本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本が「パレスチナを置き去りにしていない」というメッセージを出すことは重要 上川外務大臣が「パレスチナ支援」表明
慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一が2月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。上川外務大臣がG20外相会合で表明したパレスチナ支援について解説した。...
別窓で開く

日本の対イラン外交「“その時”に備えて独自の関係性を築くべき」 政策アナリスト石川和男が指摘
政策アナリストの石川和男がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のエネルギーリテラシー」に、中東やイラン情勢に詳しい日本エネルギー経済研究所中東研究センター主任研究員の佐藤佳奈氏がゲスト出演。2月10日までイランに出張で滞在していた佐藤氏が、首都テヘランの近況や日本とイランの...
別窓で開く

カルロス・ゴーン氏に迫るフランス当局の"包囲網" ヒズボラとイスラエル間で高まる緊張が影響(宮田律)
(カルロス・ゴーン氏(C)ロイター) レバノン政府がカルロス・ゴーン元日産会長(69)を見放すのも時間の問題だろう。昨年10月7日にハマスの奇襲攻撃で始まったパレスチナ・ガザでの戦争は、イスラエルの周辺諸国や地域を刺激するようになり、イスラエルは北の隣国レバノンの親イラン・イスラム組織ヒズボラ(神の...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】もし"トラ&プー"のシン世界が生まれたら...
トラさんとプーさんのシン世界が来年は待っている。待ち遠しいのか、なんなのか......(写真:AFP=時事)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

アメリカ軍と親イラン勢力の「応酬」 その複雑な「背景」
軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が2月7日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。親イラン勢力の反撃とみられるシリア最大の米軍基地へのドローン攻撃について解説した。...
別窓で開く

【超解説】世界経済の急所、紅海を牛耳る「フーシ派」とは何者か?
フーシ派の指導者アブドルマリク・フーシほんの数ヵ月前までは国際情勢によほど詳しい人しか知らなかったであろう、アラビア半島南端のイエメンを拠点とする武装組織が、世界中で主要ニュースに取り上げられている。...
別窓で開く

【舛添要一連載】アメリカの覇権揺るがす「拡大BRICS」 石油戦略が発動された時、国際秩序は一変する
今、新興のBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が世界の注目を集めている。【関連記事】舛添要一氏連載『国際政治の表と裏』、前回の記事を読む ■BRICSとは第二次世界大戦後に、米ソ冷戦という東西対立の枠組みと共に、豊かな先進国(北)と貧しい発展途上国(南)の対立という南北...
別窓で開く

日本人に理解できない「トルコのジレンマ」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イラン・ライシ大統領とトルコ・エルドアン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

米ブリンケン国務長官が何度も中東を訪れる「深刻な事情」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米ブリンケン国務長官とパレスチナ自治政府・アッバス議長の会談について解説した。ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラで会談するブリンケン米国務長官(左)と自治政府のアッバス議長。...
別窓で開く

アメリカダンス界の新星、ダニエル・アガミ率いるAte9ダンスカンパニー初来日決定
アメリカダンス界の新星として米国内外で注目を集めるAte9ダンスカンパニーが、2024年3月に初来日することが決定した。Ate9ダンスカンパニーは、バットシェバ舞踊団でリハーサルディレクターやGAGAメソッドのシニアマネージャーとして活躍した振付家ダニエル・アガミが、2012年にアメリカで設立。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>