本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



台湾有事の際、中国と台湾在住の日本人をどう救うのか
ジャーナリストの有本香が9月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。海外有事の際の邦人救出について解説した。台湾の蔡英文総統(台湾・台北)=2020年8月12日 EPA=時事 写真提供:時事通信露のウラジオストクで日本の総領事館員が拘束される 〜なぜこのタイミングなのか飯田...
別窓で開く

追い込まれ「破れかぶれ」のプーチン 予備役動員の大統領令に署名
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。露プーチン大統領が署名した予備役を動員する大統領令について解説した。...
別窓で開く

女王の崩御でインドから返還要求が!?イギリス王家に伝わる呪いのダイヤ「コ・イ・ヌール」
8日、イギリスのエリザベス女王が崩御した。世界各国から弔意が寄せられたが、他にも様々な動きがあった。かつてイギリスの植民地であったインドでは、とある有名なダイヤの返還を巡る動きが上がっている。 かつて世界最大のダイヤモンドに数えられ、伝承に残る「最古のダイヤモンド」としても知られるイギリス王室の宝物...
別窓で開く

西島秀俊×斎藤工×三浦友和が考える“男の色気”「困難な状況に立ち向かっている人に色気を感じる」
男の色気とはなんだろうか。それは、わかりやすい見た目や年齢に起因しない、もっと別の何かから醸成されているように思えてならない。9月9日(金) より公開された映画『グッバイ・クルエル・ワールド』に出てくる男たちは、みんな色っぽい。決して甘い恋愛映画ではない。むしろ「Cruel World(残酷な世界)...
別窓で開く

丸山桂里奈、笑顔ショットで本並健治との共通点明かす
元サッカー日本女子代表でタレントとして活躍する丸山桂里奈が1日、オフィシャルブログを更新。“全力笑顔ショット”で昔から褒められるポイントを明かした。この日、「まだ帰ってこないよー」と題してブログを更新した丸山は「ホンナミさーん くしゅん」と寂しそうな様子でつづる一方で、綺麗な歯並びが際立つ全力笑顔シ...
別窓で開く

<1年前のワイドショー> 香取慎吾の予想・希望は実現した? パラリンピック開幕直前に語っていたコト
<1年前のワイドショー> 東京五輪・パラリンピック大会を巡る汚職事件で、今週17日(2022年8月)、組織委の元理事が逮捕されました。そのパラリンピックは、1年前(21年)の8月24日に始まりました。当時は運営側の汚職は知る由もなく、ワイドショーは困難な状況を乗り超えてきたパラアスリートたちの話題を...
別窓で開く

未公開シーン大量投入!『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』にスタローンが込めた良心とは? 生まれ変わった闘いのドラマに泣け!!
『ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV』©︎2021 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.■米ソ冷戦を反映しまくったオリジナル版やっぱりスライは裏切らなかった。年間ベスト級の一作だ。...
別窓で開く

アルカイダ・ザワヒリ容疑者が殺害されても変わらないアフガニスタン 米軍撤退から間もなく1年
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が8月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。バイデン大統領が発表したアルカイダのザワヒリ容疑者殺害について解説した。アフガニスタン東部ジャララバードに入った反政府勢力タリバンの戦闘員ら。...
別窓で開く

「人は撃てません」とロシア兵士の声、独ソ戦勝利の裏にある“後ろ暗さ”…ウクライナ侵攻の「片隅」にあるもの
『この世界の片隅に』とストリートビューで見るウクライナ…77年目の終戦の日と“戦争がある日常” から続く アニメーション映画の監督としてだけでなく、第二次世界大戦期の航空史家としても多数の実績を持つ片渕須直と、東京大学専任講師として、現在のウクライナ情勢について日本有数の知見を持つ小泉悠。...
別窓で開く

米軍の虐殺行為を描く実録サスペンス『キル・チーム』 歪んだ集団心理に支配されたアフガン戦争の悪夢
『キル・チーム』© 2019 Nostromo Pictures SL/The Kill Team AIE/Nublar Production LLC. ALL RIGHTS RESERVED■軍隊という階級社会8月になると、さまざまな「終戦特集」が企画されます。...
別窓で開く