本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プーチンの私兵集団「ワグネル」最高幹部まるごと壊滅?今後どうなる
プリゴジン氏の側近も死亡?イギリス国防省「ワグネルグループに深刻な影響」 イギリス国防省は2023年8月25日(金)、ウクライナ紛争の状況に関する分析を更新。8月23日(水)にロシアの民間軍事会社「ワグネル」のビジネスジェット機がロシア国内で墜落した件について、ワグネル創設者のエフゲニー・プリゴジン...
別窓で開く

「おぐらが斬る!」プリゴジン暗殺? 人気者の反乱指導者は大空に散る
ロシアのウクライナ侵攻から1年半、民間軍事会社ワグネルの反乱からちょうど2カ月、そのワグネルの創設者でトリックスターであったプリゴジンが暗殺された。プリゴジンのプライベートジェットが墜落したのだ。ワグネルの共同創始者のウトキンやワグネルのナンバー3も同乗していたという。もちろん「プリゴジンは生きてい...
別窓で開く

ジェット機墜落でプリゴジン氏死亡 「予想されたことが起きているとも言える」青山繁晴議員が指摘
作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴が8月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プリゴジン氏のジェット機墜落について解説した。ロシア民間軍事会社ワグネルの創設者プリゴジン氏=2023年4月、モスクワ(ロイター=共同)「ワグネル」トップ、プリゴジン氏のジェット機が墜落 〜...
別窓で開く

中露の「緊密な関係」は長くは続かない 沖縄本島・宮古島間を合同パトロールも
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が8月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。沖縄・宮古島間を通過した中露の合同パトロールについて解説した。...
別窓で開く

日露の専門家が唱える「ロシア崩壊」の可能性
地政学・戦略学者の奥山真司が8月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシア崩壊の可能性について解説した。2022年2月7日、モスクワでの記者会見に臨むロシアのプーチン大統領(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社サウジアラビアでウクライナ和平に向けた会議が開催飯田)サウジ...
別窓で開く

ポーランド 領空侵犯をベラルーシが行ったと発表!  ルカシェンコ大統領は「でっち上げだ」と非難
緊張の高まる国境地帯。超低空を最大3機が飛行したとの疑い ポーランド政府は2023年8月1日、ベラルーシの軍用ヘリコプターが領空侵犯を起こしたと発表しました。 場所はポーランドとベラルーシの国境に近いポドラシェ県のビャウォヴィエジャ市付近だったそうです。...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索⑲】政治のプレイヤーとそれ以外
このふたりは国際関係の政治プレーヤーなんだけど......(写真:ロイター=共同)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

米韓、”露朝の武器取引”に関する「独自制裁」の検討に着手
米韓両国は「北朝鮮とロシア間の武器取引疑惑」に対し、独自制裁の検討に乗り出した。これまで関連動向を注視してきた韓国政府が独自制裁の検討に乗り出したのは、露朝間の連帯が実質的な軍事協力へと拡大している状況を厳重に認識したためだとみられる。現在、国連安保理の対北制裁決議により、北朝鮮とのあらゆる武器取引...
別窓で開く

なぜウクライナ軍が“北朝鮮製ロケット弾”を? ロシア軍に攻撃 将軍様の支援はもともとどこへ?
不発弾は多いとか。激戦地バフムトの戦闘中に使用される ウクライナ軍が押収品である北朝鮮製のロケット弾を使用して、ロシア軍を攻撃していたことが2023年7月28日アメリカのファイナンシャルタイムズの報道により明らかになりました。 報道によると、ウクライナ東部の激戦地バフムトで使用されたそうで、ロケット...
別窓で開く

プーチンの私兵集団「ワグネル」ウクライナ隣国に大集結 でも戦車は? ロシア軍が動いたか
今度は何を企んでいる? 「ワグネル」がベラルーシ中部に拠点構築? イギリス国防省は2023年7月30日(日)、ウクライナ紛争の状況に関する分析を更新。2023年7月中旬に入り、エフゲニー・プリゴジン氏が率いるロシアの民間軍事会社「ワグネル」の傭兵部隊が、ベラルーシ中部にある町ツェリの軍事キャンプに拠...
別窓で開く


[ ワグネル ウクライナ ] の関連キーワード

ウクライナ ベラルーシ ポーランド ワグネル 宮古島
北朝鮮 おぐら ロシア