本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「性的暴力で終わらぬ苦痛」告発に金与正氏はどう動くか
国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は28日、北朝鮮の拘禁施設で脱北に失敗した女性らに対する性的暴力の横行が続いていると告発する報告書を発表した。北朝鮮の金正恩体制は、こうした人権問題で非難されることを最も嫌っている。...
別窓で開く

日本の国益をどう守る? 中国が影響力を増す世界、 53カ国が香港国安法を支持
■国家安全維持法、支持国が不支持国の約2倍まず、下記の不支持国と支持国を見ていただきたい。...
別窓で開く

AFC「U16選手権」&「U19選手権」の組み合わせが決定…U19日本は前回準優勝の韓国と同組に
 AFC(アジアサッカー連盟)は、18日にマレーシアのクアラルンプールで組み合わせ抽選会を実施し、U-16選手権およびU-19選手権の抽選結果を発表した。 今年の11月25日〜12月12日の日程でバーレーンでの開催が予定されているU-16選手権では、日本はグループDに所属。...
別窓で開く

オフト時代に初招集の可能性も「無理です」と拒否【ファルカン・ジャパンの“10番”岩本輝雄の栄光と苦悩の記憶|EP1】
<プロローグ> もう大丈夫だろう、と勝利を確信して、岩本輝雄はベッドにもぐりこんだ。 1993年10月28日の深夜。高校卒業後に加入したフジタ(現・湘南/当時は2部リーグにあたるJFL所属)で3年目を迎えていた21歳のテルは、テレビを消した。明日も練習がある。少しでも早く寝ておかないと。...
別窓で開く

2度も原子力施設を爆撃したイスラエル 国際社会の反応が真逆になったのはなぜ?
イスラエルはかつて他国の原子力施設を2度も爆撃し破壊しました。一度目は大いに批判を浴びますが2度目はそうでもなく、世界の反応は真逆なものでした。その理由やイスラエルの態度、そして背景にある「自衛権」について見ていきます。「原子力施設爆撃」の衝撃 しかも2度…世界の反応は? 2018年4月21日、世界...
別窓で開く

長持ちすぎる軍用機5選 2020年に現役のレシプロ複葉機や日本仕様「ファントムII」ほか
長く使われるということは、その航空機の信頼性が高いことの証明でもあります。ただ、いくら何でも長く使いすぎだろうという機体もいくつか存在します。そのなかでも特に目立って長寿な機をピックアップしました。様々な事情で長年配備されている機体たち 愛着のあるものを長年使い続けるということは誰でもあるかと思いま...
別窓で開く

「打ちのめされた」W杯最終予選。今でも忘れない、帰国便でオフトにかけられたひと言は?【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP6】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く

運命のイラク戦、ラモスは「俺じゃなく中山を選んだ。その決め手は…」【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP5】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く

今でも覚えているジャストミートの感触。「俺の中では完璧だった」【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP4】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く

【名勝負の後日談】ドーハの悲劇〜最後に蹴らせたのは贖罪なのか…? ラモス瑠偉が感じた疑問
 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)——◆——◆—— 中東は日本人にとって、そしてワールドカップは日本サッカー界にとって未知の世界だった。...
別窓で開く


[ イラク 北朝鮮 ] の関連キーワード

ファルカン イスラエル ジャパン オフト イラク
ドーハ ラモス