本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

息苦しい社会にカザアナを開ける! 森絵都の痛快ファンタジーが文庫化
 『カラフル』『みかづき』などで人気の森絵都さんによる、異色のファンタジーエンターテインメント『カザアナ』(朝日新聞出版)が、2022年5月6日に文庫化した。 物語の舞台は、東京五輪から約20年後の日本。観光業が国の産業の中心となり、日本らしい=「ジャポい」景観が推奨され、センサーで国民が監視されて...
別窓で開く

仏名門戦力外の理由は“放屁”。ブラジル人DFの衝撃退団理由に、元J戦士リネカーも反応「私のようにもらせば永久追放だ」
日夜さまざまなニュースが飛び交うサッカー界でも、驚きを呼ぶ一報が舞い込んだ。 現地時間5月10日、米スポーツ専門局『ESPN』のブラジル版をはじめとする複数の海外メディアは、今年1月にリーグ・アンの名門リヨンから放出されていた元ブラジル代表DFのマルセロの退団理由が、「オナラであった」と一斉に報じた...
別窓で開く

「カンフーキック」や「不調で25ゴール」…英メディアが選ぶ歴代最高のPFA年間最優秀選手は!?
今シーズンのプレミアリーグも佳境を迎え、マンチェスター・Cとリヴァプールによる熾烈な優勝争いに注目が集まるが、この時期は個人賞の発表も楽しみだ。 イングランドには権威ある個人賞が2つ存在する。1つはフットボール記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞だ。こちらは1947−48シーズンから続く伝統ある...
別窓で開く

11年ぶりのFAユース杯制覇を目指すマンU! 前回優勝メンバーたちの現在地
11日に『オールド・トラッフォード』で開催されるFAユースカップ決勝では、マンチェスター・Uとノッティンガム・フォレストのU−18チームが対戦する。 ノッティンガム・フォレストが1952年に始まった同大会で決勝に進出するのはこれが初めて。一方のマンチェスター・Uは、史上最多となる10度の大会制覇を誇...
別窓で開く

ウッズ、ミケルソンが全米プロ出場へ 日本勢は松山英樹ら7人がリスト入り
今季のメジャー第2戦「全米プロ選手権」を主催するPGA・オブ・アメリカ(全米プロゴルフ協会)は9日、5月19日にオクラホマ州タルサ・サザンヒルズCCで開幕する同大会の出場者リストを発表した。ここにタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン(ともに米国)も名を連ねた。昨年2月に自動車事故で右脚に大けがを負っ...
別窓で開く

逆転Vのマックス・ホーマが6位浮上 松山英樹は5位キープ【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」を終えて、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。今大会でシーズン初優勝を遂げたマックス・ホーマ(米国)が500ポイント(pt)を獲得。前週の20位から6位(1342pt)へと一気に順位を上げた。トップ5は変わらず、今季4勝...
別窓で開く

20歳の山下美夢有が完全優勝で涙のメジャー初制覇 小平智、川村昌弘は苦戦【先週の主要ツアー振り返り】
日本では若い力が、茨城県で初のメジャータイトルを手にした。母の日の“ビッグプレゼント”に、ラウンド後には両親への感謝を伝え、涙を流した。海外では日本勢が苦戦する1週間になってしまった。■国内女子「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」(5月5〜8日、茨城県・茨城ゴルフ倶楽部 西コース...
別窓で開く

M・ホーマが初のトップ30入り T・オルセンが203ランクアップ、松山英樹は13位で変わらず【男子世界ランキング】
5月8日付の世界ランキングが発表された。米国男子ツアーの「ウェルズ・ファーゴ選手権」でツアー4勝目を挙げたマックス・ホーマ(米国)が38位から29位に浮上。自己最高位を記録している。欧州男子ツアーで4年ぶりの優勝を遂げたトービヨン・オルセン(デンマーク)が376位から173位まで上昇。203ランクア...
別窓で開く