本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



役所広司&吉沢亮が初共演、成島出監督作『ファミリア』公開決定 松重豊、MIYAVI、佐藤浩市ら出演
俳優の役所広司が主演する映画『ファミリア』が、2023年1月6日より全国公開されることが決定。併せて、吉沢亮、松重豊、MIYAVI、佐藤浩市ら出演キャストが解禁となった。 本作は、山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に...
別窓で開く

ウクライナ侵攻後初の開催「戦車バイアスロン2022」ロシアで始まる 中国やシリアも
欧州、アジア、アフリカ、南米などから20か国以上が参加。モスクワ近郊で各国が火花散らす戦車の国際競技会 ロシアの首都モスクワ郊外にあるアラビノ演習場で2022年8月13日、戦車を使った国際的な軍事競技会「タンクバイアスロン(戦車バイアスロン)2022」が始まりました。 これは毎年行われているもので、...
別窓で開く

バロンドールの候補者30名が発表! 最多受賞のメッシが2005年以来の選外
フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12日、2022年のバロンドール候補選手30名を発表した。 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催するバロンドールは、1956年に創設された。全世界の記者投票によって“世界一”の選手が決められ、2021年はパリ・サンジェルマン(P...
別窓で開く

モロッコ代表、ハリル監督の“更迭”を決断か…決定すれば自身3度目となるW杯直前の解任に
モロッコ代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、2022FIFAワールドカップカタールを前に指揮官の座を降りる可能性が高まっている。フランスメディア『レキップ』が10日に報じた。 ハリルホジッチ監督は2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任。...
別窓で開く

マンCでの初ゴールを記録も…J・アルバレスは改善の必要性を強調「結果を出すためには…」
マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスが、コミュニティ・シールドのリヴァプール戦を振り返った。30日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 マンチェスター・Cは30日に行われたコミュニティ・シールドでリヴァプールと対戦。...
別窓で開く

アフリカの石油・ガス、救世主になるか?
●アフリカへの期待 ウクライナ危機以降、ロシアからの代替エネルギーが課題となっているが、アフリカが救世主となるかもしれない。【こちらも】天然ガス高騰がグリーン認定に与える影響 ロイター通信の試算によると、エネルギー企業がアフリカ大陸で検討中のプロジェクトは、総額1,000億ドルと報じている。...
別窓で開く

マフレズ、マンCとの契約を2025年夏まで延長!「このクラブで自分の役割を果たしたい」
マンチェスター・Cは15日、同クラブに所属しているアルジェリア代表FWリヤド・マフレズとの契約を2025年夏まで延長したことを発表した。 プレミアリーグでの実績豊富なウインガーが、マンチェスター・Cとの新契約にサインした。マフレズとマンチェスター・Cの契約は2023年夏で満了を迎える予定となっており...
別窓で開く

カタールW杯出場のイランがまさかの監督交代へ!18戦15勝のクロアチア人指揮官をなぜ解任?
 イランの国営通信社『IRNA』は11日、イラン代表のドラガン・スコチッチ監督が解任されると発表した。2020年2月にマルク・ヴィルモッツ監督の跡を継いだそのクロアチア人指揮官は、初陣のウズベキスタン戦から無傷の10連勝を達成。カタール・ワールドカップ予選の突破に導くなど、18試合で15勝1分け2敗...
別窓で開く

「世界に恥をさらした」中国のファンが嘆き! FIFPROが警告した「移籍しないほうがいい7か国」の“ブラックリスト”入りに衝撃
 中国国内で衝撃が広がっているようだ。 FIFPRO(国際プロサッカー選手会)は7月6日、「移籍市場における警告」と題し、次のような声明を発表した。「広範囲にわたる契約違反のため、 FIFPROは、プロサッカー選手に、アルジェリア、中国、ギリシャ(2部)、リビア、ルーマニア、サウジアラビア、トルコの...
別窓で開く

ウクライナは手も足も出ず? ロシア潜水艦が睨みを利かす黒海 穀物輸出の打開策が見出せないワケ
ウクライナ関係ではほとんど報道されないロシア黒海艦隊の潜水艦。実は、ウクライナ沿岸の対地攻撃と海上封鎖の主役を担っている可能性があります。ウクライナが手も足もでない海中に潜む「鉄鯨」について探ります。ロシア黒海艦隊の切り札的存在、潜水艦部隊 2022年2月下旬のロシア侵攻以来、ウクライナ軍は対艦巡航...
別窓で開く