本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【映画ランキング】『THE FIRST SLAM DUNK』V4達成 吉沢亮主演『ブラックナイトパレード』は4位発進!
12月24日〜25日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され『THE FIRST SLAM DUNK』が、週末土日動員30万2000人、興収4億6200万円をあげ、4週連続で1位に輝いた。公開から23日間の累計動員340万人、興収50億円を突破した。 2位も『すずめの戸締まり』が、週末土日動...
別窓で開く

ニュージーランド・ポストが映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の切手と記念硬貨を発表
12月23日、ニュージーランドの郵便事業社であるニュージーランド・ポストが、映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の世界初となる切手と記念硬貨を発行すると発表しました。切手のデザインは6種類。発売日は2023年3月1日が予定されています。1枚から購入可能で、最安値となる1.7ニュージーランドドル...
別窓で開く

『THE FIRST SLAM DUNK』V4!『ブラックナイトパレード』『かがみの孤城』が新たにランクイン【映画動員ランキング】
12月24日、25日の全国映画動員ランキングは、『THE FIRST SLAM DUNK』が首位を守り、4週連続トップに記録を伸ばした。続く公開7週目の『すずめの戸締まり』は2位に、公開2週目の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』も3位につけておりTOP3は先週と変わらず。新作では吉沢亮が主演を務...
別窓で開く

北米ボックスオフィス、『アバター』が首位をキープ
23日から26日にかけての4日間の週末(今年はクリスマスが日曜のため、26日は振替休日)、北米のボックスオフィスでは『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が再びダントツで首位に輝く模様だ。現地時間、日曜日午前段階での4日間の推定興行成績は8,200万ドル。全世界興収は8億5,000万ドルに達した。...
別窓で開く

進化している『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』 は焼き直しじゃない、前作からの“拡大版”
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』©︎2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.大ヒット公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』より、サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバーら主要キャスト陣...
別窓で開く

「身近にある海や水の大切さをあらためて感じて欲しい」『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』への監督の想い
全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(09)。映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注いだシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が全国大ヒット公開中です。...
別窓で開く

『SPY×FAMILY』のミュージカルも! 2023年の“エンタメ”がアツい理由
来たる2023年、どんなモノが流行り、誰が熱狂を攫うのか。注目のトピックを識者にヒアリングしました。ここでは、エンタメのNEXTに注目します。映画やドラマなど、映像エンタメのNEXTも気になるところ。2023年のラインナップの発表が相次ぐなか、次なる注目は?「海外、国内ともに言えることですが、近年シ...
別窓で開く

テーマパーク&超高層複合施設も続々オープン! 2023年注目のお出かけスポット
2023年の大きな流れをキャッチ! 注目のトピックを識者にヒアリングしました。2022年に起きた変化といえば、コロナ禍での行動規制がようやくなくなり、外国人観光客の受け入れが再開。街に活気が戻ってきたと感じている人も少なくないはず。その流れから見えてくる、2023年の消費動向とは?「まずは対面でのイ...
別窓で開く

『アバター2』世界興収、6億ドルを突破
先週金曜日に全世界同時公開となった『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の世界興行収入が、アメリカ時間12月22日(木)午前の段階で6億ドルを突破した。欧米では家族が集まる日であるクリスマスイブとクリスマス当日が土日に当たるため、この週末の売り上げは大きく期待できないが、多くの人が休みとなる来週は、...
別窓で開く

『アバター:WoW』続編を一気に撮影した理由 “ストレンジャー・シングス・エフェクト”とは
今なお世界興行収入第1位を誇る『アバター』。13年ぶりの続編『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が公開されたばかりだが、すでに3作目は撮影も終わっているという。この影に『ストレンジャー・シングス』の影響があったことをキャメロン監督が明かした。...
別窓で開く