本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



女子米代表ラピノー、メッシとC・ロナウドを批判「多くのことができたはず」
 アメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーが、30日のフランス紙『レキップ』でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)らに言及した。 現在35歳のラピノーは、2019年の女子バロンドールやFIFA最優秀選手賞を受賞するなどピッチ上...
別窓で開く

「イングランド相手に、次は右手で」還暦目前のマラドーナが強烈ジョーク!メッシ&C・ロナウドについては…
 スーパーレジェンド、ディエゴ・マラドーナが放った、軽快なジョークが話題になっている。英紙『Daily mail』が伝えた。 アルゼンチン代表のエースとして活躍し、華々しいキャリアを築き上げたマラドーナ。引退後はアルゼンチン代表の指揮も取り、現在は母国のクラブの監督を務めている。...
別窓で開く

UEFAが男子年間最優秀選手賞候補を発表…最優秀監督賞はドイツ人指揮官が独占
 欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、2019−20シーズンの男子年間最優秀選手賞の最終候補者を発表した。 この賞は、ヨーロッパでプレーする選手が国籍に関係なく、シーズンを通しての成績が評価される。候補リストは、2019−20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)及びヨーロッパリーグ(EL)のグル...
別窓で開く

ベッカムやベロンなど中盤に名手が揃う「1975年生まれ」でベスト11を組むと?
 生年ごとにベスト11を選んで「最強世代」を見つけ出すのが、『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「年代別ベスト11」だ。第24回目は「1975年生まれ」を紹介する。 だれもが認める超ワールドクラスはもとより、バロンドール受賞者やW杯優勝経験者も不在。小粒な印象は否めず、「最強世代」には程...
別窓で開く

「メイド・イン・カタールに不可能はない」——仏紙番記者に訊いたパリSGのメッシ獲得の可能性【現地発】
 現地時間8月25日にバルセロナのリオネル・メッシが書面で一方的にクラブに退団の意思を伝えたというニュースが世界中に拡散された後、パリ・サンジェルマンは、アルゼンチンの巨星を獲得できるヨーロッパでも数少ないクラブの一つと考えられている。 しかし、実際のところ、フランスの絶対王者の補強リストに「レオ・...
別窓で開く

「こんな姿見たことない」「壊滅的な状況に…」メッシが呆然とする“失意のロッカールーム映像”が反響拡大
 バルセロナの不動のエースは、ショッキングな試合内容を受け止めきれなかったのかもしれない。 現地時間8月14日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ準々決勝で、バルセロナはバイエルンに2-8という衝撃的なスコアで敗北。実に12シーズンぶりの無冠が決定した。 クラブ史上初の8失点という結果が表わす通り、バ...
別窓で開く

「神だ」「魔法のようだ」「1000ゴールまで続けて」メッシのCLゴラッソ集に反響!
バルセロナの天才リオネル・メッシが、現地時間6月30日のアトレティコ・マドリー戦でプロキャリア通算700ゴールを達成。50分のPKで見事なパネンカを沈めた。 ゴールの内訳は、バルセロナで630得点(724試合)、アルゼンチン代表で70得点(138試合)だ。...
別窓で開く

ピルロやオーウェンなど粒揃い!「1979年生まれ」でベスト11を組むと?
 生年ごとにベスト11を選んで「最強世代」を見つけ出すのが、『ワールドサッカーダイジェスト』誌で好評連載中の「年代別ベスト11」だ。第20回目は「1979年生まれ」を紹介する。 この世代のいわば顔と呼べるのがレジスタのピルロだ。視野の広さ、キープ力、展開力、プレースキックのクオリティーまで、そのすべ...
別窓で開く

「無難なプレーしか見せていない」放出要員に挙がるバルサMFに残された時間は少ない【現地発】
 バルセロナでこの中断期間中にメディアを賑わせた選手のひとりがアルトゥールだ。むしろ平常時よりも話題に上る機会が増えていた感すらあり、当然ながらこれはプレイヤーにとっては歓迎すべきことではない。 実際、シャビの後継者という触れ込みで約2年前に加入して以来、期待されたインパクトを放つことはできていない...
別窓で開く


[ アルゼンチン バロンドール ] の関連キーワード

イングランド マラドーナ バッジョ ロナウド カタール
uefa ドイツ