本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年はUFOのターニングポイントとなるか? 海外の専門家が言及
世界初のUFO目撃事件とされるケネス・アーノルド事件や、ニューメキシコ州の砂漠にUFOが墜落したとされるロズウェル事件から74年が経過する。 UFOに関する事件が発生すると最初は政府や軍による調査が行われるものの、最終的には調査結果が公表されないまま全てが闇に葬られる。その結果、政府や軍の関与が疑わ...
別窓で開く

巨大なエイリアンのトラクター・ビーム!?トルコの山頂に3時間にわたって出現した光の柱
上空に円盤が飛来し、下にいる人に向けてまばゆいビームを照射する、というのはUFOが出てくる作品でよく見る光景だ。その光によって人や牛がUFOに吸い込まれるとか、逆に光の中から宇宙人が降りてくるという展開もある。光に引かれているように見えるためトラクタービームと呼ばれることもある。...
別窓で開く

サンマリノ共和国が世界的なUFO国家になることを推進中?驚きの「ティターノ・プロジェクト」とは
 イタリア北東部に位置するサンマリノ共和国が、世界的にも珍しいUFO国家になろうとしているのでは、と話題になっている。 >>パイロットによるUFOの目撃報告を「政府が無視」?カナダの元パイロットが証言<< 世界で5番目に面積が小さな国であるサンマリノ共和国。...
別窓で開く

直径1キロの小惑星 19日に地球最接近  衝突の可能性を含む地球近傍天体(NEO)とは
 アメリカ航空宇宙局(NASA)は11日、直径1000メートルの小惑星が日本時間19日午前6時51分に地球に最接近すると発表した。 ?>>世界中に拡大するトンデモ説「地球平面論」を信じる人々<<??? 問題の小惑星は、1994年に発見された「7482」。...
別窓で開く

 大昔、われわれの住む大地は平らであり、星が動くのは空の方が回っているからだと考えられていた。しかし現代では天文学の進歩や観測で否定され、今われわれが立っているのは地球という丸い天体の上であることは常識となっている。...
別窓で開く

本物か、それとも偽物か 論争を巻き起こした1950年に撮影されたマクミンビルのUFO写真
 有名なUFO写真はいくつか存在するが、1950年にアメリカ・オレゴン州にある農場で撮影された「空飛ぶ円盤」を捉えたとされる画像もその一つだ。 ?>>NASA、地球外生命体との遭遇に備えるために神父を雇用<<??? 1959年5月11日午後7時30分、オレゴン州マクミンビル近...
別窓で開く

年末にアメリカのテキサス上空に降った「魚の雨」!?世界中で確認されるファフロツキーズ現象
 昨年、クリスマスが過ぎて新年を迎えようという頃、アメリカのテキサス州で奇妙な事件が発生していた。 >>1700年たっても固まらない?聖ヤヌアリウスの血、12月に2年ぶり液化<< 29日の水曜日、テキサス州東部のボウイ郡東部に位置するテクサーカナの町を雷雨が襲った。...
別窓で開く

「もう一度飛びたがってる!」 エンジンなし退役済のジャンボ機が”離陸”? その様子
理由はわかるものの、だとしても泣けます…!まるで”離陸”するときのよう 役目を終えた旅客機は、その後パーツを取り払われ”野ざらし”で保管されることは決して珍しいことではありません。このようななか、1機の飛行機が偶然起こした挙動が、SNS上で映像で公開され、世界の一部航空ファンのあいだで話題となってい...
別窓で開く

NASA、地球外生命体との遭遇に備えるために神父を雇用
 NASAのスタッフに神父がいると知ったら驚くだろうか? 神父であり、神学者であり、科学者であるアンドリュー・デイヴィソン牧師は、その専門知識だけでなく驚くべき理由でNASAに勤めている。宇宙飛行士のためではなく、なんと宇宙人との遭遇に備えるためだというのだ。...
別窓で開く

さらに気候変動が激しくなり、宇宙軍が実働!?ババ・ヴァンガによる2022年の予言
 人は誰しも、未来に起きることをあらかじめ知ることはできない。しかし、中には神からのお告げや夢、占いで未来を知ることのできる人が存在する。予言者と呼ばれる人々だ。 >>世界初の「パックマン」型生体ロボット 癌やプラスチック汚染の解決の鍵となるか<< 2021年はTikTokを...
別窓で開く


[ アトラス ] の関連キーワード

サンマリノ ヴァンガ アメリカ テキサス nasa
neo ufo トルコ