本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大成功収めた『アダムス・ファミリー』、実は初監督作 抜擢された監督の配慮と覚悟が深い
金曜ロードショーの視聴者リクエスト枠で久々の地上波放送となる名作ホラーコメディ『アダムス・ファミリー』(1991)。昨年、製作30周年を迎えた本作の監督は、『メン・イン・ブラック』シリーズを手掛けた娯楽派バリー・ソネンフェルドだが、実はこれが監督デビュー作。...
別窓で開く

今夜放送“リクエスト”金ロー、『アダムス・ファミリー』放送 こがけんが見どころを解説
ホラーコメディー映画『アダムス・ファミリー』が、今夜9月30日21時から『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて放送される。映画大好き芸人こがけんが、30年以上たっても色あせない本作の見どころを、同日20時54分放送の『まもなく金曜ロードショー』(日本テレビ)で紹介する。 こがけんは「この作品の魅力...
別窓で開く

「明確なやり方があった」万全のシミュレーションとプランニング。密なコミュニケーション。有意義なアメリカ戦。“W杯仕様”への準備は着々と
[キリンチャレンジカップ]日本2−0アメリカ/9月23日/デュッセルドルフ・アレーナ アメリカ戦は「良い守備から良い攻撃」というコンセプトが、そのまま発揮された試合だった。 鎌田大地をトップ下に置く4−2−3−1の狙いは攻守両面であったと考えられるが、アメリカに対して守備の狙いが明確だったことで、基...
別窓で開く

「組み立てよりもフィニッシャー」アメリカ戦で先制弾の鎌田大地が語る自身の役割。“危険なポジション”に入っていけるワケは?
 日本代表は9月23日、キリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで対戦した。  日本は25分にショートカウンターから鎌田大地が先取点をマークすると、途中出場の三笘薫が88分に十八番のドリブルから追加点を奪い、2−0で勝利。...
別窓で開く

それでも不安な森保采配。プレスが機能しない時間帯になぜシステムを修正しなかったのか【コラム】
 2022年9月23日、日本代表がドイツのデュッセルドルフでアメリカ代表との親善試合に臨んだ。結果は2-0の完勝。相変わらずセットプレーに希望の光は見えないが、それなりに手応えを掴めた試合だった。 何より素晴らしかったのが前半だ。...
別窓で開く

日本代表がアメリカ代表に2発快勝! 先制点の鎌田大地が躍動、三笘薫がトドメの追加点
「キリンチャレンジカップ2022」が23日に行われ、日本代表とアメリカ代表が対戦した。 11月に開幕するFIFAワールドカップカタール2022本番までに予定されている3つの強化試合の1試合目。同じくW杯に出場するFIFAランク14位のアメリカ代表とドイツ・デュッセルドルフで相まみえた。...
別窓で開く

アメリカ代表が日本戦のスタメン発表! レイナやデストら先発、プリシッチはベンチ外
アメリカ代表は23日、同日に行われる「キリンチャレンジカップ2022」日本代表戦のスターティングメンバーを発表した。 11月に開幕するFIFAワールドカップカタール2022では、ウェールズ代表、イングランド代表、イラン代表と対戦するFIFAランク14位のアメリカ代表。9月のシリーズでは日本代表戦のほ...
別窓で開く

『「左ききのエレン」が教えてくれる「あなたらしさ」』刊行記念対談 辻秀一(スポーツドクター)×かっぴー(漫画家)
「少年ジャンプ+」で連載中の漫画『左ききのエレン』(かっぴー・原作、nifuni・画)。広告業界やアート界で働く人物の苦悩をリアルに描いた群像劇だ。なぜ『左ききのエレン』で描かれている葛藤は多くの人の心に刺さるのか?この漫画を題材に、スポーツドクターの視点から人生について深く考えた書籍『「左ききのエ...
別窓で開く

アメリカ代表のメンバーが発表! 当初から3名変更…23日に日本代表と対戦
日本サッカー協会(JFA)は22日、翌23日に『キリンチャレンジカップ2022』で日本代表と対戦するアメリカ代表のメンバー26名を発表した。 14日にアメリカサッカー連盟(USSF)より発表された26名のメンバーからは3名が変更。...
別窓で開く