本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



石油の時代が終わるっ?シェールガス革命で世界の石油勢力図が変わり大打撃を受けたのは!?【地政学の話】
石油資源枯渇の不安を払拭100年前のアメリカでは石炭がエネルギー消費量の80%を占めていましたが、自動車の動力源として石油が台頭して以後、長年世界のエネルギー市場を担ってきたのは石油です。...
別窓で開く

宇宙開発競争もアメリカVS中国【図解 地政学の話】
急ピッチで進む中国の宇宙ステーション冷戦時代、アメリカとロシアは宇宙開発を競いあっていました。人類が月に着陸したのも、し烈な米ソの戦いがあったからです。しかし、今、宇宙開発でアメリカが戦うべき相手は中国です。2019年1月、中国の探査機「嫦じょう娥が 4号」が人類史上初めて月の裏側に着陸しました。...
別窓で開く

アジアの独裁者に正しいメッセージを送らなければならない G7広島サミット
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理のアフリカ4ヵ国歴訪について解説した。...
別窓で開く

アフリカ4ヵ国訪問で岸田総理に求められる「グローバルサウス対策」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が4月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。大型連休に予定される岸田総理のアフリカ4ヵ国訪問について解説した。...
別窓で開く

ロシアがベラルーシへ戦術核を配備する「2つの狙い」
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が4月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるベラルーシへの戦術核兵器配備について解説した。...
別窓で開く

ドローンは現代の「火縄銃」 ウクライナでの戦闘にみる「ドローンの重要性」
安全保障アナリストで慶應義塾大学SFC研究所上席所員の部谷直亮が3月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアが極東ウラジオストク沖で行った対艦巡航ミサイル「モスキート」の発射演習について解説した。...
別窓で開く

サウジとイランが「国交正常化」しても「友好国」になったわけではない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が3月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。対面で行うことで一致したサウジアラビアとイランの外相会談について解説した。...
別窓で開く

背中で皿回しする飛行機!? 自衛隊も使う大型機「エーワックス」なぜ生まれた? 最近は“皿” から“芋ようかん” へ変化
背中に皿状の構造物を載せたロシア空軍のA-50が、ベラルーシ反政府組織の攻撃で損傷したとのニュースが話題になっています。とはいえ、損傷したのはたかだか1機。なぜその程度で大騒ぎなのかというと、航空機のレア度が関係していました。空飛ぶレーダー基地。...
別窓で開く

アメリカは「蚊帳の外」 イランとサウジ、関係正常化へ
経済アナリストのジョセフ・クラフトが3月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イランとサウジアラビアの外交関係正常化について解説した。...
別窓で開く

「機体、起立!…離陸!!」まさかの飛び方をする無人機誕生か 革新設計機を生み出したい豪州の事情
機体が垂直に“起き上がり”、そのまま離陸するというユニークな無人機の開発がオーストラリアで進行中。これまで航空機の開発に消極的だった同国ですが、狙いはなんなのでしょうか。いうなれば「ティルト・ボディ機」? 駐機中の飛行機が垂直に“起き上がり”、そのまま垂直に離陸するという、ユニークな無人機がオースト...
別窓で開く


[ イラク ロシア ウクライナ アメリカ ] の関連キーワード

エーワックス ウクライナ ベラルーシ アフリカ アメリカ
イラン ロシア サウス アジア サウジ
自衛隊