本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コップからペットボトルまでしっかりホールド!オートバックスおすすめのドリンクホルダー5選
外出や他人との交流が制限されてきた中で、「ドライブって楽しい!」とカーライフの歓びを再認識した人も多いのではないでしょうか。そして、自分の分身ともいえる愛車をより快適にするためにカーグッズを取り入れたり、検討したりする人も多いことでしょう。とはいえ、数多あるアイテムの中から本当に使えるものを見つける...
別窓で開く

ジェフ・ゴールドブラム、かつて日本のCMに出演「ナンバー1の思い出だ!」
世界興行収入累計5000億円以上を記録している「ジュラシック」シリーズの最新作にして完結編となる映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』がついに公開された。本作では、『ジュラシック・パーク』シリーズで活躍したサム・ニール演じるアラン・グラント博士、ローラ・ダーン演じるエリー・サトラー博士、前作...
別窓で開く

「Manga」が世界のサブカルチャーになって久しいが、ドイツでもすっかり定着している。6月中旬にドイツ中南部のエアランゲン市で開かれたコミックのフェスティバル「インターナショナル・コミックサロン」から、過去25年でマンガどのように定着したのか見てみたい。「ベテラン勢」が目立ったコスプレコミックサロン...
別窓で開く

ブライス・ダラス・ハワードや日本語吹替版の玉木宏も登壇 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見レポート到着
本日、7月29日より日本公開されている『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』。その来日記者会見レポートが届いた。巨匠、スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も見たことがなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク...
別窓で開く

30年にわたった新旧シリーズが、ついに完結『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』【映画コラム】
『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日公開) マイケル・クライトン原作、スティーブン・スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』(93)から約30年。6作続いた新旧シリーズが、ついに完結を迎えた。 ジュラシック・ワールドがあった、イスラ・ヌブラル島が噴火で壊滅し、救出された恐竜たちが...
別窓で開く

あなたは入ってみますか? “12時間進んで3日若返る”『地下室のヘンな穴』本予告
第72回ベルリン国際映画祭に正式出品され、フランスで大ヒットを記録した鬼才カンタン・デュピュー監督最新作『地下室のヘンな穴』より、本予告と場面写真が解禁された。 本作は、欲望に満ちた大人たちが織りなす世にも奇妙な物語。監督は“フランスのスパイク・ジョーンズ”の異名をとるカンタン・デュピュー。...
別窓で開く

契約を盾にチームに居座る構想外のマドリーFW。フェネルバフチェの好条件オファーにも「NO」
 プロフットボールは所属チームで居場所がなくなれば、出場機会を求めて環境を変えるのが常だった。しかし近年、スペインでは契約を盾にチームに居座る選手が増えていることが指摘されている。 レアル・マドリーではガレス・ベイルが退団した後、その筆頭格にのし上がったのがマリアーノ・ディアスだ。...
別窓で開く

『ジュラシック・ワールド』最終作のキーワードは“共存”。 コリン・トレボロウ監督インタビュー
超大作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』がついに29日(金)から日本で公開になる。本作は、1993年から始まった『ジュラシック・パーク』、そして2015年からスタートした『ジュラシック・ワールド』の世界が合流し、すべての結末が描かれる作品だ。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■金融界にデジタルトランスフォーメーション(DX)の大波「週刊ダイヤモンド」(2022年...
別窓で開く

「香港の投資会社」がハウステンボスを狙う本当の理由
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が7月25日、ニッポン放送「新行市佳のOK!Cozy up!」に出演。香港の投資会社に売却する方針で検討されているハウステンボスについて解説した。...
別窓で開く