本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<カタールW杯>韓国教授、FIFAの“旭日旗応援”制止を評価「とても意味深い」
韓国ソンシン(誠信)女子大学ソ・ギョンドク(徐坰徳)教授が「FIFAワールドカップカタール大会」での日本サポーターによる“旭日旗応援”をFIFAがすぐに制止したことに関連し、「とても適切な措置だった」と述べた。...
別窓で開く

W杯開催国カタールの光と影… 人権や環境問題などで批判される背景に「文明の衝突」
Sirabeeでは、風雲急を告げる国際政治や紛争などのリアルや展望について、舛添要一(ますぞえよういち)さんが解説する連載コラム【国際政治の表と裏】を公開しています。今週は、いま世界中の注目を集めるワールドカップの舞台「カタール」がテーマです。■酷暑のカタールで開催11月20日からカタールでサッカー...
別窓で開く

巨大空母やイージス艦はもうオワコン!?  小型無人艇・USVが巻き起こす"海戦パラダイムシフト"とは?
港近くに漂着したウクライナ軍使用の自爆無人艇。艇上部にカメラが見える(ロシアのwebサイトより)去る10月29日にロシアの国防省は、クリミア半島にある軍港・セバストポリにて、ロシア海軍黒海艦隊などを含めた数隻がウクライナ軍の無人機の攻撃を受けたと発表した。...
別窓で開く

中東が初めて舞台となったサッカーワールドカップ(W杯)がペルシャ湾岸の小国カタールで11月20日開幕した。23日夜には日本の初戦も控えており、日本でも一気に関心が高まると思われる。が、きらびやかな会場での盛り上がりの一方、大会の費用や出稼ぎ労働者などをめぐって欧米から批判も出ている。今回の大会は「最...
別窓で開く

「冗談だろ?」W杯スタジアムの“杜撰すぎる飲食事情”に苛立ち!店員と驚愕のやり取りを繰り返す…
 正直、落胆したし、多少の苛立ちも感じた。アル・バイト・スタジアムで開催された11月20日のカタールW杯開会式&開幕戦における飲食事情にだ。  まず、取材者用のメディアカフェが長蛇の列。過去に取材した2016年EUROフランス大会や2018年W杯ロシア大会は、大量のメディア関係者をスムーズ...
別窓で開く

日本サッカー協会、ウズベキスタンサッカー協会との協定を更新…17年11月の締結以来、各分野で協力推進
日本サッカー協会(JFA)は21日、ウズベキスタンサッカー協会(UFA)とのパートナーシップ協定を更新したことを公式サイトで発表した。 JFAの公式サイトによる発表は、以下のとおり。「日本サッカー協会は11月20日(日)、ウズベキスタンサッカー協会(UFA)とのパートナーシップ協定を更新しました。...
別窓で開く

—[言論ストロングスタイル]— ◆アメリカで大統領は行政府の長にすぎずない 火事は最初の5分間、選挙は最後の5分間。アメリカでも、この格言が通じたようだ。アメリカ中間選挙のことだ。 アメリカでは、4年に1度、大統領選挙が行われる。ただし、大統領は行政府の長にすぎず、日本やイギリスの首相のように、自分...
別窓で開く

「チグハグしている印象を受ける」ブラジルメディアの日本通記者がカナダ戦の森保Jを辛口評価!「2018年ベルギー戦以来の、屈辱的な逆転劇」
 現地時間11月17日、アラブ首長国連邦(UAE)のアルマクトゥーム・スタジアムで日本代表とカナダ代表の親善試合が行なわれ、日本は1−2の逆転負けを喫した。 ブラジル・メディア『globo』の日本通、チアゴ・ボンテンポ記者もこの試合を見守っていたようだ。「日本代表は4年ぶりの逆転負けを喫した。...
別窓で開く

遠藤航、脳震とうからの復帰焦らずカナダ戦も欠場 W杯初戦ドイツ戦へは「本当に楽しみ」
日本代表は15日、FIFAワールドカップカタールに向けて、ドーハで練習を行った。 体調不良で合流が遅れる三笘薫(ブライトン)を除く25名が練習場に姿を見せたが、左ふくらはぎに違和感があるという守田英正(スポルティング)と、脳震とうからの復帰プロトコルにある遠藤航(シュトゥットガルト)は冒頭から別メニ...
別窓で開く

「“カタール”W杯は間違い」発言のブラッター氏がプラティニ氏、仏大統領、現FIFA会長らを痛烈批判…
カタール・ワールドカップは現地時間11月20日に、開催国カタールとエクアドルの一戦で1か月にわたる戦いの幕を開けることになるが、大会を目前にして前FIFA(国際サッカー連盟)会長のゼップ・ブラッター氏が、8日付のスイス日刊紙『Tages-Anzeiger』に「カタールでのW杯は間違いだ。選択が悪かっ...
別窓で開く