本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



怪人「キラー・クラウン」が子犬を盗む!?都市伝説にかこつけた犯罪が海外で増加傾向
海外の都市伝説に、「キラー・クラウン」ないしは「ファントム・クラウン」と呼ばれるピエロにまつわる都市伝説が存在している。 カラフルなピエロの衣装に身を包み、フレンドリーな笑顔とひょうきんな動きで一見楽しげなキャラクターを装っているが、近づいてきた子どもをさらい、隠し持ったナイフで殺してしまうというも...
別窓で開く

おうちごはんがもっと楽しくなるキッチン雑貨10選【部屋と趣味が充実する傑作買い得モノ】
【部屋と趣味が充実する傑作買い得モノ】気分が上がるデザイン性、店舗のような味が楽しめる機能性などを追求して、日々進化し続けるキッチン雑貨。お家ごはんがもっと楽しくなるアイテムを、渋谷ロフトでチョイス。自分へのご褒美にもオススメだ!渋谷ロフト 高橋康裕さん本部バイヤーなどを経て渋谷ロフトの商品担当を務...
別窓で開く

新たな恋愛の形?AIのガールフレンドと恋に落ちたおかげで「結婚生活を救われた」と主張する男性
近年注目を集めている分野に、仮想現実や仮想空間(メタバース)というものがある。コンピュータやネットワークの中に構築された仮想空間上でのサービスや交流を指すもので、これらの技術や仕組み自体はかなり前から存在していたが、近年では技術や表現力などの向上により、敷居も低くなり多くの人が触れやすいものになって...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻、舞台は宇宙にまで広がっている?
2月24日、ロシアはウクライナに対する軍事侵攻を開始。ウクライナ各地で双方の軍による戦闘が続いている。                    26日には首都キエフをはじめ各地に攻撃が加えられ、28日に...
別窓で開く

ロボットがノリノリでダンス ボストンつながりで実現したサミュエル・アダムズとボストン・ダイナミクスのコラボCM
アメリカのビール会社、ボストン・ビール(Boston Beer Company)の看板ブランドであるサミュエル・アダムズ(Samuel Adams)と、ボストン・ダイナミクスのロボットがボストンつながりでコラボしたCMが公開されています。...
別窓で開く

2022年はUFOのターニングポイントとなるか? 海外の専門家が言及
世界初のUFO目撃事件とされるケネス・アーノルド事件や、ニューメキシコ州の砂漠にUFOが墜落したとされるロズウェル事件から74年が経過する。 UFOに関する事件が発生すると最初は政府や軍による調査が行われるものの、最終的には調査結果が公表されないまま全てが闇に葬られる。その結果、政府や軍の関与が疑わ...
別窓で開く

直径1キロの小惑星 19日に地球最接近  衝突の可能性を含む地球近傍天体(NEO)とは
 アメリカ航空宇宙局(NASA)は11日、直径1000メートルの小惑星が日本時間19日午前6時51分に地球に最接近すると発表した。 ?>>世界中に拡大するトンデモ説「地球平面論」を信じる人々<<??? 問題の小惑星は、1994年に発見された「7482」。...
別窓で開く

本物か、それとも偽物か 論争を巻き起こした1950年に撮影されたマクミンビルのUFO写真
 有名なUFO写真はいくつか存在するが、1950年にアメリカ・オレゴン州にある農場で撮影された「空飛ぶ円盤」を捉えたとされる画像もその一つだ。 ?>>NASA、地球外生命体との遭遇に備えるために神父を雇用<<??? 1959年5月11日午後7時30分、オレゴン州マクミンビル近...
別窓で開く

「もう一度飛びたがってる!」 エンジンなし退役済のジャンボ機が”離陸”? その様子
理由はわかるものの、だとしても泣けます…!まるで”離陸”するときのよう 役目を終えた旅客機は、その後パーツを取り払われ”野ざらし”で保管されることは決して珍しいことではありません。このようななか、1機の飛行機が偶然起こした挙動が、SNS上で映像で公開され、世界の一部航空ファンのあいだで話題となってい...
別窓で開く

ボーイングが振り返る「ジャンボジェット」最終タイプの歴史とは 「747-8F」納入100機到達!
やっぱりデカくて華がある!100機目はUPS航空へ アメリカの航空機メーカー、ボーイング社の公式Twitterが、「ジャンボジェット」の愛称を持つ、ボーイング747-8F(Fは貨物型を示す「フレイター」の略)貨物機の100機目を、アメリカの貨物航空会社であるUPS航空へ納入したと、2021年10月に...
別窓で開く


[ アトラス アメリカ ] の関連キーワード

ウクライナ ボーイング サミュエル クラウン ジャンボ
ボストン ロシア ufo neo