本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



22年ぶりのプレーオフへ向けひた走るマリナーズ。この秋は日本メディアの注目が大谷翔平から再びイチローにシフトする?<SLUGGER>
もしも、自分が今も日本に住んでいて、「メジャーリーガー」と聞いて最初に連想する選手は、大谷翔平(エンジェルス)だろうな、と思う。 その理由は、単に大谷選手がテレビや新聞などの主要メディアで報道される機会が多いからで、相対的にダルビッシュ有(パドレス)投手や鈴木誠也(カブス)外野手ら他の日本人メジャー...
別窓で開く

グリフィー親子のキャッチボール、父を亡くした日に解説したスモルツ——「親子の絆」がテーマになった「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」<SLUGGER>
今年も、彼らはやってきた。 現地8月11日、アイオワ州ダイアーズビルで「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」が行われた。同地で撮影されたケビン・コスナー主演の名作映画にちなむ試合は、昨年に続いて2回目。今回はレッズ対カブスの対戦となった。...
別窓で開く

フィールド・オブ・ドリームス・ゲームで鈴木誠也が躍動!“トウモロコシ畑の真ん中で”初回に先制打、3打席連続出塁<SLUGGER>
名作映画の夢舞台で、サムライが躍動した。 現地8月12日、アイオワ州ダイアーズビルでレッズ対カブスの「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」が行われた。カブスの「4番・ライト」で出場した鈴木誠也は、5打席で3打数1安打2四球1打点。チームの4対2での勝利に貢献した。 同名の名作映画の撮影地で行われる...
別窓で開く

MLBにあって日本のプロ野球にはない「トレード期限」の娯楽性。大谷移籍の噂で日本でも“エンタメ化”が進む?<SLUGGER>
メジャーリーグの「トレード期限」は今年も「Entertainment=娯楽」として、球界をとても、とても盛り上げてくれた。 今年の主役はパドレスで、23歳の次世代スター、ホアン・ソト外野手や強打者のジョッシュ・ベル一塁手、さらに今季21本塁打のブランドン・ドゥルーリー内野手という3人の強打者を一気に...
別窓で開く

大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>
大谷翔平選手の活躍を楽しみにしているファンの方々は、彼がエンゼルスからトレードされようがされまいが、大して気にはならないのではないか。野茂英雄のファンが、ドジャースからトレードされた後もずっとファンであり続けたように、イチローのファンが、マリナーズからトレードされた後もずっとファンであり続けたように...
別窓で開く

西武復帰説も浮上した交渉の舞台裏。アメリカに引き留めた“夢物語”への微かな期待【秋山翔吾“最後の挑戦”:後編】<SLUGGER>
4月最後の1週間、パイレーツの筒香嘉智選手を取材するため、ピッツバーグを訪れていた時のことだ。 日本から「西武の渡辺久信ゼネラル・マネジャー(GM)が、秋山奨吾と交渉していることを示唆した」との情報が飛び込んできた。正直な感想は「まあ、そうなるんだろうな」で、驚きはまったくなかった。...
別窓で開く

「野球やってるなぁって感じが凄く楽しい」メキシコに近い田舎町で再起を期す安打製造機【秋山翔吾“最後の挑戦”:前編】<SLUGGER>
灼けつくような暑さを、乾いた空気が和らげていた——。 摂氏35度前後の高温なのに、汗がほとんど出なかった。テキサス州最西端の町エルパソ。メキシコ国境までほんの数ブロックというダウンタウンの片隅に、サンディエゴ・パドレス傘下のAAA級エルパソ・チワワズの本拠地サウスウェスト・ユニバーシティ・パークはあ...
別窓で開く

大谷のフェンウェイでの活躍からつながった「MLBの救世主」ベーブ・ルースとの奇妙な歴史の偶然<SLUGGER>
2022年5月5日(現地)木曜日、エンジェルスの大谷翔平は、現存するメジャーリーグ最古(1912年開場)の球場フェンウェイ・パークでのレッドソックス戦に「投手/3番・DH」として出場した。 この日、「投手・大谷」は11三振を奪いながら7回6安打無失点で今季3勝目を挙げ、そして「打者」としても4打数2...
別窓で開く

1年目から主力としてシビアに評価される日本人野手たち。「メジャー挑戦」ではなく「メジャー移籍」と呼ぶべきでは<SLUGGER>
イチローが2001年のルーキー・イヤーにア・リーグ新人王とMVPをW受賞して以来、メジャーリーグにやって来た日本人野手たちは、米国のメディアやファンから常に期待されてきた。...
別窓で開く

二刀流・大谷の衝撃的な活躍、球界を激震させた不正投球問題——2021年MLB5大ニュース!<SLUGGER>
●1位大谷翔平が二刀流で大活躍日本人2人目のMVPを受賞 今季の大谷翔平の活躍は、競技の枠を飛び越え、日本人アスリートが成し遂げた史上最高のパフォーマンスだったと言えるのではないか。DHを解除しての“リアル二刀流”に始まり、オールスターではホームラン・ダービー出場に加えて本戦...
別窓で開く


[ アイオワ slugger ] の関連キーワード

slugger マリナーズ メキシコ アメリカ イチロ
mlb ルース