本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



最下位チームが“時間を殺す”意図を正確に捉えるべきだった。ターンオーバーなど全く問題ではない。メンバー変更は当然【W杯】
[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0−1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム スペインに0−7でボロ負けしたコスタリカは、勝たなければならないから、アグレッシブに前へ出てくるはず。日本はその裏を突ければいい——。 誰だ? そんなことを言っていたのは? ...
別窓で開く

ガンバレルーヤとKawaguchi Yurinaがコラボ 配信シングル「Cheeky Cheeky」リリース決定
お笑いコンビのガンバレルーヤ(よしこ / まひる)とアーティスト・モデルとして活動する川口ゆりなのユニットKawaguchi Yurina × ガンバレルーヤ(ヨミ:カワグチユリナ・バイ・ガンバレルーヤ)のデジタルシングル「Cheeky Cheeky」(ヨミ:チーキーチーキー)が、2023年2月6日...
別窓で開く

“ドンチッチ頼み”が顕著なマーベリックス。自身が31得点以下の試合で6戦全敗のチーム状況に「もっとアグレッシブにいかなきゃ」と警鐘<DUNKSHOOT>
現地時間11月26日、ダラス・マーベリックスは敵地スコシアバンク・アリーナでトロント・ラプターズと対戦。100−105で敗れ、3連敗を喫した。「彼はやるべきことをやっていた。彼には2人もついていたからね。そこで成熟した姿を見せていた。彼はダブルチームを受け入れて対応していたよ」 試合後、ジェイソン・...
別窓で開く

鎌田大地が冴えなかった理由を自己分析。超強気な男が意外にも「国を背負う」プレッシャーを口にした
激闘来たる!カタールW杯特集 敗れたコスタリカ戦、トップ下でプレーした鎌田大地のプレーは冴えなかった。 細かいミスがあっただけでなく、得点機もあった。後半43分には三笘薫の折り返しに合わせたが、ゴール前の混戦で押し込みきれなかった。「まあ、僕個人もそうだし、チームとしてもやっぱりイージーなミスが多か...
別窓で開く

スペインと引き分けなら「進出」どうなる? 「複雑すぎて目がくらっと...」(倉田大誠アナ)
ワールドカップ・グループEは、27日(2022年11月)に日本がコスタリカに1−0で敗れ、ドイツとスペインが1−1と引き分けたことで、大混戦となっている。現在の順位は、1位が勝ち点4のスペイン、2位は勝ち点3の日本、3位が日本と同じ勝ち点3だが、得失点差で劣るコスタリカ、4位が勝ち点1のドイツ。...
別窓で開く

なぜ鎌田大地はコスタリカ戦で「イージーなミスが多かった」のか? 「疲労はなかった。パフォーマンスとは関係ない」【W杯】
 日本代表は11月27日、カタール・ワールドカップ(W杯)の第2節でコスタリカ代表と対戦した。  初戦でドイツに勝利して世界を驚かせた日本だったが、コスタリカ戦は相手の強固な守備網に苦戦した。5−4−1の分厚いブロックを崩せないまま時間が進むと、81分に隙を突かれて痛恨の失点。...
別窓で開く

【元W杯戦士・名良橋晃の採点&寸評|コスタリカ戦】鎌田や吉田らは「5」。唯一、違いを作れた選手は高評価。右SBの山根はもっと大胆に!
【日本代表総評】5「4バックでスタートし、前半途中から3バックに変更。交代カードを切り、なんとか相手の守備を打開しようとする狙いは感じました。でも攻撃が単調で、自陣に引いた敵を崩し切れない。永遠の課題がまた出てしまった」<先発出場>GK12 権田修一 5.5「ピンチらしいピンチは少なく、ワンチャンス...
別窓で開く

コスタリカ 唯一の枠内シュート決めた 初戦0—7大敗から立て直し成功
 ◇FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組 コスタリカ1—0日本(2022年11月27日 A・ビン・アリ競技場) コスタリカは終盤にゴールを奪い、今大会初勝利を挙げた。0—7で敗れた23日のスペイン戦から先発2人を入れ替え、序盤から5バックで守備を意識。...
別窓で開く

「ゴールに結びつけられないと意味がない」と悔やむ三笘薫。コスタリカ戦の戦術については「もっと自分たちからアクションを起こしてもいい」【W杯】
[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0-1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム  痛恨の黒星で、グループリーグ突破に暗雲が立ち込めた。  コスタリカ戦、日本はほとんどの時間帯でボールを支配したが、相手の堅守を崩せず。前半を0−0で終え...
別窓で開く

コスタリカ戦不発の鎌田大地「僕個人もチームもイージーミスが多かった」
日本代表MF鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)が、27日に行われたFIFAワールドカップ・グループE第2節コスタリカ戦を振り返った。 5−4−1でブロックを敷いた相手に攻めあぐね、81分にワンチャンスをモノにされて0−1で敗れた。フル出場した鎌田は「僕個人もそうだし、チームとしてもすごいイージーなミ...
別窓で開く