本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



深刻な世界の干ばつ被害 〜上半期で1.8兆円
地政学・戦略学者の奥山真司が9月6日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。異常気象による世界の干ばつ被害について解説した。中国最大の淡水湖、?陽湖の干潟に「大地の樹」が出現 江西省(南昌=新華社記者/万象)= 配信日:2022(令和4)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信...
別窓で開く

ロシア・プーチン大統領とトルコ・エルドアン大統領の会談の「最大の案件」
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が8月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の会談について解説した。...
別窓で開く

孤立したロシア軍を狙い撃つ! ウクライナ軍の「ハイマース」戦略を徹底解説!!
ウクライナ南部で、ウクライナ軍とロシア軍の激戦が続いている。現在のリアルな状況を元・陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補に解説してもらった。「今回の戦争でドローン無人機が戦場での戦い方を激変させました。いまウクライナで両軍がやっているのは、最新の対空ミサイル網で戦闘機が上空を飛行するこ...
別窓で開く

岸田総理「最大9基の原発稼働」に対して「反応の悪くない」日本国民
東京大学先端科学技術研究センター特任講師の井形彬が7月28日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。チェニジアで行われるTICADの出席に合わせて調整に入った岸田総理のサウジアラビア訪問について解説した。...
別窓で開く

ウクライナからの小麦が入らず、第三世界の国々で「政情不安」が起こる可能性も
地政学・戦略学者の奥山真司が7月26日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ南部・オデッサ港へのミサイル攻撃について解説した。※画像はイメージですロシアがウクライナのオデッサ港への攻撃を正当化ロシア国防省は、ウクライナ産穀物の輸出拠点となるウクライナ南部の...
別窓で開く

バイデン大統領のサウジ訪問は「こじれた米サウジ関係修復」の第一歩でしかない
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が7月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米バイデン大統領の中東歴訪について解説した。共同宣言に署名するバイデン米大統領(左)とイスラエルのラピド首相(イスラエル・エルサレム) AFP=時事 写真提供:時事通信米バイデン大統領が中東を歴...
別窓で開く

日米財務相会談で「円安」を日本から持ち出すのはおかしい「これだけの理由」
数量政策学者の高橋洋一が7月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。7月12日に行われた日米財務相会談について解説した。会談に臨む鈴木俊一財務相(左)とイエレン米財務長官=2022年7月12日午後、東京・霞が関の財務省 写真提供:産経新聞社日米財務相会談が開催、円安など協議鈴...
別窓で開く

23歳のリバキナが格上のジャバーを破りウインブルドン女王に! カザフスタン選手として初の四大大会制覇<SMASH>
大詰めを迎えているテニスの四大大会「ウインブルドン」は現地7月9日に女子シングルス決勝が行なわれ、第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/世界ランキング2位)と第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同23位)が対戦。リバキナが3−6、6−2、6−2で勝利し、23歳で初のグランドスラムタイト...
別窓で開く

中国リーグも“ブラックリスト”に…国際プロサッカー選手協会が「移籍を勧めない7か国のリーグ」を発表。各国メディアは反論、嘆き——
国際プロサッカー選手協会(FIFPro)は、「組織的かつ広範囲な契約違反」があるため、移籍しないことが最善である国(リーグ)のリストを公開。そこでは、ルーマニア、トルコ、ギリシャの欧州各国の他、アルジェリア、リビア、サウジアラビアのアラブ圏、そしてアジアでは中国の名前が挙げられている。...
別窓で開く

OPECプラス...原油増産に動くも、その規模は限定的 気になる「原油価格」への影響はどうなるか?
ロシアのウクライナ侵攻に伴い原油価格が高騰する中、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が原油増産に動いた。2022年6月2日の会合で、増産ペースを従来の計画より拡大することで合意した。追加増産を強く迫る米国の要請に応じたかたちだ。...
別窓で開く


[ アラブ ロシア ] の関連キーワード

カザフスタン ウクライナ smash opec マース
トルコ サウジ ロシア