本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国最高裁に孔子像があった—「どうして?」の声に米国人専門家が答える
中国では、同国政府外交部(中国外務省)で長らく報道官を務めてきた華春瑩次官補による最近のツイッターへの投稿が、ちょっとした話題になった。彼女は米国最高裁の建物の、日本風に言うならば破風の部分に中国、ユダヤ、ギリシャの古代聖人3人、すなわち孔子、モーゼ、ソロンの彫像があると紹介し、彫像は米国の「多様性...
別窓で開く

ホラー好き家族のハロウィンは総額64万円 「リアルなアダムス・ファミリー」と評判
毎年盛大にハロウィンを祝い、ホラー映画『アダムス・ファミリー』の登場人物たちとそっくりに仮装する家族が、『Mirror』や『Metro』などの海外メディアに取り上げられ、話題を集めた。【動画】アダムス・ファミリーにそっくりな家族■4ヶ月前からハロウィン準備イギリス・サリー州に住むサラ・アダムスさんは...
別窓で開く

ティム・バートンが描く『アダムス・ファミリー』の長女“ウェンズデー”の物語 特別映像解禁
鬼才ティム・バートン監督が、『アダムス・ファミリー』の長女ウェンズデーを主人公に迎えて描く実写ドラマシリーズ『ウェンズデー』が、11月23日よりNetflixにて独占配信されることが決定。バートン監督やウェンズデー役のジェナ・オルテガらのインタビューを、本編映像やメイキングを交えながら収めた特別映像...
別窓で開く

『アダムス・ファミリー』知られざる“100年の物語”〈ぶっ飛んだ伝説のシーン、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあの人…〉
 いま再び『アダムス・ファミリー』が熱い! 「金曜ロードショー」(日本テレビ系)では視聴者リクエストで人気を集めた作品として、2022年9月30日に『アダムス・ファミリー』(1991年)、10月7日に『アダムス・ファミリー2』(1993年)が続いて地上波放映。この2本のハリウッド映画は、約30年経っ...
別窓で開く

明日放送“リクエスト”金ロー、『アダムス・ファミリー2』放送 こがけん「初見でも十分楽しめる作品」
映画『アダムス・ファミリー2』が、あす10月7日21時から『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて放送される。映画大好き芸人こがけんが、本作の見どころを紹介する。...
別窓で開く

音楽・ファッション・カルチャーが感性を刺激する『PARCO音楽映画祭』開催決定 配信でも観ることが出来ない貴重な作品も
11月3日(木・祝) より渋谷シネクイントにて『PARCO音楽映画祭』が開催されることが発表された。『PARCO音楽映画祭』は、パルコの視点でセレクトした音楽映画を特集上映する企画。時代の中で再評価される作品を掘り起こし、感性のある若い世代にも伝えたい音楽映画をテーマに、音楽以外のエンタテインメント...
別窓で開く

金ロー『アダムス・ファミリー』だけじゃない! 超豪華作品ラインナップに歓喜
アンジェリカ・ヒューストン (C)s_bukley / Shutterstock動画配信サービスなどの影響で、加速の一途を辿っていると言われている、日本人のテレビ離れ。しかし、9月30日の金曜日は、テレビ局の逆襲と言わんばかりの強力なラインナップとなっており、ネット上で大きな話題を呼んでいた。...
別窓で開く

電気代の支払いをめぐり家庭内で殺人事件 「離婚同居」を続けた末の悲劇
何らかの理由により、離婚するも別居に至ることが難しい夫婦がいる。最近増えているといわれる「離婚同居」だが、そうと決意した場合には、きちっとしたルールづくりが必要だろう。アメリカ・フロリダ州では、それを怠ったことで思わぬ殺人事件が起きたようだ。『The National Desk』『News Obse...
別窓で開く

みきママ、娘の友だちに振る舞ったハロウィン風の料理「全然驚きませんでした」
おうち料理研究家のみきママが9月30日に自身のアメブロを更新。娘の友だちに振る舞ったハロウィン風の料理を公開した。この日、みきママは「毎週金曜日は映画をみながら好きなものを食べようパーティーです!!」と述べ「今夜は金曜ロードショーが『アダムズファミリー』なのでハロウィン風にしました!!」(原文ママ)...
別窓で開く

『アダムス・ファミリー』ウェンズデー役でブレイク! クリスティーナ・リッチの現在
世にも奇妙でブキミな一家、アダムス一家の騒動を描く『アダムス・ファミリー』(1991)で娘のウェンズデーを演じ、大ブレイクしたクリスティーナ・リッチ。当時10歳だったクリスティーナは、現在42歳。子役としてデビューした彼女だが、今年のエミー賞にノミネートされるなど、今でも映画にドラマに大活躍中だ。...
別窓で開く


[ アダムス ] の関連キーワード

parco フューチャ ウェンズデ ティム 最高裁