本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アントニオ猪木さんが闘病中に漏らした弱音と本音 「神様なんて、本当にいるんでしょうかね」
「燃える闘魂」アントニオ猪木氏が10月1日、死去した。弱冠29歳で立ち上げた新日本プロレス創設からちょうど50年。奇しくも、前日の9月30日は、1960年にプロレスデビューした日にあたる。以後、半世紀以上にわたって第一線に立ちながら、政界にも進出し、参院議員を2期12年務めた。...
別窓で開く

アントニオ猪木さん外交も闘魂 北朝鮮を30回以上訪問、湾岸戦争ではイラクに
2022年10月1日に79歳で亡くなった元人気プロレスラー、アントニオ猪木(本名・猪木寛至)さん。スポーツ界だけでなく、幅広い層から悼む声が寄せられた。参議院議員を務めたこともあったため、政界からの弔意も多かった。安倍晋三元首相の国葬では一部野党の責任者が欠席したが、猪木さんの死去では与野党の立場を...
別窓で開く

アントニオ猪木さん「24時間テレビ」秘話 羽鳥慎一が明かした「予定外」のコト
元プロレスラーで政界でも活躍したアントニオ猪木さんが1日(2022年10月)、79歳で亡くなった。今日3日の「モーニングショー」はテレビ朝日秘蔵映像を元に、リングの上と国際舞台で闘った猪木さんの人生を振り返った。1972年に新日本プロレスを旗揚げしたアントニオ猪木さんは、プロレスブームに乗って黄金時...
別窓で開く

アントニオ猪木さんを追悼 「スッキリ」が取り上げた「名言」は?
プロレス界で「燃える闘魂」と言われたアントニオ猪木氏(79)が1日(2022年10月)死去した。3日の「スッキリ」は、猪木氏が2000年に出版した詩集「馬鹿になれ」からをはじめ、遺した名言を特集した。猪木さんの詩集「馬鹿になれ」のなかの「ブラジルのコーヒー豆」から。...
別窓で開く

「落ちたらまた這い上がってくればいい」——心を揺さぶった言葉の数々。“燃える闘魂”アントニオ猪木は何を残したのか?
“風が頬を撫でた” 普段は風を感じるなど皆無の後楽園ホールのエレベーター前、カメラマンとして準備をしている最中にそれを感じた。条件反射で振り向いた先にいたのは、エレベーターから降りてくるとろこのアントニオ猪木。風の主は、プロレス界の英雄だったのだ。 新日本プロレスが誕生したの...
別窓で開く

元人気プロレスラーで、政治家として参院議員を計2期務めたアントニオ猪木(本名・猪木寛至)さんが1日、亡くなりました。話題の書『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』の著者ムーギー・キム氏は、40年来のプロレスファンで、2013年には「東洋経済オンライン」でロングインタビューを実施。そこで猪...
別窓で開く

元海将が語る巡洋艦「モスクワ」の撃沈について
長引くウクライナとロシアの戦い。プーチン大統領がウクライナに派遣する兵士について、予備役を部分的に動員すると発表をしたことでロシア国内は混乱しているようです。まだまだ終わりの見えないこの戦争、ウクライナに勝機はあるのだろうか。防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、小...
別窓で開く

デカいスゴイ!のはずが…タイ初の空母にして最大の現役艦どう活用? 動かすと金かかる…
タイ海軍の最大艦にして、同軍最初の空母「チャクリ・ナルエベト」。就航当時は大いに注目されるも、今やほぼ洋上に出ず博物館船と化しています。なぜそうなったのでしょうか。その境遇を変えるかもしれない出来事が、無人機の登場です。...
別窓で開く

ウクライナ軍 ハルキウ奪還で露呈したロシア軍の致命的欠陥 軍事専門家も驚き
 奇襲攻撃は、なぜ成功したのか──? 日テレNEWSは9月13日、「ウクライナ軍『不意打ち』成功で——領土“東京の1・4倍”を電撃奪還 ハルキウで何が?『ロシアの目標は風前の灯火』の見方も」との記事を配信した。担当記者が言う。 ***「9月11日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領(44...
別窓で開く

ウクライナ見捨てるか米共和党、トランプ再登板待つプーチン 1730億ドル支援と戦闘長期化に苛立ち、米国の威信毀損は二の次
ウクライナ関心度は80%から69%に低下 ロシア軍による無差別攻撃で破壊される町や村。殺害される市民。戦火を逃れて国外に避難する婦女子。 連日のように全世界に支援を訴えるウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領。 この間まで米メディアがこれでもか、これでもかと映像を流していたウクライナ情勢。...
別窓で開く


[ イラク ] の関連キーワード

ウクライナ アントニオ モスクワ 共和党 ロシア
北朝鮮