKSHOOT>
「俺だって世界中の皆と同じ。彼が記録を塗り替えるのは嬉しいさ。その時が来るってことだ」 ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、現地時間12月13日のインディアナ・ペイサーズ戦に102-100で逆転勝利を収めた試合後、米放送局『NBC Sports Bay Area』とのインタビ...
別窓で開く

レブロンが史上最多を更新する65回目の週間MVPに!イーストはサボニスが2度目の受賞|NBA第8週
現地時間12月13日(日本時間14日、日付は以下同)、NBAがシーズン第8週の週間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからインディアナ・ペイサーズのドマンタス・サボニス、ウエスタン・カンファレンスからロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが選出された。...
別窓で開く

「私とカリーを比較するのは違う」名手アレンが“シューター論”を語る「クレイ、レジーに近いね」<DUNKSHOOT>
現地時間12月11日(日本時間12日、日付は以下同)、ゴールデンステイト・ウォリアーズはフィラデルフィア・セブンティシクサーズに93−102で敗れ、今季5敗目(21勝)を喫した。 ステフィン・カリーは3ポイント3/14(成功率21.4%)の計18得点に終わり、レギュラーシーズン通算成功数は2967本...
別窓で開く

「あれにはイライラした」隔離でリズムを狂わされたレブロンが憤り「4日間もボールを触れなかった」<DUNKSHOOT>
開幕前には優勝候補の最右翼と目されながらも、ここまでウエスタン・カンファレンス8位(12勝12敗/勝率50.0%)と一向に調子の上がらないロサンゼルス・レイカーズ。不調の理由は様々考えられるが、そのひとつが大黒柱レブロン・ジェームズの欠場の多さだろう。 ここまでレブロンは12試合に欠場し、その間チー...
別窓で開く