本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



金正日は真夜中に鹿を撃つアントニオ猪木をこっそり見ていた…平壌市民38万人を集めたプロレス興行秘話
 昭和のプロレス界を牽引したアントニオ猪木さんが、10月1日に79年の生涯に幕を閉じた。レスラーとしての活躍はもちろん、国会議員や実業家としても数々の逸話を残した猪木さんは、とりわけ“北朝鮮”に熱い思いを抱き続けていた。なかでも、1995年4月に平壌で開催されたプロレス興行は“伝説”として語り継がれ...
別窓で開く

第5回輸入博、計145の国・地域・国際組織が参加へ—中国
中国国際輸入博覧局の孫成海副局長は1日の記者会見で、5日に開幕する第5回中国国際輸入博覧会について、計145の国・地域・国際組織が参加し、その中には先進国や発展途上国のほか、後発開発途上国も含まれていると明らかにしました。 127の国と地域の企業が企業商業展に参加し、66の国と3つの国際組織が国家総...
別窓で開く

U−20アジアカップの組み合わせ決定…4強進出で来年のU−20W杯出場権を獲得
U−19日本代表が出場するAFC U−20アジアカップウズベキスタン2023の組み合わせが決定。日本はグループDに入り、サウジアラビア、中国、キルギスと同組になった。 大会は2023年3月1日から同18日にかけて行われ、2023年5月〜6月にインドネシアで行われるFIFA U−20ワールドカップの予...
別窓で開く

「ブタクサ」や「ヨモギ」などキク科の花粉飛散量がピーク! 秋の花粉症はいつまで続く?
■ブタクサなどキク科の花粉飛散がピーク! 秋の花粉症の原因になる植物秋になると、花粉症のような症状が出て悩んでいる方はいませんか? 目のかゆみやくしゃみ、鼻水などの症状は、ブタクサやヨモギ、セイタカアワダチソウなどのキク科の植物による花粉症かもしれません。これらの植物は、8〜10月頃に花粉が飛びます...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦争が長期化する「いくつかの理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島の町を移動するロシア軍の装甲車両(タス=共同) 撮影: 2022年2月24日 写真提供:共同通信社ヘルソン州西部か...
別窓で開く

米有力紙「北朝鮮を核保有国として認めよう」「これまでの外交政策は失敗」
北朝鮮の相次ぐミサイル挑発に加え、7回目の核実験の可能性さえ持ち上がるなか、北朝鮮を核保有国として認め、「朝鮮半島非核化」構想を廃棄しなければならないという主張が米国の一部で持ち上がっている。ブルームバーグ通信は24日(現地時間)のコラムで「数十年間持続した朝鮮半島非核化構想は失敗した」とし「北朝鮮...
別窓で開く

人はなぜ血で血を洗う戦いを繰り返すのか、その手がかりは歴史にあります。ウクライナ戦争でも浮き彫りになった、戦争が起こる条件、それを抑止する条件とは? 先日、『増補版「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム』を上梓したノンフィクション作家の茂木誠氏が、世界史的文脈から、多極化する「台湾情勢」...
別窓で開く

中国海洋石油、22年1〜9月期の純利益は前年同期から倍増の1078億〜1098億元に
 中国海洋石油(00883/香港、600938/上海)が10月16日、2022年1〜9月期の業績予測を発表し、純利益が前年同期比で倍増する見通しを示した。  同社は1999年設立の国有企業で、2001年2月に米ニューヨーク証券取引所と香港証券取引所に上場した。21年10月にニューヨークで上場廃止とな...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻はフェイクニュースの指摘合戦
10月に入ってウクライナ全土を狙ったロシアのミサイル攻撃が連日続き、民間人多数が犠牲になり、ロシアへの国際的な非難が強まっている。このミサイル攻撃のきっかけは、ロシア本土とウクライナ南部クリミア半島を結ぶ橋の爆破事件。プーチンは「ウクライナ情報機関によるテロ」と決めつけ、エネルギー・軍事施設などへ報...
別窓で開く

「ユーラシア戦争」はもうすでに始まっている!? ロシア弱体化によって各国で紛争が勃発中!
米空軍F15がイランの発射した無人機を撃墜したウクライナ戦争で明らかにロシア軍が不利になっている。元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補はこの状況を受けて、現状から推測される危惧をこのように解き明かす。「ロシアの影響力が低下すると、いたる所で領土を巡る"ユーラシア戦争"と呼んでもよい...
別窓で開く