本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



武田修宏 “ドーハ同志”森保監督の奮闘に敬意「人生のあの場所が、メンバーが誇り。パワーもらった」
 サッカー元日本代表でタレントの武田修宏(55)が2日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)に生出演し、FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で日本を決勝トーナメントに導いた森保一監督(54)を称賛した。 1日に行われた1次リーグE組最終戦で、日本はスペインを2—1で破り、...
別窓で開く

森保監督のコメントに、涙腺崩壊 記者に「ドーハの悲劇がよぎったか」と聞かれると?
2022年12月2日、サッカーの世界大会『FIFAワールドカップカタール2022』で、日本がスペインに2ー1で見事勝利。グループリーグ突破を果たしました!試合終了後に日本代表の森保一監督が語った言葉に、反響が寄せられています。■森保監督「最後の1分で、ドーハの記憶が」試合後の会見で、森保監督は記者か...
別窓で開く

よぎった悲劇は杞憂に=日本「新しい時代」へ—W杯サッカー
 スペインを2—1と逆転し、リードを保ってたどり着いた後半ロスタイム。表示は7分—。激闘の中で、森保一監督(54)の頭にあの時の情景が浮かんだ。「最後の1分ぐらいの時に、ドーハの記憶は出てきた」。表情が一瞬硬直した。 29年前の現役時代に経験した「ドーハの悲劇」。因縁の地で、同じ状況に置かれたのは神...
別窓で開く

日本サッカーの「新しい景色」W杯8強まであと1勝…2大会連続4度目の決勝T進出
 【ドーハ=西井遼】サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で1日(日本時間2日未明)、世界ランキング24位の日本代表がグループリーグE組第3戦で同7位のスペイン代表を2—1で破り、2大会連続4度目の決勝トーナメント進出を決めた。日本は11分に先制を許したが、48分にMF堂安律(24)(...
別窓で開く

「悲劇を歓喜に書き換えてくれた」…1993年にW杯初出場を逃したドーハでの快挙に列島沸く
 【ドーハ=小峰翔、森安徹】悲劇の地は、歓喜の場所へと変わった。サッカーのFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は2日(日本時間)、スペインを逆転で破った。ドイツに続いて優勝候補を撃破し、史上初めて2大会連続で決勝トーナメントに進出。1993年にW杯初出場を逃したドーハでの快挙に、早朝の...
別窓で開く

「流行語大賞」とビジネスパーソン 約40年の“世知辛さ”を振り返る
Sirabeeでは、労働社会学者、働き方評論家である千葉商科大学国際教養学部准教授・常見陽平(つねみようへい)さんの連載コラム【過去から目線】を公開しています。現代社会で今まさに話題になっているテーマを、過去と比較検討しながら分析する連載です。今週は、年末の風物詩である「新語・流行語大賞」がテーマ。...
別窓で開く

『昭和猟奇事件大捜査線』第35回「夜遊びに出た娘が海岸線で怪死…謎の犯行声明文は誰が書いた?」〜ノンフィクションライター・小野一光
(画像)icemanphotos/Shutterstock昭和20年代の夏、中国地方某県E村にある派出所に、近くに住む熊野作蔵(仮名、以下同)が駆け込んできた。...
別窓で開く

共和党は「元祖トランプ」vs「賢いトランプ」の対決へ。パックンがアメリカ政治の先を読む!
次期大統領の共和党候補から、アメリカ社会を二分する人工妊娠中絶の問題まで、パックンが深掘り!アメリカ中間選挙で大敗が予想された与党・民主党が大善戦したのは、「トランプのおかげ」と看破したパックン(前編記事)。共和党にとってトランプは「戦犯」ともいえるが、それでも彼は2024年大統領選への出馬を宣言。...
別窓で開く

「反撃できない者を徹底的にいたぶる『集団リンチ』と同じ」皇族の結婚問題、生活保護受給者バッシングに“共通するもの”
日本人の6人に1人は偏差値40以下、5人に1人しか役所の書類を申請できない…“見えない格差”をつくった知識社会のザンコク から続く ヒトは徹底的に社会的な動物で、家族や会社、地域社会などの共同体に埋め込まれている。しかしそこには、善意の名を借りた他人へのマウンティングや差別、偏見などが存在する。...
別窓で開く

【報知映画賞】嵐莉菜がデビュー作で新人賞!5か国ルーツ強みに歩む18歳
 新人賞は嵐莉菜(18)と白鳥晴都(14)が受賞した。5か国のルーツを持つ嵐は、女優デビュー作となった「マイスモールランド」(川和田恵真監督)で日本で暮らすクルド人の女子高生を熱演。白鳥は「ぜんぶ、ボクのせい」(松本優作監督)で母に見捨てられ、孤独を抱えた中学生役を鮮烈に演じた。 受賞の吉報はまさか...
別窓で開く


[ イラク ] の関連キーワード

アメリカ ドーハ 共和党