本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



成功すれば2〜3年以内に領土奪還可能 失敗すれば5〜10年膠着状態続く ウクライナ「反転攻勢」の今後
数量政策学者の高橋洋一と防衛研究所・防衛政策研究室長の高橋杉雄が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のウクライナ情勢について解説した。反転攻勢に備えたウクライナ軍の訓練=2023年4月20日 ウクライナ南部ザポロジエ州 写真提供:産経新聞社ウクライナの反転攻勢は...
別窓で開く

ウクライナ攻勢強化するウクライナ…「バフムート近くの高地奪還」
ウクライナ戦争が新たな局面に入ったようだ。戦線のあちこちでウクライナ軍がロシア軍に反撃を加えている。特に先月、ロシア軍が占領した要衝地バフムートでもウクライナ軍が奪還の動きを見せている。5日(現地時間)、ロイター通信などによると、ウクライナ国防部のハンナ・マリアル次官は同日、テレグラムチャンネルを通...
別窓で開く

ロシアで反体制派蜂起の可能性 プーチン大統領、「6月危機」に直面か 「やばいことになるかも。当然だが」辛坊治郎
キャスターの辛坊治郎が6月1日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナへの侵攻を続けるロシアのプーチン大統領が、反体制派の蜂起による「6月危機」に直面していると一部のメディアで報じられていることを巡り、「ロシアが、やばいことになるかもしれない...
別窓で開く

反プーチン、反ワグネルの組織も出てきて混沌とするロシア国内
ジャーナリストの須田慎一郎が5月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

「ワグネル」はロシアにとって「鉄砲玉」のようなもの 報道されているほど大きな存在ではない 専門家が解説
軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が5月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

「仲間割れ」するロシアが勝つことは難しい ワグネルが戦闘継続示唆しても
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が5月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

「最悪のシナリオはロシアによるアメリカ開戦宣言だ」 プーチンとワグネル創始者 関係悪化の「行く末」を中村逸郎氏が解説
ロシア情勢に詳しい筑波大学名誉教授、中村逸郎氏が5月8日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ロシア・プーチン大統領とワグネル創始者プリゴジン氏の関係悪化を巡り、「最悪のシナリオはロシアによるアメリカ開戦宣言だ」と解説した。...
別窓で開く

クレムリンへのドローン攻撃 「仕掛けたのはワグネルだ」中村逸郎氏が私見を解説
ロシア情勢に詳しい筑波大学名誉教授、中村逸郎氏が5月8日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ロシアの大統領府クレムリンに対して行われたドローン(無人機)攻撃について、「仕掛けたのは(ロシアの民間軍事会社)ワグネルだ」と私見を解説した。...
別窓で開く

玉川徹 ウクライナ侵攻を「何としても一回、止める」「世界中の努力と知恵で」
ロシアが一方的に併合したクリミアの石油施設に火柱があがった。ロシアの民間軍事会社ワグネルは「弾薬供給なければ戦場を離れる」。ゼレンスキー大統領が大規模反撃の構えを見せ「戦争は何十年も続く可能性」と言及するなか、1日(2023年5月)の「モーニングショー」では、玉川徹が、「何としても止める。世界中の努...
別窓で開く

北朝鮮、ロシアの傭兵組織に今月末から「砲弾1万発を供給」
「北朝鮮はロシアの民間傭兵組織“ワグネル・グループ”に、砲弾を支援することにした」と東京新聞が報道した。北朝鮮は昨年11月にも一度ワグネル・グループに武器を提供しており、今回は2度目である。東京新聞は29日、北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋の話を引用し「北朝鮮は来月初めまで、ロシアに鉄道を通じて砲弾を...
別窓で開く


[ ワグネル ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ クレムリン ワグネル アメリカ 北朝鮮
ロシア