本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「メジャー史上最高の成績だ!」NY紙が大谷翔平に畏敬の念。投打で“異次元すぎる”今季を脚光「史上最も注目に値する個人シーズン」
異次元のシーズンを送った偉才のパフォーマンスが脚光を浴びている。 現地10月1日、アメリカン・リーグの今季レギュラーシーズンが終了した。個人タイトルが確定し、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が日本人初のホームラン王を獲得。メジャー6年目にして、自身初の打撃タイトルを獲得した。 大谷は右脇腹の負...
別窓で開く

「ショータイムだ!」右肘手術後、初登場の大谷翔平に本拠地から大歓声! 3年連続チームMVPに元MLB投手が反応
久々の登場に本拠地ファンから大歓声だ。 現地9月30日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地でオークランド・アスレティックス戦前に行なわれたチームMVPの表彰セレモニーに出席。怪我の影響でひと足早く今季を終えているが、今シーズンも投打で圧巻のパフォーマンスを披露した偉才は、3年連続でチーム...
別窓で開く

「きわめて重要な選手だ」菊池雄星をブルージェイズ専門メディアがベタ褒め!「今季最高のストーリーのひとつ」
現地9月29日、トロント・ブルージェイズの菊池雄星はタンパベイ・レイズ戦に先発して11勝目を挙げた。地元の専門メディア『BlueJaysNation』は翌30日、菊地の2023年について「今シーズン最高のストーリーのひとつだった」と振り返った。...
別窓で開く

アスレティックスで「史上最悪の契約」と非難された藤浪晋太郎。地区Vオリオールズ番記者が爆笑した「飲み込みが早い」エピソードとは?
いったい誰が、こんなサクセスストーリーを想像できただろうか。 現地9月28日、ボルティモア・オリオールズがボストン・レッドソックスと対峙し、2対0で完封勝ち。今季100勝目を飾り、9年ぶりとなるア・リーグ東地区優勝を決めた。藤浪晋太郎は登板機会がなかったが、メジャー1年目でシャンパンファイトに酔いし...
別窓で開く

大谷翔平、藤浪晋太郎、そして鈴木誠也??1994年生まれの3人は試練を乗り越え、ただひた向きに前へ前へと進み続ける<SLUGGER>
「翔平と藤浪っていうのは、僕の世代の中でもずっとトップを走ってきた人たちだったんで、僕もそこに負けないように何とか頑張りたいなと思います」——鈴木誠也(9月19日、日本人の右打者で歴代最多の同一シーズン19本塁打を記録した夜)「先が見えなくなって不安になることもある」もがき苦しみながら、鈴木誠也は1...
別窓で開く

「接戦でのフジナミは心配では?」わずか12球降板…大乱調の藤浪晋太郎に地元メディア辛辣! 指揮官からも注文「ストライクゾーンではいいんだが」
再びシビアな評価が並んでいる。 ボルティモア・オリオールズの藤浪晋太郎が現地9月20日、敵地でのヒューストン・アストロズ戦に1点リードの8回から3番手で登板するも、12球中10球がボール球という大乱調。結局1アウトしか取れずマウンドを降りた。...
別窓で開く

「非難すべき点は山ほどある!」エ軍専門メディアが今季の低迷に見解。GM、オーナーの責任を問う言葉も「彼が打った手は惨憺たるものだ」
今シーズン、トレード期限に多くの選手を獲得し、プレーオフ進出を目指したロサンゼルス・エンジェルス。しかし、現状はすでにワイルドカード争いからも大きく後退し、その目標は遠くかすむ状況となっている。 目に余る結果が続いた8月以降の失速など、今季の低迷について、米エンジェルス専門メディア『halohang...
別窓で開く

「なぜこんなチームでプレーしてる?」大谷翔平、2度目の『40本塁打&20盗塁』達成も”最弱”ア軍に屈辱スイープされてLA記者落胆!
メジャーで異彩を放つ”ユニコーン”が、偉大なレジェンドたちと肩を並べた。 現地9月3日、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)はオークランド・アスレティックス戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回に四球で出塁すると、今季20個目の盗塁を決めて、メジャー2度目の「40本塁打&2...
別窓で開く

「オオタニ獲得に動く候補球団」NY紙の敏腕記者が大谷翔平の今オフ去就を大胆予想! エ軍残留の可能性はやはりゼロ?
今季終了後、フリーエージェントを迎える大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の周辺がいよいよ騒がしくなってきたようだ。 ロサンゼルス・エンジェルスは現地9月3日、敵地でオークランド・アスレティックスと対戦し、6対10で完敗。チームの低迷と歩調を合わせるかのように、大谷自身も2戦連続ノーヒットで、ホー...
別窓で開く

大谷翔平は2戦連続ノーヒットで10戦連続快音なし。”メジャー最低勝率”ア軍に屈辱スイープを喫し今季ワースト借金「9」
ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地9月3日、敵地でのオークランド・アスレティックス戦に「2番・指名打者」でスタメン出場するも3打数無安打、2四球に終わり、2戦連続のノーヒット。チームも終盤に逆転され、メジャー30球団で最低勝率の相手に屈辱のスイープ(3連敗)を喫した。 大谷の第1打席は四球。...
別窓で開く


[ アスレティックス ] の関連キーワード

slugger オリオールズ オオタニ