本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



金正恩はロシア軍に学び「韓国とは同族関係ではない」と言い始めた
「北南関係は、これ以上、同族関係、同質関係ではない敵対的な両国関係、戦争中にある両交戦国関係に完全に固着された。」北朝鮮の金正恩総書記は昨年末の朝鮮労働党中央委員会第8期第9回総会拡大会議で、「われわれを『主敵』と宣布して、外部勢力と結託して『政権崩壊』と『吸収統一』の機会だけをうかがう一味を和解と...
別窓で開く

サイバーセキュリティ対策が急務となる近年、ホワイトハッカーを独自に採用する企業も増えている。しかし、その正体はベールに包まれた部分が多い。彼らのスキルや経歴、そして優秀な人材を確保したい企業が理解すべき業界背景とは。その知られざる実態を、ホワイトハッカーの第一人者である杉浦隆幸氏に聞いた。実は、日本...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】ガザ地区、対テロ戦の行方「戦闘停止判断の裏側」
10月7日、ハマスの奇襲攻撃から始まったガザ戦闘で、イスラエルは12月までに一万カ所の空爆を実行した(写真:AFP=時事)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

黄金期の柏レイソルで参考にしていた選手は? アカデミー出身の古賀太陽と松本健太が回答
 柏レイソルのDF古賀太陽とGK松本健太が同クラブのアカデミーで出会った2011年は、柏がJ1制覇を成し遂げたメモリアルシーズンである。【動画】古賀&松本の特別対談(前編) その後、柏は12年度の天皇杯で優勝、13年にリーグカップを制すなど黄金期を築く。当時のクラブを古賀と松本はどう見ていた...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】ガザ地区対テロ戦の構造
イスラエル軍の攻撃を受けたガザ地区南部のハンユニス。複雑なこの状況を収束させるには、長くて半年程度の時間は要すると予想される(写真:ロイター=共同)ウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

民間軍事会社の台頭、サイバー攻撃も…変化する“戦争の形”を堀潤が解説
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する連載「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「ワグネル」です。戦争の形に変化。民間軍事会社の需要が増える世界。ワグネルとはロシアの民間軍事会社(プライベート・ミリタリー・カンパニー)です。...
別窓で開く

中国とロシアのコンセンサスがなければ国連憲章は改正できない 「陣取り合戦」の時代に入った国連
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が9月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理の国連総会出席について解説した。言葉を交わすロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主席(ウズベキスタン・サマルカンド)=2022年9月16日 AFP=時事 写真提供:時事通信岸...
別窓で開く

作家・大佛次郎が書き残した敗戦直後の日本で流れたデマ
8月23日に墜落事故で死亡したワグネルの創業者プリゴジン。プーチン大統領が関与しているという暗殺説や生存説など、さまざまなニュースが流れている。日本政治外交史の専門家である井上寿一氏いわく、こうしたことは第二次世界大戦当時の日本でもあったという。※本記事は、井上寿一:著『戦争と嘘 -満州事変から日本...
別窓で開く

【#佐藤優のシン世界地図探索?】プリゴジン墜落死に関する「情報戦」の構造
かつてはプーチンのコックであり、そして親友、盟友となったプリゴジンも今や冥界へウクライナ戦争勃発から世界の構図は激変し、真新しい『シン世界地図』が日々、作り変えられている。...
別窓で開く

プリゴジン「墜落死」3つの謎とは? プーチンの闇を知る男は"裏切り"から2ヵ月後、やはり消えた——。
戦地から罵詈雑言でロシア軍や国防省を非難するそのキャラクターは人気が高く、出身地のサンクトペテルブルクやワグネルが蜂起したロストフでは追悼スポットが設けられたウクライナ侵攻で存在感を増し、ロシア国民の人気も高かったワグネルのドンが、はるか上空で謎の死を遂げた。...
別窓で開く


[ ワグネル ] の関連キーワード

柏レイソル ロシア

<前へ123456789次へ>