本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



いよいよ始まる『FIFAワールドカップカタール2022』 治安面で心配は…
いよいよ20日から「FIFAワールドカップカタール2022」が始まる。日本も参加することから楽しみにしている人も多いことだろう。しかし、日本は強豪ドイツやスペインと同組で、順当に考えれば予選敗退が濃厚だろう。一方、今回のワールドカップでは、やはりブラジルかフランスあたりが優勝候補とみられるが、優勝国...
別窓で開く

前田大然の母が明かす「サッカー部除籍事件」、母が結婚指輪を売って育てた浅野拓磨 「森保ジャパン」メンバーの濃すぎるファミリーヒストリー
 いよいよ幕を開ける、4年に1度のW杯。カタールへと向かう日本代表26名も晴れて決定したが、そのメンバーを見れば、エリート選手も、挫折を乗り越えた者も……宿命の地へ乗り込む「森保ジャパン」。その戦士と家族の、秘められた歴史をお届けする。 *** 初のベスト8入りを目指し、中東の地へと臨む日本代表。...
別窓で開く

W杯対戦3か国に“ヒント”を与えた!? カナダ代表に逆転負け…日本代表の弱点を各国メディアが指摘「弱さをさらけ出した」
現地時間11月16日、日本代表がカタール・ワールドカップ前の最後のテストマッチを行ない、カナダ代表に1-2で敗れた。 UAEのドバイでの一戦、レギュラー当落線上にある選手や怪我明けで長く戦線を離脱していた選手が多くスタメンに名を連ねた日本は、開始9分に柴崎岳の縦パスに相馬勇樹が巧みなダイレクトボレー...
別窓で開く

「トランプ氏の出馬演説は成功だった」…ケント・ギルバート氏が読む“2年後の共和党予備選”
 アメリカ前大統領のドナルド・トランプ氏(76)が11月16日午前(日本時間)、自身の別荘「マー・ア・ラゴ」で会見を開き、2024年の大統領選に出馬すると表明した。日本のメディアも、ネットで生中継を配信するなど大きく扱った。 *** ちなみに、フロリダ州パームビーチに建つ「マー・ア・ラゴ」は、192...
別窓で開く

ドーハの悲劇「野球関係者は『負けろ』って思ってた」一茂が失言、大慌て 「巻き込むなよ」ドン引きの声も
18日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、現地時間20日から開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会について紹介。番組に出演していたタレントの長嶋一茂のある発言が「失言」だとして、ネット上で物議を醸している。 きっかけとなったのは、同じカタールで1993年に行われた、ア...
別窓で開く

酒井健太(アルコ&ピース)『チャンサカの気まぐれパンチライン』第41回:W
音楽好きでラッパーとしてもひっそりと活動、一部では「ラジオスター」と呼ばれていたりもする鬼才(!?)アルコ&ピース酒井健太によるフリースタイルコ・ラ・ム!(月1回更新予定!) カタールワールドカッ...
別窓で開く

日本と同組のコスタリカ代表、開幕直前の強化試合が中止に…イラク入国審査時にトラブル
FIFAワールドカップカタール2022で日本代表らと同組のコスタリカ代表は、大会前に予定していたイラク代表との強化試合が中止となった。コスタリカサッカー連盟(FCRF)のロドルフォ・ビジャロボス会長が、17日に会見を開いて事情を説明した。...
別窓で開く

巡航ミサイル「トマホーク」導入が意味するものは? その性能に見る日本の守りかた
「巡航ミサイル」とひと口に言いますが、そのなかでも「トマホーク」はいくつか格上のものでしよう。これを日本が導入することを検討しています。そこには、単なる装備の導入以上の意味合いを見て取ることができます。「トマホーク」導入にざわめく報道とSNS 2022年10月末、日本政府が巡航ミサイル「トマホーク」...
別窓で開く

ムスリム女性が「一番貧乏な人は飢え死にですね」と…人気料理研究家がショックを受けた日本と世界の“食の格差”
切れ端の野菜、半端の肉を捨てたら「きっと私は地獄行きだ」…人気料理研究家が食べ物を捨てない“本当の理由” から続く フードロスや貧困問題の解決に奔走する人気料理研究家・枝元なほみ氏。そんな枝元氏が2022年10月7日に新著『 捨てない未来 キッチンから、ゆるく、おいしく、フードロスを打ち返す 』...
別窓で開く

ウクライナ侵攻を続けるロシアに接近するイランの思惑 「泣きつかれ、断れなかった」国際政治学者が解説
中東情勢に詳しい放送大学名誉教授で国際政治学者の高橋和夫氏が11月14日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ウクライナ侵攻を続けるロシに武器の供与などで接近するイランの思惑について、「アメリカからいじめられて、仕方なく」と解説した。...
別窓で開く