本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



現役の弁護士が『R-1グランプリ』で1回戦突破! 東京弁護士会所属の藤元達弥さん
一人芸でのおもしろさを競う『R-1グランプリ』。今まで、ゆりやんレトリィバァさん、『霜降り明星』の粗品さん、アキラ100%さん、ハリウッドザコシショウさんなどの人気者が優勝してきた、歴史ある大会だ。弁護士が『R-1グランプリ』の1回戦を通過『R-1グランプリ』は2023年の優勝者を決めるべく予選が開...
別窓で開く

「サウナはもう古い!」錦鯉渡辺&きつね&かが屋が推奨する健康法とは?
1月11日の『有吉の壁 雪国の壁を越えろ!2時間SP』(日本テレビ系、毎週水曜19:00〜)は、「一般人の壁を越えろ!おもしろスキー場の人選手権」「一瞬の壁を越えろ!おもしろい人とすれ違うリフト」「ごちそうの壁を越えろ!新春キャラ芸福袋!」「温泉の壁を越えろ!おもしろ即答選手権」と題し放送、及び民放...
別窓で開く

『月刊サンデーGX』の人気作『ゾン100』、23年7月TVアニメ化決定 ティザービジュアル&PV第1弾解禁
麻生羽呂・高田康太郎による漫画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』がテレビアニメ化され、7月に放送されることが決定。併せてティザービジュアルとPV第1弾が解禁された。 原作漫画は「月刊サンデーGX」(小学館)にて連載中。Netflixで実写化も決定している。 入社3年目のブラック企...
別窓で開く

柳楽優弥、吉岡里帆が絶賛 『ガンニバル』表情と言葉を失った難役を熱演した次世代天才子役に注目
『ガンニバル』© 2022 Disneyディズニープラス「スター」の日本発オリジナルシリーズ『ガンニバル』が12月28日(水)より全世界独占配信中。明日、1月4日(水)に第3話が配信となる本作から、柳楽優弥や吉岡里帆ら日本を代表する俳優陣と堂々共演した天才子役、志水心音が見せる“表情”に注...
別窓で開く

菅田将暉、神木隆之介、竹内涼真etc…今年30歳を迎える俳優が黄金世代すぎる!【男性編】
2023年に30歳を迎える1993年生まれの俳優は、その層の厚さや豪華さからまさに黄金世代と呼ぶにふさわしい面々がずらり。ここでは今年30歳を迎え、さらなる飛躍が期待される1993年生まれの俳優たちの近年の活躍や今後の待機作をまとめてみた。◆菅田将暉/2月21日生まれ 俳優だけではなく歌手としてもヒ...
別窓で開く

<2023年・年男>神尾楓珠・永瀬廉・川西拓実・高塚大夢・藤牧京介…“卯年イケメン”の活躍に目が離せない
【モデルプレス=2023/01/01】2023年、今年の干支は“卯(うさぎ)”。卯年の芸能人の中には、今年活躍が期待されるイケメンたちが勢揃い。ここでは、年男を迎える男性芸能人を一挙に紹介していく。◆神尾楓珠神尾楓珠は、1999年1月21日生まれ。もともと芸能界に興味があり、高校のサッカー部を退部し...
別窓で開く

TikTok発の主婦芸人は爪痕残せるか? 若手の登竜門『おもしろ荘』、今年の注目芸人は
12月31日深夜に『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の恒例番組「おもしろ荘」が今年も放送される。過去には小島よしお、ブルゾンちえみ、ひょっこりはんなどがこの番組からブレークした。キャラクターの強い芸人が好まれる傾向にある。審査員を務めるのはナインティナインのほか門脇麦、田中圭、出川哲朗、有...
別窓で開く

痛快ビジネス時代劇『近江商人、走る!』田野優花インタビュー「憧れの時代劇出演」「アイドルしている時よりアイドルです!」
今は昔、近江国(現在の滋賀県)をベースに全国を駆ける商人たちがいた——。大坂、伊勢と並ぶ「日本三大商人」“近江商人”の活躍を描く、痛快ビジネス時代劇『近江商人、走る!』が12月30日より公開となります。本作で、お茶屋の看板娘の「お仙」を演じる田野優花さんにお話を伺いました!劇中の衣装がとっても素敵で...
別窓で開く

新日本プロレスの頂上対決!“50周年を背負う男”オカダ・カズチカ、アントニオ猪木さんの想いも胸に王座奪還へ
1月4日(水)、新日本プロレス『WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム』がついに開催。ダブルメインイベントII(第9試合)では、王者ジェイ・ホワイトと『G1 CLIMAX 32』覇者オカダ・カズチカがIWGP世界ヘビー級選手権で対戦する。2人の遺恨は5.1福岡PayPayドーム大会ま...
別窓で開く

ジャンプ史上ぶっちぎりの悪人!? やりすぎ表現で物議を醸した少年漫画ランキング
ジャンプ史上ぶっちぎりの悪人!? やりすぎ表現で物議を醸した少年漫画ランキング (C)PIXTAどこもかしこも、コンプライアンスの配慮が厳しくなっているエンタメ業界。しかし一昔前の漫画業界では、たとえ少年向けであっても、過激な表現が平気で使われていたようだ。今なら許されないであろう“やりすぎ漫画”の...
別窓で開く


[ アキラ ] の関連キーワード

アントニオ ガンニバル