本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヒートが6年ぶりにカンファレンス決勝進出!アデトクンボ不在のバックスを5戦で蹴散らす
9月8日(日本時間9日)、NBAプレーオフのイースタン・カンファレンス準決勝、ミルウォーキー・バックス(第1シード)対マイアミ・ヒート(第5シード)の第5戦が行なわれ、ヒートが103−94で勝利。優勝候補のバックスを破り、2013−14シーズン以来6年ぶりとなるカンファレンス決勝進出を決めた。 3勝...
別窓で開く

4連敗でのスウィープ負けならNBA初の不名誉記録に。アデトクンボはバックスを窮地から救えるか
昨季は60勝22敗(勝率73.2%)、そして今季も56勝17敗(勝率76.7%)で2年連続のリーグ最高成績をマークしたミルウォーキー・バックス。しかし、1年で最も大事なプレーオフの舞台で、天敵マイアミ・ヒートの前に不名誉な形でNBA史に名を刻んでしまうかもしれない。...
別窓で開く

プレーオフでの惨敗で指揮官解任に踏み切ったシクサーズとペイサーズ。気になる後任候補は?
8月17日(日本時間18日、日付は以下同)に開幕したNBAのプレーオフは、現在ファーストラウンドが佳境を迎えている。 イースタン・カンファレンスではトロント・ラプターズがブルックリン・ネッツを、ボストン・セルティックスがフィラデルフィア・セブンティシクサーズを、マイアミ・ヒートがインディアナ・ペイサ...
別窓で開く

好調ヒートの現在地。バトラーとスポールストラHCが語るチームの強みと約束事、そして抱える不安材料とは?
イースタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンドで、マイアミ・ヒートがインディアナ・ペイサーズに2連勝を飾った。今のヒートは“一筋縄ではいかない、侮れない存在”として、NBAのコーチたちの間で非常に評価が高い。「選手同士の関係性は、他のどのチームよりも親密だ。...
別窓で開く

【8月20日のNBAハイライトトップ10!】アデトクンボ、レブロン、バトラーらがスーパープレーを連発!
各地でプレーオフ1回戦の激闘が繰り広げられているNBA。8月20日(日本時間21日、日付は以下同)はイースタン・カンファレンスのミルウォーキー・バックス対オーランド・マジック戦、同マイアミ・ヒート対インディアナ・ペイサーズ戦、ウエスタン・カンファレンスのロサンゼルス・レイカーズ対ポートランド・トレイ...
別窓で開く

イーストのプレーオフ1回戦対戦カードが決定!最ももつれそうなシリーズは?
8月12日(日本時間13日、日付は以下同)、NBAはシーディングゲーム(順位決定戦)4試合が行なわれた。このうち3試合でイースタン・カンファレンスのチームが戦い、イースト5位のインディアナ・ペイサーズが108−104でヒューストン・ロケッツに勝利。...
別窓で開く

闘将バトラーが因縁の相手ウォーレンをシャットアウト!ヒートがペイサーズとのプレーオフ前哨戦を制す
8月10日(日本時間11日、日付は以下同)、ともに43勝27敗(勝率61.4%)で並ぶイースタン・カンファレンス4位のマイアミ・ヒートと5位のインディアナ・ペイサーズがシーディングゲーム(順位決定戦)で激突した。 両チームは9日時点で3位のボストン・セルティックス(47勝23敗/勝率67.1%)と4...
別窓で開く

終盤の猛追で天敵を下したバックスが2年連続でイースト首位を確定!アデトクンボは「全ては俺たち次第」
今季リーグトップの戦績を誇るミルウォーキー・バックスにとって、イースタン・カンファレンスのプレーオフ出場圏内にいるチームで唯一全敗していたのがマイアミ・ヒートだった。 昨年10月26日(日本時間27日、日付は以下同)の今季初対戦は126−131で延長の末に惜敗。3月2日の試合では89−105と完敗を...
別窓で開く

ホーネッツのロジアーが衝撃発言! 「『ザ・ラストダンス』を観るまでブルズの3連覇を知らなかった」
今年4月19日(日本時間20日、日付は以下同)から5月17日にかけて放送された『ザ・ラストダンス』は、アメリカ国内だけでなく、世界中で大きな反響を呼んだ。 同作は“G.O.A.T.”(史上最強)と称されるマイケル・ジョーダンを中心に、1990年代に2度の3連覇を成し遂げたシカ...
別窓で開く

「俺を助けてくれた」ヒートの強心臓ルーキー、タイラー・ヒロが憧憬する2人のシューターと自粛期間の恩恵
昨年のドラフト1巡目13位でマイアミ・ヒートに入団したタイラー・ヒロは開幕からローテーション入りし、持ち前のシュート力を発揮していたものの、今年2月に右足首を痛めて15試合を欠場した。 196㎝のガードはシーズン中断前の3月11日(日本時間12日、日付は以下同)に行なわれたシャーロット・ホーネッツ戦...
別窓で開く