本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



誰も知らない「カメ投資」!絶滅危惧種カメを繁殖させた男に話を聞いてみた
どうもライターの丸野裕行です。株、FX、不動産、ヴィンテージROLEXなどなど、世の中には様々な投資ビジネスがありますが、今回テーマにするのは聞いたことも見たこともない「カメ投資」のお話。なんでも、一匹数十万円もする「超稀少種のカメ」の難しい繁殖を成功させて、それを動物取扱業の資格を持つショップに売...
別窓で開く

軍人に対する日米の意識の違いとは? 日本人がもつ平和主義の幻想
世界が対中冷戦という構図に飲み込まれている現在、日本が担うべき国際的な役割は、ますます重要度が増している。日本に蔓延している平和ボケによる弊害と、私たちが直視しなければならない本当の真実を、歯に衣着せぬケント・ギルバート氏が解説。軍隊や軍人に対する日米の意識の違いを指摘し、平和運動家の思考レベルを嘆...
別窓で開く

すべては「平和主義」の誤訳から始まった! 憲法第9条を考える
世界の安定に直結しているのは、約70年も続く日米安全保障条約と日米同盟、つまり日本とアメリカの関係性にかかっている。そんな世界のキープレイヤーとして注目されている日本を覚醒させるべく、歯に衣着せぬケント・ギルバート氏が解説。ここでは、誤訳に基づいた「平和主義」の言葉が独り歩きした理由を明らかにする。...
別窓で開く

アメリカ大統領 専用ヘリも“交代”間近 40年選手「マリーン・ワン」VH-3 更新遅れた理由
2021年、アメリカ合衆国の大統領がバイデン氏に交代し、年末には大統領の執務に大きく関係する大統領専用ヘリコプターについても新旧の交代が予定されています。新型はどのような機体で、何が変わるのでしょうか。新「マリーン・ワン」2021年末より運用開始 2021年1月20日(現地時間)、アメリカ合衆国の首...
別窓で開く

【1周忌特別コラム】アンチすら魅了するコビーという男。因縁の相手とも友人関係を築き、そして生まれた“傑作CM”〈DUNKSHOOT〉
コビー・ブライアントは1996年のレイカーズ入団から現役で20年間プレーし、引退後ヘリコプター墜落事故で亡くなるまで、実業家として約4年間過ごした。トータル24年。古くからのNBAファンは、好き嫌いや密度の差こそあれ、ざっと四半世紀もの間コビーを見続け、その動向を追いかけてきたわけである。僕もその1...
別窓で開く

日本のパスポート「世界一」2年連続 ビザなしで行ける国・地域の数 英コンサル発表
ビザを取るのって意外と大変なんですよね…日本のパスポートが世界最強と認定 イギリスのコンサルティング会社ヘンリー&パートナーズは、この度、世界のパスポートをランキング形式で格付けした「The Henley Passport Index 2021」を発表しました。...
別窓で開く

アメリカ軍で唯一「大統領のもの」という組織は?バイデン大統領就任式でも活躍
 アメリカ軍は「国家の軍隊」であり、大統領が自由にできる所有物ではありません。しかし、アメリカ軍には自らを「大領領のもの」とする組織が、海兵隊内に1つだけ存在します。2021年1月20日のバイデン大統領就任式でも重要な役割を果たした、その組織とは一体何でしょうか。その歴史的経緯を含め、ご紹介します。...
別窓で開く

米大統領就任式の宣誓、オバマ元大統領がやり直した理由
■バイデン氏の大統領就任式が目前に迫る昨年11月の米国大統領選挙から2カ月以上が経ちました。大接戦だったかどうかは判断が分かれますが、バイデン氏が勝利し、トランプ政権は4年で終わることになりました。しかし、トランプ大統領が敗北を最後まで認めなかったことで揉めに揉め、ついにはトランプ大統領の支持者の一...
別窓で開く

新型コロナで「発症する人」と「発症しない人」の違いとは?
新型コロナウイルスの感染が拡大する1都3県に、2度目の緊急事態宣言が発令された。収束の兆しが見えないなかで、私たちは何をすべきなのでしょう。手洗いやマスクはもちろん、外出の自粛などもずっと続けなくてはいけないのでしょうか。いま注目されるのが、人間が本来持つ「免疫力」。...
別窓で開く

日本政府がNASAと月周回ステーション「ゲートウェイ」開発運用の覚書締結
 外務省とNASAは2021年1月13日、アルテミス計画における月周回ステーション「ゲートウェイ」の開発・運用に協力する覚書を締結し、発効したと発表しました。これにより、日本は正式に「ゲートウェイ」建設に参画し、欧州宇宙機関(ESA)が手掛ける国際居住区画I-Habの生命維持装置などの開発を担当しま...
別窓で開く


[ アメリカ合衆国 ] の関連キーワード

dunkshoot アメリカ コビー オバマ