本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



彼らはまだ折れてはいない——「異国のプロ野球への適応」に取り組む鈴木誠也と筒香嘉智の「リアルな今」<SLUGGER>
マサチューセッツ州ウースターに建てられたポーラー・パークは、レッドソックス傘下3Aウースター・レッドソックスの本拠地として、2021年に開場した収容人員1万人足らずの小綺麗な球場だ。親チーム=レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークとは正反対に、レフトに比べてライトまでの距離が近いため、右翼側に濃...
別窓で開く

「6人部屋のドミトリーが1泊102ドル!?」「前は39ドルだったのに…」アメリカ取材旅行で痛感した“宿泊費の高騰ぶり”
〈写真多数〉ビール1杯2000円、卵サンド1500円…アメリカ旅行中のミュージシャンが直面した「物価狂乱」のリアル から続く 今年8月、メジャーリーグ取材のためにアメリカを訪れたミュージシャンでMLB実況・解説者のオカモト“MOBY”タクヤさん。3年ぶりのアメリカで見たものは、1杯15ドルのビー...
別窓で開く

血だらけの人間の腕? 超大型犬がくわえたものに近隣住民驚くも、その正体に大笑い(米)
超大型犬として知られるマスティフがこのほど、血の滴る人間の腕のようなものをくわえながら庭を駆け回っている姿が目撃された。大型犬による被害は時折ニュースになることもあり、目撃した近隣住民は「誰かが犠牲になってしまった」と思わず息を呑んだが、実はハロウィン用の飾りで遊んでいただけだったと判明し胸を撫でお...
別窓で開く

約30年ぶりのドック入り 明治生まれの戦艦「テキサス」50億円弱かけて大規模修繕へ
曳船に引かれて約9時間航海しました。100年以上前に竣工した激レア戦艦 アメリカ合衆国国定歴史建造物(NHL)の指定も受ける記念艦「テキサス」が2022年9月1日、大規模修復のために約40年ぶりにドック入りしました。「テキサス」は、いまから100年以上前の1912(明治45)年5月18日に進水、それ...
別窓で開く

22年ぶりのプレーオフへ向けひた走るマリナーズ。この秋は日本メディアの注目が大谷翔平から再びイチローにシフトする?<SLUGGER>
もしも、自分が今も日本に住んでいて、「メジャーリーガー」と聞いて最初に連想する選手は、大谷翔平(エンジェルス)だろうな、と思う。 その理由は、単に大谷選手がテレビや新聞などの主要メディアで報道される機会が多いからで、相対的にダルビッシュ有(パドレス)投手や鈴木誠也(カブス)外野手ら他の日本人メジャー...
別窓で開く

グリフィー親子のキャッチボール、父を亡くした日に解説したスモルツ——「親子の絆」がテーマになった「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」<SLUGGER>
今年も、彼らはやってきた。 現地8月11日、アイオワ州ダイアーズビルで「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」が行われた。同地で撮影されたケビン・コスナー主演の名作映画にちなむ試合は、昨年に続いて2回目。今回はレッズ対カブスの対戦となった。...
別窓で開く

“夢の球場”でとらえられた鈴木誠也の一枚にMLB公式が注目! 米メディアからも「カッコいい写真だ」と熱い視線
夢の球場で撮影された“日本人ルーキーの一枚”が話題だ。【画像】「夢の球場」でプレーする鈴木。MLB公式が掲載した“カッコいい一枚”をチェック 現地時間8月11日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、アイオワ州ダイアーズビルで行なわれたシンシナティ・レッズとの「...
別窓で開く

フィールド・オブ・ドリームス・ゲームで鈴木誠也が躍動!“トウモロコシ畑の真ん中で”初回に先制打、3打席連続出塁<SLUGGER>
名作映画の夢舞台で、サムライが躍動した。 現地8月12日、アイオワ州ダイアーズビルでレッズ対カブスの「フィールド・オブ・ドリームス・ゲーム」が行われた。カブスの「4番・ライト」で出場した鈴木誠也は、5打席で3打数1安打2四球1打点。チームの4対2での勝利に貢献した。 同名の名作映画の撮影地で行われる...
別窓で開く

MLBにあって日本のプロ野球にはない「トレード期限」の娯楽性。大谷移籍の噂で日本でも“エンタメ化”が進む?<SLUGGER>
メジャーリーグの「トレード期限」は今年も「Entertainment=娯楽」として、球界をとても、とても盛り上げてくれた。 今年の主役はパドレスで、23歳の次世代スター、ホアン・ソト外野手や強打者のジョッシュ・ベル一塁手、さらに今季21本塁打のブランドン・ドゥルーリー内野手という3人の強打者を一気に...
別窓で開く

大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>
大谷翔平選手の活躍を楽しみにしているファンの方々は、彼がエンゼルスからトレードされようがされまいが、大して気にはならないのではないか。野茂英雄のファンが、ドジャースからトレードされた後もずっとファンであり続けたように、イチローのファンが、マリナーズからトレードされた後もずっとファンであり続けたように...
別窓で開く


[ アイオワ ] の関連キーワード

slugger マリナーズ テキサス アメリカ イチロ