本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



巨人・松原は3100万円で更改 来季は背番号59で再出発「気持ち新たに」
 巨人・松原が東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、900万円ダウンの年俸3100万円でサイン。今季は背番号9を背負ったが50試合で打率・113に終わり、不本意な1年となった。来季は育成選手から支配下選手になった際に背負った「59」で再出発を切る。「気持ちを新たに、もう一回、アグレッシブにや...
別窓で開く

“優勝候補”イングランドが足踏み…若きアメリカに苦戦、スコアレスドロー
FIFAワールドカップカタール2022・グループB第2節が25日に行われ、イングランド代表とアメリカ代表が対戦した。 56年ぶり2度目の優勝に期待がかかるイングランド代表は、21日に行われた第1節イラン代表戦で圧巻のゴールショーを披露。ジュード・ベリンガムのゴールを皮切りに大量6ゴールを挙げ、6−2...
別窓で開く

バルベルデの“ガッツポーズ”に韓国メディアが非難! 「物議を醸した過去がある」と5年前のつり目ジェスチャーも話題に【W杯】
連日のように激闘が繰り広げられているカタール・ワールドカップ(W杯)。この至高の舞台で才能豊かな24歳が見せた“パフォーマンス”は、予期せぬ批判の対象となった。 事の発端となったのは、現地時間11月24日、カタールW杯のグループステージ初戦、韓国代表とウルグアイ代表の一戦での...
別窓で開く

セネガル代表が3発で今大会初勝利! 開催国カタールは2連敗で崖っぷち
FIFAワールドカップカタール2022・グループA第2節が25日に行われ、カタール代表とセネガル代表が対戦した。 ともに初戦黒星スタートとなり、後がないチーム同士の対戦。お互いにゴールを目指すアグレッシブな姿勢を見せるなか、前半終盤にセネガル代表が先制する。左サイドからゴールに向かうクロスが送られる...
別窓で開く

久保建英がコスタリカ戦の展開を予想「相手は最初から前に出てくると思うので…」
日本代表MF久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)が、25日にメディア対応を行った。 27日に控えるコスタリカ代表戦に向けて準備を進める日本代表。コスタリカ代表は初戦、スペイン代表に0−7の完敗を喫したことで後がなくなり、開始からアグレッシブに向かってくることが予想されている。久保も「相手が後がない...
別窓で開く

「板倉は最も信頼できる存在」海外記者がドイツ戦に出場した森保ジャパン全16選手を独自採点!「遠藤はこの日も遠藤だった」【W杯】
 現地時間11月23日、日本代表はカタール・ワールドカップ初戦でドイツ代表と対戦。前半にPKで先制を許すも、後半に堂安律と浅野拓磨のゴールで見事な逆転勝利を飾った。 W杯優勝経験国に大金星。オーストラリア・アデレード出身で、現在サッカーダイジェスト海外編集部員のスティーブン・トムソン記者が、ドイツ戦...
別窓で開く

明大 最多7度目V 中日ドラ2・村松“ブラボー”長友ばり美技で締めた
 ◇明治神宮野球大会 大学の部 決勝 明大1−0国学院大(2022年11月24日 神宮) 高校、大学で決勝が行われた。大学の部では明大(東京六大学)が国学院大(東都大学)を1—0で破り6年ぶり、史上最多となる7度目の優勝。中日からドラフト2位指名を受けた村松開人内野手(4年)は有終の美を飾った。...
別窓で開く

「別格やな」イ・ガンインに渾身タックル→力強いガッツポーズ! 気迫に満ちたウルグアイMFバルベルデに脚光!「まじでカッコイイ」【W杯】
 才能豊かな24歳のパフォーマンスが脚光を浴びている。 ウルグアイ代表は現地時間11月24日、カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で韓国代表と対戦し、0−0の引き分けに終わった。 勝点3を掴むことはできなかったが、この試合で際立つプレーを見せたのが、フェデリコ・バルベルデだ。...
別窓で開く

森保監督が語るドイツ戦金星の要因 3バックは「練習の中ではやってません」 散水の水直撃には苦笑い
 日本代表は大金星となったFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ初戦ドイツ戦から一夜明けた24日、ドーハ市内で第2戦コスタリカ戦(27日)に向けた練習を行った。 練習開始前には見事な手腕で勝ち点3を獲得した森保一監督(54)が報道陣に対応した。その際に、ピッチに水を巻くスプリンクラーの...
別窓で開く

【橋本英郎】逆転劇への転機はVARで取り消された2失点目! 日本はリスクを冒し、ドイツはリスペクトを欠如させた【W杯】
 勝利! 初戦の緊張感ある試合の中、一番大事な結果を出してくれました! ドイツ戦のポイントは3つ+1つ。メンタル面も加えて書きたいと思います。 まずは勝因となったゲームのポイントをお伝えします。①前半の入りの悪さ②フォーメーションの不一致③戦術の変更+①リスクを冒す勇気 になります。...
別窓で開く