本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【インタビュー】鄭大世が語るアジアカップ…細谷真大のブレイクに期待「昔の自分を見ているみたいで応援したくなる」
いよいよ1月13日にAFCアジアカップが開幕する。川崎フロンターレや清水エスパルスなどで活躍した鄭大世は、朝鮮民主主義人民共和国代表(以下、北朝鮮代表)として2011年大会に出場。「ワールドカップ本大会やワールドカップ予選とも違う独特の雰囲気があって、改めてアジアで勝つことは簡単ではないと痛感した」...
別窓で開く

サッカーアジア杯メンバーの総市場価値、日本が3.17億ユーロで首位—中国メディア
中国スポーツメディアの直播?は、1月12日から2月10日までカタールで開催されるサッカーのアジアナンバーワンナショナルチームを決めるAFCアジアカップに出場する各チームのメンバー26人の総市場価値ランキングについて、トップは日本の3億1700万ユーロ(約500億円)で、中国は1133万ユーロ(約17...
別窓で開く

パレスチナ情勢 仲介役として注目される「カタール」の存在
経済アナリストのジョセフ・クラフトが10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。パレスチナ情勢について解説した。パレスチナ自治区ガザ市で、イスラエルの空爆後に立ち上る煙。...
別窓で開く

中東の安定が日本の国益につながる 林外相がサウジと初の「戦略対話」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が9月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。林外相の中東歴訪について解説した。日・サウジアラビア外相会談=2022年7月19日 AFP=時事 写真提供:時事通信米軍のアフガニスタン撤退から2年、外交ポジションを変える中東諸国 〜そのなかでサ...
別窓で開く

ウクライナ情勢で再び重要な存在となった「中東諸国」 岸田総理が中東歴訪終え帰国へ
ジャーナリストの佐々木俊尚が7月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の中東歴訪について解説した。...
別窓で開く

国際社会の対立構造のなか、日本が湾岸諸国への関与を深めることの「意義」
慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一が7月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理とUAE・ムハンマド大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

米軍のアフガニスタン撤退以降「揺れる中東」 この時期の岸田総理の訪問は重要な意味を持つ
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が7月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の中東訪問について解説した。...
別窓で開く

今後の日本外交に重要な意味を持つ「岸田総理の中東歴訪」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理のNATO首脳会議への出席とその後の中東歴訪の重要性について解説した。...
別窓で開く

避妊禁止、義務教育短縮、無試験で名門大合格 中国版「異次元」少子化アイデア
 東アジア各国で少子化対策の議論が沸騰している。2023年3月、韓国の2022年の合計特殊出生率(暫定値)が過去最低の0.78を記録して大きな話題を呼び、日本では1月に岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」を打ち出した。そして、同じく少子化に悩む中国でも、少子化対策のためにかなり「異次元」な提案がなさ...
別窓で開く

サウジアラビア、香港のペアが1回戦を突破 男女単で各国のホープが初戦へ<世界卓球2023アジア大陸予選>
<2023年世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸予選会 日程:1月7日〜13日 場所:カタール・ドーハ>7日、2023年の世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸選考会は初日を迎え、ダブルス種目の初戦が行われた。日本から張本智和(IMG)、早田ひな(日本生命)ら11名が選考会に出場している。...
別窓で開く


[ アラブ イラン カタール ] の関連キーワード

サウジアラビア アフガニスタン パレスチナ ウクライナ カタール
アジア