本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



顔が変わったスバル新型「フォレスター」実はアイサイトなど中身も大幅進化していた
キャンパーやアウトドアズマンたちから人気のSUV、スバル「フォレスター」が、毎年恒例の“年次改良”を受けた。最新モデルのポイントは、なんといってもフロントマスクの刷新。とはいえその中身も、実は驚きの進化を遂げていた。■3度目の改良でD型フォレスターへと進化「フォレスターが進化した」と書けば、「またか...
別窓で開く

2.4リッター版スバル「レヴォーグ」は体感的な加速と速さ、そして乗りやすさが抜群です
2020年10月のフルモデルチェンジで2代目へと進化したスバルのスポーツワゴン「レヴォーグ」のラインナップに、先頃2.4リッターのターボエンジンが加わった。初代に設定された2リッターターボと比べてパワー、トルクともにスペックダウンしているものの、体感的な加速や速さ、そして乗りやすさがハイレベル。...
別窓で開く

スバル「WRX」はココがスゴい!黒フェンダーが新鮮な新型は走りの洗練度がケタ外れ
スバルのスポーツセダン「WRX」がフルモデルチェンジ。新型はなんといっても、SUVを想起させる黒いオーバーフェンダーが目を見張る。しかしコレ、単なる見た目のインパクト狙いではなく、洗練された走りを具現するために欠かせない重要なパーツだったのだ。このように、新型には走行性能を高めるためのこだわりが満載...
別窓で開く

スバル、新型「WRX S4」の日本仕様を発表 価格は404万円から
 スバルは25日、新型「WRX S4」(日本仕様)を発表した。米国ではすでに公開されているが、日本仕様の詳細を発表するのは今回が初めて。用意されたグレードはGT-H、GT-H EX、STI Sport R、STI Sport R EXの4つで、価格は400万4,000円〜477万4,000円(消費税...
別窓で開く

スバル新型「WRX S4」にクルマ好きザワつく 樹脂フェンダーのアグレッシブセダン
スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNS...
別窓で開く

自動車のコックピット問題。どこまでエレクトロニクス化をするべきか?
2020年にテスラは悲願の50万台の販売(年間)を達成。...
別窓で開く

トヨタ新型「GR86」出た! アイサイト搭載のスバル生産車 兄弟「BRZ」より安い!
BRZより安めで出してきました〜!!スバル生産 アイサイト搭載 でも中身は違うぜ! トヨタは2021年10月28日(木)、FRスポーツカーの新型「GR86」を発売しました。 7月に発売されたスバルの新型「BRZ」と共同開発された兄弟車であり、スバルの工場で生産されます。...
別窓で開く

スバル「WRX」8年ぶりモデルチェンジ 日常使いとスポーツ両立 見た目も絶妙に変化
スバルのスポーツタイプセダンの正統進化形です。2022年米国で発売 スバルは2021年9月10日(金)、スポーツタイプのセダン「WRX」の8年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型を発表しました。 今回発表されたの2022年アメリカで発売予定の現地仕様車で、日本仕様についてはまだ未定です。...
別窓で開く

スバル、新型「レガシィ アウトバック」の日本仕様を初公開 10月に正式発表
 スバルは2日、1995年の発売以来、乗用車とSUVを掛け合わせたクロスオーバーSUVとして根強い人気を誇る「レガシィ アウトバック」の新型(日本仕様)を国内初公開した。今回の発表に伴い、先行予約も開始。正式発表は10月7日を予定している。グレードはオールマイティに価値を磨き上げた「Limited ...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル「アウトバック」はレヴォーグより広くて悪路もイケる
「アウトバック」はスバルのラインナップで最も大きなステーションワゴンであり、実質的に同ブランドのフラッグシップといえる存在だ。そんな重要なモデルが、ついに新型へと生まれ変わる。今回は正式発売に先立ち、一部公開されたオフィシャル写真やスペックなどから、注目の日本車である新型アウトバックの実力を予想する...
別窓で開く


[ アイサイト ] の関連キーワード

フォレスタ レヴォーグ レガシィ スバル brz
トヨタ wrx