本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【NBA】死闘を制したセルティックスが12年ぶりのファイナル進出!ヒートはバトラーのフル出場も及ばず<DUNKSHOOT>
現地時間5月29日、マイアミ・ヒート(第1シード)対ボストン・セルティックス(第2シード)のイースタン・カンファレンス決勝第7戦が行なわれ、アウェーのセルティックスが100−96で勝利。4勝3敗で12年ぶり22回目のファイナル進出を決めた。 先にセルティックスが王手をかけ、ヒートがタイに戻して迎えた...
別窓で開く

「ドレイモンドは一線を超えた」ヒート第6戦の勝因はグリーンの“うっかり発言”?ハズレムが怒り「実にくだらない」<DUNKSHOOT>
現地時間5月27日に行なわれたマイアミ・ヒートとボストン・セルティックスによるイースタン・カンファレンス・ファイナル第6戦は、ヒートが111−103で競り勝ち、シリーズ戦績を3勝3敗として逆王手をかけた。 この日のヒーローはなんと言ってもジミー・バトラーだろう。「今夜ジミーは負けず嫌いなんだという気...
別窓で開く

「去年の今頃はランニングを始めたところ」苦難を乗り越えファイナルに返り咲いたトンプソンが喜びを爆発「本当に夢のようだ」<DUNKSHOOT>
現地時間5月26日(日本時間27日、日付は以下同)に行なわれたウエスタン・カンファレンス・ファイナル第5戦。ゴールデンステイト・ウォリアーズはダラス・マーベリックスに一度もリードを許さず、120−110で快勝を収めて4勝1敗でシリーズを制した。 2019年以来、3年ぶりのNBAファイナル進出を果たし...
別窓で開く

日本ハム・松本剛、プロ11年目の「遅咲き首位打者」は実現するか。田中幸雄が好調の理由を分析
 帝京高校からプロ入りした11年目の松本剛(日本ハム)が、パ・リーグのバットマンレースを独走している。この遅咲きの首位打者・松本はなぜ今シーズン、突如として覚醒したのか探ってみたい。パ・リーグ首位打者レース独走中の日本ハム・松本剛2017年に打撃10位に入るも... 帝京から日本ハム入団というと、自...
別窓で開く

自身初のファイナル進出へ王手をかけたセルティックスのテイタム「2勝3敗で追い込まれているつもりで戦う」<DUNKSHOOT>
現地時間5月26日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが本拠地チェイス・センターでダラス・マーベリックスを120−110で撃破。ウエスタン・カンファレンス・ファイナルを4勝1敗で制し、2019年以来、3年ぶりにNBAファイナルの舞台に駒を進めた。 今年のチャンピオンを決めるファイナルは6月2日に幕を開...
別窓で開く

初の1stチーム入りしたテイタムがオールNBAチームのルール改正を提案「何かを変える余地はある」<DUNKSHOOT>
現地時間5月24日、NBAは2021−22シーズンのオールNBAチームを発表した。 1stチームから3rdチームまで各5選手ずつ、計15人の精鋭が選ばれたなか、自身初となる1stチーム入りを果たしたのがボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムだ。 キャリア5年目の今季、24歳のフォワードは平均...
別窓で開く

【NBA】敵地で逆転勝利のセルティックスがファイナル進出王手!テイタム&ブラウンが計47得点と躍動<DUNKSHOOT>
現地時間5月25日、マイアミ・ヒート(第1シード)対ボストン・セルティックス(第2シード)のイースタン・カンファレンス決勝第5戦が行なわれ、セルティックスが93−80で勝利。3勝2敗でファイナル進出に大手をかけた。 第4戦まで交互に星を取り合って迎えた第5戦。前半こそ42−37とホームのヒートがリー...
別窓で開く

「令和の牛若丸」身長164センチ、西武・滝澤夏央が秘めた大きな可能性
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、日本球界最少の身長164センチ、埼玉西武ライオンズの高卒ルーキーとして活躍中の滝澤夏央選手にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

「ウォリアーズファンが嫌い」ご意見番バークレーが放言連発!「どっちが勝とうがどうでもいい」<DUNKSHOOT>
現地時間5月22日にダラスで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとダラス・マーベリックスによるウエスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦は、109−100でウォリアーズが制した。 マブズはルカ・ドンチッチが2戦連続の40得点超えとなる40得点に11リバウンド、2ブロック、スペンサー・ディンウ...
別窓で開く