本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カリー、ヨキッチ、ドンチッチの1stチーム入りは当確?現地メディアが今季のオールNBAチームを大予想!<DUNKSHOOT>
レギュラーシーズンも大詰めとなり、プレーオフのシード順ならびにプレーイン・トーナメント参戦争いが激化している。 それと同時に、昨年12月下旬に幕を開けたレギュラーシーズンにおけるアウォードの行方も気になるところ。ここでは、今季のオールNBAチームについて見ていきたい。...
別窓で開く

“勝利に値しない”状態から復調したヒート。闘将バトラーも「ベストなバスケができている」と納得の表情<DUNKSHOOT>
昨季6年ぶりにNBAファイナル進出を果たし、サプライズチームとしてリーグを驚かせたマイアミ・ヒート。今季も優勝候補の一角として開幕を迎えたが、大黒柱のジミー・バトラーを筆頭にケガ人も多く、3月には複数のトレードを断行しロースターをマイナーチェンジするなど、なかなか波に乗れずにいた。...
別窓で開く

ハーデンが移籍後初の月間MVP!好調サンズのブッカーは6年目で初受賞|NBA2月〈DUNKSHOOT〉
3月2日(日本時間3日、日付は以下同)、NBAが2月の月間最優秀選手を発表し、イースタン・カンファレンスからブルックリン・ネッツのジェームズ・ハーデン、ウエスタン・カンファレンスからフェニックス・サンズのデビン・ブッカーが選出された。...
別窓で開く

「ティブのバンドの再結成だ」ローズのニックス移籍に盟友バトラーがエール!9日の試合で対戦を熱望〈DUNKSHOOT〉
2月7日(日本時間8日、日付は以下同)、ニューヨーク・ニックスとデトロイト・ピストンズの間でトレードが成立。デニス・スミスJr.、2021年のドラフト2巡目指名権との交換で、デリック・ローズが古巣ニックスに復帰することとなった。 今季のピストンズはここまで5勝18敗、リーグ最下位に沈んでいる。...
別窓で開く

八村塁が終盤の好守で勝利に貢献!1年目と決定的に「違う」守備の変化とは?〈DUNKSHOOT〉
2月3日(日本時間4日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは敵地アメリカン・エアラインズ・アリーナに乗り込み、マイアミ・ヒート戦に臨んだ。 2日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦に続く2連戦となったこの日、ウィザーズはラッセル・ウエストブルックが休養、ハウル・ネトが脚の付け根の負傷で欠場。...
別窓で開く

「ボストンに戻りたかったけど…」ホーネッツの新エースとなったヘイワードが昨年のFA戦線を回想
昨季終了後、ゴードン・ヘイワードは今季の契約(プレーヤーオプション)を破棄して制限なしフリーエージェント(FA)となり、サイン&トレードで3シーズン所属したボストン・セルティックスからシャーロット・ホーネッツへ移籍した。 契約内容は4年1億2000万ドル(約123億6000万円)。...
別窓で開く

チームは不調も闘将ジミー・バトラーの自信は揺るがず「俺たちは皆が思っているよりもすごいことができる」
昨季6年ぶりにファイナルに進出し、優勝候補の一角として開幕を迎えたマイアミ・ヒートだったが、1月14日(日本時間15日、日付は以下同)のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦に敗れたことで今季の成績は4勝6敗(勝率40.0%)。イースタン・カンファレンス11位と出遅れている。...
別窓で開く

2大エース不在で八村塁が奮闘!ヒート相手に今季最多タイの17得点もウィザーズは…
1月9日(日本時間10日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズはホームのキャピタル・ワン・アリーナでマイアミ・ヒート戦に臨んだ。 8日のボストン・セルティックス戦から一夜明けたこの日、ウィザーズはラッセル・ウエストブルック(平均19.3点、9.7リバウンド、11.3アシスト)が左大腿四頭筋を痛めて...
別窓で開く

バトラーとローズが再びタッグ結成?現地メディアがヒートに元MVP獲得を推奨
昨季、6年ぶりにイースタン・カンファレンスの頂点に立ったマイアミ・ヒート。ファイナルではロサンゼルス・レイカーズに2勝4敗で敗れたものの、ジミー・バトラーを中心に最後までスター軍団を苦しめ、チーム力の高さを見せつけた。 今オフは先発フォワードのジェイ・クラウダーがフェニックス・サンズへ移籍するも、ガ...
別窓で開く

2021年に大物の獲得を狙うヒート。トレードせず“チームに残すべき3人”とは?
マイアミ・ヒートは昨季、パット・ライリー球団社長の下で魅力的なロースターを形成し、6年ぶりにイースタン・カンファレンスを制してNBAファイナルに進出した。...
別窓で開く


[ イースタ バトラ ] の関連キーワード

dunkshoot ボストン ローズ バトラ ジミー
nba