本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「涙がこぼれた」キングスを退団したハリバートンがトレード時の心情を明かす「彼らは僕を必要としていなかった」<DUNKSHOOT>
現地時間2月8日に合意に達したインディアナ・ペイサーズとサクラメント・キングスによるトレードで、ペイサーズは大黒柱のドマンタス・サボニスをついに放出した。 サボニスを獲得したキングスは、こちらも長らく移籍の噂があったバディ・ヒールドを手放したほか、ベテランビッグマンのトリスタン・トンプソン、さらには...
別窓で開く

コビー&シャック??最高のデュオにして最大のライバルが生んだ醜聞やトラブル、そして栄光【NBAデュオ列伝|前編】
NBAには数多くの記憶に残るデュオがいた。ダーク・ノビツキーとスティーブ・ナッシュ(ダラス・マーベリックス)のように真の友情を育んだ者がいれば、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペン(シカゴ・ブルズ)のような師弟コンビもあり、デニス・ロッドマンとビル・レインビア(デトロイト・ピストンズ)のような...
別窓で開く

シモンズのチーム合流をエンビードは“条件付き”で歓迎「毎晩姿を見せなきゃならない」<DUNKSHOOT>
現地時間2月8日(日本時間9日、日付は以下同)、フィラデルフィア・セブンティシクサーズはホームのウェルズファーゴ・センターでフェニックス・サンズと激突。一時は14点差をつけたものの、終盤までもつれた接戦の末に109−114で惜しくも敗れた。...
別窓で開く

ペイサーズの大黒柱サボニスがキングスにトレード!ブレイザーズ生え抜きのマッカラムはペリカンズへ<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日に迫るNBAのトレード・デッドラインを目前に、2件の大型交渉が合意に至った。 まずは、ここまでウエスタン・カンファレンス11位と不振のポートランド・トレイルブレイザーズとニューオリンズ・ペリカンズのトレードだ。...
別窓で開く

“ザ・ドリーム”オラジュワン&“グライド”ドレクスラー。ヒューストン大の名コンビがNBAで共闘するまで【NBAデュオ列伝|前編】
その瞬間、ヒューストン大のアキーム・オラジュワンとクライド・ドレクスラーは、呆然とボールの行方を見つめていた。 1983年のNCAAトーナメント、決勝戦の終了間際だった。ノースカロライナ州大の最後のシュートはリングを大きく外した。だが、そのボールをロレンゾ・チャールズがリムの手前でつかみ、そのままダ...
別窓で開く

“お買い得すぎる”大谷翔平の真価はトラウトを凌駕!? 気になる新契約のベストタイミングとは?「ずっと金銭的な綱渡りを」
偉才の動向が、野球ファンの心情を揺さぶっている。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平の契約問題だ。 4年前にエンジェルスとの契約を締結した大谷の現年俸は、2年総額850万ドル(約9億7400万円)と見られている。その内訳は、2021年は年俸300万ドル(約3億4400万円)、2022年は年俸550万...
別窓で開く

「ケビンは尊敬に値する」「ラリーは最も近い存在」長い年月を経て“友人”となった最強コンビ【NBAデュオ列伝|後編】
■主役バードの脇役を自覚したマクヘイル 1984年、セルティックスは3年ぶりにNBAファイナルに進出した。相手はマジック、ジャバーを擁するロサンゼルス・レイカーズ。幾度となく名勝負を繰り広げてきた古豪同士であり、しかも79年のNCAAトーナメント決勝以来のバードとマジックの頂上決戦とあって、開幕前か...
別窓で開く

「俺のチームにいたら指摘する」シャックがアービングの起用法に苦言「勝ちたいなら犠牲は払わないと」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは今季、新型コロナウイルスのワクチン未接種問題により、シーズン途中から“パートタイム・プレーヤー”としてアウェーゲームにだけ出場している。 エースのケビン・デュラントがケガで離脱したネッツでは貴重な得点源となっているが、殿堂入りセンタ...
別窓で開く

バード&マクヘイル——セルティックスに黄金期をもたらした正反対な2人の“埋められない溝”【NBAデュオ列伝|前編】
■境遇こそ似ていたが性格は正反対だった2人 ボストン・セルティックスはNBAにとって特別な存在だ。華やかさ、一般的な人気ではロサンゼルス・レイカーズに一歩譲るとはいえ、伝統の重みという点で、セルティックスを上回るチームはない。 そのセルティックスの80年代を支えていたのが、ラリー・バードとケビン・マ...
別窓で開く

「コートに戻れなくてがっかりした」勝負所でベンチに下げられたウエストブルックが心境を吐露「自分を犠牲にすることも必要」<DUNKSHOOT>
「驚いたのは事実だ。(コートへ)戻れなくてがっかりした。でもそれ以上に残念だったのは、俺たちが試合に負けたこと。俺はフロアに立ってチームメイトたちを助けたいし、俺たちのチームが勝利する手助けをしたいんだ……だがあれは(レイカーズが勝つための)決断だったってことさ」 現地時...
別窓で開く


[ インディ nba ] の関連キーワード

dunkshoot ヒューストン グライド バード ケビン
nba